マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能投稿した記事が読まれるたびに、通販でお得に商品を購入できるボドクーポンをGET! ハードル低めです。
コミュニティ機能専用掲示板・ボードゲームリストの合体機能が便利!公開コミュニティ、秘密のコミュニティ、設定も豊富。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。
  • 3人~5人
  • 45分前後
  • 10歳~
  • 1996年~

メンバーズ・オンリー大吉さんさんのレビュー

134名 が参考
7名 がナイス
28日前

★★★Excellent!!

初回のプレイではそれほど面白いとは思いませんでしたが、2回目からはルールにも慣れ勘所が解ってきて、ジワリジワリと面白くなってきた!

小学生の子どもでも2回目からはスムーズにプレイできて楽しんでいたので、大人でもかなり面白いゲームを家族でプレイできるのは大きい!

5種類の絵が書かれたカードがあります。傘、新聞、コーヒーカップ、人が握手している、帽子の絵の5種類。と言うか、これだけしか使いません。

手札として5種類のカードがランダムで複数枚配られます。

共通の場にカードを出せる所が5ヶ所あって、5種類の絵のカードに対応しています。

プレイヤーは毎手番カードを2枚ずつ出していきます。手札の内1枚は最後に捨てる事になりますが、ラウンドの最後には手札を全部出し切ります。

そして、最終的に場にどの種類のカードが合計何枚出されるかを賭けます。

傘のカードが6枚以上出されるとか、コーヒーカップは3枚以下しか出ないだろうと言うことを賭ける訳です。

賭けチップは各自5枚持っていて、手札を2枚出す前に、任意で賭ける事ができます。

各プレイヤーの手札は、捨てる1枚のカード以外は全部場に出されます。なので、全員の手札が何枚あるかを当てるゲームとも言えます。

各プレイヤーは手番に2枚ずつカードを出していって、少しずつ自分だけが知っている手札の情報を公開していくんです。

カードの種類ごとにゲームボードに賭けスペースがあります。

内訳は、1枚以下、2枚以下、3枚以下、4枚以下、それと5枚以上、6枚以上、7枚以上、8枚以上の8ヶ所。

4枚以下に賭ければ、0~4枚に該当すれば賭け成功ですが、比較的当てやすいので点数は低い。1枚以下は0枚か1枚しかダメなので、当たりにくく点数は高い。

ラウンド後半になると、沢山のカードが場に公開されているので当てやすくなる。例えば、手番の時に傘のカードが場に6枚出ていて、自分の手札に傘のカードが2枚残っていれば、8枚以上に賭ける。

ただ、賭けスペースは早いもの勝ちなので、自分の賭けたい所を確保するには、人より先にそこに賭けないといけない。

手札がある程度公開されてから賭けた方が有利だが、待ちすぎると賭けたい所を他のプレイヤーに取られてしまう!

場に出されているカードと、自分の手札のカードを見て、このラウンドでは何枚のカードが出されるかを予想する。

さらに、他のプレイヤーがどこに賭けているのかを見て、相手の手札に何があるか予想する。

ラウンドの中盤で傘のカードが2枚しか出ていないのに、8枚以上に賭ける人がいたら、その人は手札に傘のカードを大量に隠し持っているかもしれない!

各種類のカードには特殊カードが数枚含まれていて、これを出すと既に出された場のカードを1枚捨て札にできる。場のカードの枚数を減らす事ができるんです。

やり過ぎない程度に、予想外の展開が起きて面白い!

5つある賭チップは予想が外れると没収されて、1枚以下になるとラウンドの最後に全て戻されて再び5枚になる。

2枚が一番いけない。なのでチップが少なくなってくると、わざとムチャな賭けをしてチップを失うように持って行く。

それがフェイクにもなって、他のプレイヤーを欺く事ができる。当たれば点数が高いので、それもよし。

細かい所まで練られていて、スキのないゲーム!

なにせ読み合いの熱いゲームなんですが、5種類のカードだけでゲームを完成させているのはお見事!(賭け用のゲームボードはありますが)

ただ5種類全ての点数を、プレイヤーの内1人でもいいから5点以上獲得する事が終了条件なので、なかなか終わらない場合がある!

なのでハウスルールでは、最初から4ラウンドと決めてプレイしています。終わる時間もちょうどいい感じ。


ボードゲームをやり始めた頃、クニツィアのゲームは交易王、キングダムをプレイして面白かった。と言っても、普通に面白く感じただけで、その時はそこまでクニツィア!という風でもなかった。

クニツィアのゲームが本当の意味で面白く感じるようになったのは最近だと思う。

ボードゲームはアールライバルズから入って、ごきぶりポーカー、宝石の煌めきなどをプレイしながら、アグリコラにたどり着く。

そこから、ワイナリーの四季、ナヴェガドール、横濱紳商伝 、モンバサ、ツォルキン、コンコルディア、ロレンツォ…

合う合わないはあるけれど、重たいゲームはやり込みがいがあって面白い!

