マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能各種投稿が可能になります。また投稿で商品購入時に利用できるポイントが貯まります(消費機能は開発中)。
コミュニティ機能専用掲示板・ボードゲームリストの合体機能が便利!公開コミュニティ、秘密のコミュニティ、設定も豊富。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。
  • 2人~4人
  • 90分~120分
  • 14歳~
  • 2020年~

最後の巫女 反逆の狼煙motimanさんのレビュー

161
名に参考にされています
2021年01月11日 10時02分

新キャラと新ルールで戦略は更に多様化

世界観/ゲーム概要

「最後の巫女(https://bodoge.hoobby.net/games/last-kannagi)」の拡張キット

※ 拡張セットのみで遊ぶことはできず「最後の巫女」が必要となりますのでご注意を。

新たに「出雲」「厳島」の生き残りの巫女が、伊勢の地を我が物にしようと参戦。

「加護」「奉納」「啓示」に対応する拡張が追加。

 実質4つの拡張を好きな組み合わせで「最後の巫女」に追加することが出来ます。

⇒ それぞれの拡張要素についての感想とレビューになります。(それぞれの説明はインストをご覧ください)

総じて面白い拡張だと思います。(慣れるまではキャラ追加のみとかも可能なので柔軟性があるのも良いです)


拡張 其之壱 新たな加護

早い段階から紫の穢れを使用するアクションが取れるようになるため、先攻制圧の戦略として活用できる

加護カードの制約上1アクション中に2つの加護カードは使用できないため、あくまで代用できるのは紫1個分まで。天照ノ加護と組合せての使用も不可。そのため後半戦では若干持て余す可能性がある。

⇒ 特に紫の穢れは序盤の確保が難しいため、活用次第ではかなり強くなる加護です。ただ元々の「天照ノ加護」カードの効果も強く、どちらを選択するかで戦略の幅が大きく変わる良い拡張です。


拡張 其之弐 新たな奉納

奉納アクション1つで勝利点+αの効果を得られるため、手番数が限られているこのゲームでは上手く活用できると強い(と思う)

どのタイルも6個の穢れが必要となるため、序盤では取得しづらい&後半では少し効果が弱く感じる。

⇒ 奉納アクションを活用できるようになるが、色/数指定があり、かつ必然とレベル4のアクション(6個使用)となるため、使い所はちょっと難しいと感じました。美刀さんが初期キャパシティを生かして最初からこのタイル取得を狙って戦っていくスタイルだと強いかも。。?(後半から取得できるようになってもあまりお得感はないかなと感じました)


拡張 其之参 新たな啓示

「効果が純粋に強い」&「任意のタイミングで使用可能」&「時間トラックを消費しない」とまさに切り札。

・条件達成したプレイヤーから先行取得、かつ同じ効果のタイルは1つしかないため、それを見越した先攻逃げ切りといった戦略も立てられる。

ゲームで使うタイルはランダムで選択(4人プレイ時には8種類中4個まで)でゲーム中補完もないため場合によっては活用できずに終わるかもしれない。

⇒ アクションによるコンボを更に加速させるパーツ。1種類しか取れず、かつ相手に先に取られる可能性も常にあるため、スピード感も考える必要が出てきてゲームにメリハリが付くと思います。デメリットはランダム性と記載しましたが、どのタイルも普通に強い能力なので活用できないことは基本無いと思います。


拡張 其之参 新たな巫女

◆「出雲 闇魅」

レベル4の加護が色ごとに別アクションに作用する今までにないキャラ。(赤:建立青:加護黄:奉納紫:建立(勝利点追加))。そのため取りうる戦略の幅が広い。

特定のアクションに特化しきれないのが弱みと言えば弱み。

⇒ マルチプレイヤーにも器用貧乏にもなりうるので、プレイヤー次第ではめちゃくちゃ強くなると思います。初期から紫の浄化済み穢れを1つ持っており、序盤に強い動きも取りやすく、色々考えて動かしたい人にはおススメなんじゃないでしょうか。


「厳島 歌姫」

啓示カードの恩恵と特徴的な加護が面白いキャラ。啓示カードの達成数が多いほど効果が強くなる加護や、穢れの消滅による勝利点獲得が可能となる加護など、今までのキャラでは出来なかった楽しみ方が出来る。

効果が特殊すぎて初心者向けではない(と思う)ただし、重ゲー慣れしているプレイヤーやトリッキーなキャラが好きな人にはおススメ。

⇒ トリッキーではありますが効果が非常に強いので、使いこなせるとかなりの勝利点をたたき出すことも可能かと思います。あと単純に見た目でこのキャラを選ぶ人が多かった印象でした(笑)

0
名の会員がナイス!ボタンを押しました
  • ナイス!
motimanさんの投稿をシェア
マイボードゲーム登録者
  • 39興味あり
  • 34経験あり
  • 21お気に入り
  • 62持ってる
プレイ感の評価
運・確率0
戦略・判断力4
交渉・立ち回り1
心理戦・ブラフ0
攻防・戦闘1
アート・外見4
作品データ
タイトル最後の巫女 反逆の狼煙
原題・英題表記The last Kannagi: Hangyaku no Noroshi
参加人数2人~4人(90分~120分)
対象年齢14歳から
発売時期2020年~
参考価格6,000円
データに関する報告
ログインするとフォームが表示されます

motimanさんの投稿

会員の新しい投稿