マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能各種投稿が可能になります。また投稿で商品購入時に利用できるポイントが貯まります(消費機能は開発中)。
フォロー・フォロワー「ボドとも」としてフォローしておくと、気になるユーザーや知人のアクティビティが通知されるようになります。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。

マーリンMerlin

6つの公国を回って、使命カードをクリアしながら、点数を稼ぐ、というゲームです。

行動回数は各ラウンド 各自の駒を動かす3回+共通駒であるマーリン駒を動かす1回。ダイスを振って、出た目の数だけ駒を進めて、止まったところの行動がとれる、というもの。

要するに、すごろくではあるのですが。

6つの公国のマスに留まることで、それぞれの公国から、資材・盾・旗・影響力が貰えます。

資材は荘園を作る為に必要。盾は敵の攻撃を防ぐのに必要(2ターンに1度の攻撃を防げないと、かなりのマイナス点です)、旗はダイス運に左右されない特殊能力を得る為に、影響力は公国から離れたマスに止まっても公国からリソースを貰うための橋頭保とする為に、とそれぞれ重要です。

そして、荘園と影響力には、エリアマジョリティ方式の得点獲得要素があります。

更に、1手番に1枚だけ、使命カードをクリアすることも出来るのですが、この使命カードの条件は、「特定のリソースを集める事」や「リソースをいくつ集める事」とかばかりです。

以上から、「このターンに止る3つのマスは、どれが最善手か?」「マーリンを動かすのは今か、それとも、誰かが動かした後か?」「どのリソースを集めて、どの使命カードをクリアして中間得点を稼ぐか?」という話に加え。

各公告の旗による特殊能力や、ダイスの目を変更できる「りんご」の存在により、たった4つのダイスの出目にそって駒を動かすだけにも関わらず、取れる行動に意外と自由が利き「どのリソースを取りに行くのが得なのか?」と終始悩むことになります。

開始位置や荘園の配置にランダム性があるだけでなく、そもそもダイスで行先を決めるゲームなのですが、エリアマジョリティによる得点や、ダイスコントロールの存在により、ダイス運とテクニカルな戦術が、いいレベルでマッチしている好ゲームに感じました。

最も読まれているレビューを表示しました
  1. 投稿者:Sigma Siuma
マイボードゲーム登録者
  • 35興味あり
  • 60経験あり
  • 13お気に入り
  • 46持ってる
テーマ/フレーバー
プレイ感の評価
運・確率5
戦略・判断力5
交渉・立ち回り0
心理戦・ブラフ0
攻防・戦闘0
アート・外見2
作品データ
タイトルマーリン
原題・英題表記Merlin
参加人数2人~4人(75分前後)
対象年齢14歳から
発売時期2017年~
参考価格未登録
データに関する報告
ログインするとフォームが表示されます

レビュー 1件

  • 157
    名に参考にされています
    投稿日:2018年05月29日 23時34分

    6つの公国を回って、使命カードをクリアしながら、点数を稼ぐ、というゲームです。行動回数は各ラウンド各自の駒を動かす3回+共通駒であるマーリン駒を動かす1回。ダイスを振って、出た目の数だけ駒を進めて、止まったところの行動がとれる、というもの。要するに、すごろくではあるのですが。6つの公国のマスに留まることで、それぞれの公国から、資材・盾・旗・影響力が貰えます。資材は荘園を作る為に必要。盾は敵の攻撃を防ぐのに必要(2ターンに1度の攻撃を防げないと、かなりのマイナス点です)、旗はダイス運に左右されない特殊能力を得る為に、影響力は公国から離れたマスに止まっても公国からリソースを貰うための橋頭保と...

    Sigma Siumaさんのレビューを読む

リプレイ 0件

投稿を募集しています

戦略やコツ 0件

投稿を募集しています

ルール/インスト 0件

投稿を募集しています

掲示板 0件

投稿を募集しています

会員の新しい投稿

関連記事&スポンサーリンク