そして、ガイアプロジェクト、ヴィニョス…

ここまで来て、ふと感じた違和感…えらい遠いところまで来てしまった。

上の子どもは重たいゲームがわりと好きで、重めのゲームは2人でやっています。下の子に教えようとしましたが年齢的に無理がありました。

今でも重たいゲームは好きですしプレイしますが、以前よりも買わなくなりました。

確かに、難しめのゲームは考えどころもあって、脳みそをフル回転させられる面白さがあります。ただ、クニツィアのゲームほど会話ははずまない。たぶんそれは、人間と言うよりはシステムと対話している感じがするから。テレビゲームを一緒にやっている感じに近い。

私がボードゲームに求めていたものは、家族や親戚、家に遊びに来た子どもの友達とコミュニケーションをとる為のゲーム。

将棋や麻雀と言うよりは、トランプやオセロのようなもの。

一周回って来て、またクニツィアに戻ってきた。

メディチ、モダンアート、ヴァンパイア、酔いどれ猫のブルース、なつのたからもの、そしてメンバーズオンリー。

クニツィアってこんなに面白かったっけ?ゲームをしている時は、対戦相手の存在を強く感じる。考える事も多いけれど、自然と会話も生まれる。

確かに、重たいゲームも面白い!でも、それはみんなで楽しくプレイしようと言うよりは、自分がやりたいからプレイする感じがします。

そしてプレイ時間も長いので、プレイする時間をどうにかして捻出している。用事が出来て、やろうと思っていたゲームが出来ないとイライラしたりもする。重いゲームが積まれて、ゲームを消化するためにせき立てられる。限られた人しかプレイ出来ないのでどこか閉鎖的にも感じる。ボードゲームにコントロールされているような…

自分が最初に思っていたボードゲームのイメージとは、ずいぶんかけ離れてきてしまった!

上の子の一番好きなゲームはモンバサですし、もちろん私も好きです。ツォルキンやコンコルディアも好きですし、これからもプレイし続けると思います。

ただ、これからは重たくて難しく長時間かかるゲームはメインを張らないと思います。重たいゲームもこれからも購入するでしょうが、持っているゲームの中で重たいゲームが占める割合は以前より低くなっています。その方が自分の中では、バランスが取れて来ている気がする。

これは、ドイツ年間ゲーム大賞と同じ経過をたどっているかも知れない。

ドイツ年間ゲーム大賞は、ボードゲームを普及させる目的を持ったファミリーゲームが中心のゲーム賞だと思います。

様々なボードゲームが出てくると、だんだん複雑化して2000年あたりでピークを迎えています。こうなってくると誰もが楽しめるゲームでは無くて、フリーク向けのゲームになって来ていますね。

それからは、あまり複雑ではないゲームを選ぶようになって、2011年からはエキスパートゲーム賞を作って、やや複雑なゲームを別枠にして評価しています。

私のボードゲーム歴は浅いですが、短期間でドイツ年間ゲーム大賞の歴史をなぞっているようでもあります。

クニツィアのゲームの魅力は沢山あります。

1、ルールがシンプルで、わかりやすい。

2、時間がそれほど長くなくて、程良いものが多い。

3、シンプルだが、選択肢は多く、よく考える。

4、インタラクションは濃厚だが、攻撃的ではない。

5、飽きない

6、ゲームは簡単ではないが、難しすぎない。

7、ゲームの多くは家族でプレイ出来る。

8、盛り上げ方を知っていて、ゲームが単調にならない。

9、日本語版は箱が小さく、場所を取らない。

10、1990年代のゲームがヤバイ!

ファミリーゲームの皮を被ったゲーマーズゲーム。意外とこういうゲームは多くないのかな…


なんだかんだ言ってもボードゲームは所詮ただの遊びなので、その人の環境に合わせて好きなようにプレイしたらいいですね!無理なく重たいゲームばかり出来る環境の人は、重いゲーム中心の方が楽しいでしょうし。

無理なく楽しめる…これですね!

誰もがゲームに参加しやすいようにルールは簡単で開放的。でも、ゲーム中に考える事は多い。そして、コミュニケーションのようなインタラクション。そんな所がクニツィアのゲームに惹かれた理由かも知れません。

この投稿に7名がナイス!しました
ナイス!
らいむ
18toya
ハナ
よっしー1440
PET
Bluebear
Jarry
メンバーズオンリー
メンバーズオンリーの通販
巨匠ライナー・クニツィアの名作が装いを新たに登場!
残り1点
1~2営業日以内に発送
日本語マニュアル付き
¥ 3,300(税込)
大吉さん
大吉さん
シェアする
マイボードゲーム登録者
  • 149興味あり
  • 332経験あり
  • 58お気に入り
  • 291持ってる
プレイ感の評価
運・確率8
戦略・判断力9
交渉・立ち回り0
心理戦・ブラフ8
攻防・戦闘0
アート・外見5
作品データ
タイトルメンバーズ・オンリー
原題・英題表記Members Only
参加人数3人~5人(45分前後)
対象年齢10歳から
発売時期1996年~
参考価格3,300円
データに関する報告
ログインするとフォームが表示されます

大吉さんさんの投稿

会員の新しい投稿