• 2人~6人
  • 30分前後
  • 6歳~
  • 2016年~

マクロスコープMacroscope

穴から見えるイラストの一部を見て、何が描かれているかを当てよう!

サイコロを順に振り、対応する数字が書かれている丸いフタをあけます。
あいている穴から見える部分だけを見て、何のイラストかを先に当てたら勝ちです。

日本の好みとは少し変わった外国らしい絵柄や、あまり親しみのないアイテムも登場することから、難易度は簡単過ぎず、難しすぎず、大人でもちょうどよく遊べるようになっています。

イラストもたくさんあるので、長く遊べるゲームです。
イラストを組み込む箱がとてもかっこよく作られています。

上記文章の執筆にご協力くださった方
  1. まつながまつなが
  • 16興味あり
  • 66経験あり
  • 4お気に入り
  • 37持ってる
販売中の商品
テーマ/フレーバー
プレイ感の評価
運・確率1
戦略・判断力1
交渉・立ち回り0
心理戦・ブラフ0
攻防・戦闘0
アート・外見2
作品データ
タイトルマクロスコープ
原題・英題表記Macroscope
参加人数2人~6人(30分前後)
対象年齢6歳から
発売時期2016年~
参考価格3,600円
データに関する報告
ログインするとフォームが表示されます

レビュー 1件

  • 87
    名に参考にされています
    投稿日:2016年09月21日 16時47分

    説明が一言でしづらいゲームではありますが、無理やり一言で説明すると「直感系駆け引きゲーム」とでもいいますか。ボックスに12個の穴が空いてあり、それぞれ1から6の数字が書かれた蓋が載せてあります。順に手番が回り、サイコロを振って、出た目に対応する蓋を一箇所開ける。そして穴から見える絵の一部分から、その絵が何か推測し、答える。ただこれだけのゲームなんですが、絵が秀逸なので、意外と一部分だけではわかんないんですよね。新たな方向性のパーティーゲーム、、、なのかも。

    続きを読む

リプレイ 0件

投稿を募集しています

戦略やコツ 0件

投稿を募集しています

ルール/インスト 0件

投稿を募集しています

掲示板 0件

投稿を募集しています

会員の新しい投稿