マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能各種投稿が可能になります。また投稿で商品購入時に利用できるポイントが貯まります(消費機能は開発中)。
フォロー・フォロワー「ボドとも」としてフォローしておくと、気になるユーザーや知人のアクティビティが通知されるようになります。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。

狂人村の宴2Kyojin Mura no Utage 2

狂人だらけのこの村に、人狼討伐隊がやってきた!たった一匹の人狼を守り抜け!

【世界観】
人里離れたこの村は昔から、人狼を崇める"狂人"たちの村だった。
人狼が滅びてしまうくらいなら自分を殺せ。そんな狂った人たちの村に、腕利きの”人狼討伐隊”がやってきた。
人狼の正体を知っているエスパーや、腕利きのスナイパーなど奴らの能力は強力なものばかり。
嘘を付きまくって討伐隊を混乱させ、たった一匹の人狼を守り抜け!

【ゲーム概要】
狂人村をコンセプトにしたカードゲームです。2013年に発売された「狂人村の宴」の上位版です。
https://bodoge.hoobby.net/games/kyojin-mura-no-utage

一般的に遊ばれている狂人村と大きく違うのはレギュレーション。
多くの狂人村は10数名に対して複数の人狼、村陣営が2,3人というアンバランスな状態ですが、このゲームでは人狼は一匹のみ、狂人を含めた人狼陣営と、討伐隊の人数差は1人(偶数の時は2人)というギリギリのバランスです。
仮に狂人2人を処刑、襲撃した場合は討伐隊の方が多くなりますが、それを確定させる情報はありません。狂人たちは嘘を付きまくって人狼が誰かをかく乱させ、討伐隊は自分たちが討伐隊と悟られないように嘘をつきながら人狼を倒すチャンスを覗います。
最小3人から遊べるというコンパクトさもさながら、10人以上の大人数でも楽しめる内容になっています。

また、2になったことで役職者が大幅追加!
討伐隊の司令官同様にエスパーと狂科学者を知ることができる「悪の司令官」、処刑や襲撃時に誰かを道連れにできる「テロリスト」を追加。
人狼討伐隊には、処刑時のみ誰かを道連れにする「女スパイ」、襲撃時のみ誰かを道連れにする「地雷工兵」、襲撃を1度だけ耐える「機械兵」。
また、新たに第三陣営として、自分が処刑されたときに道連れで人狼を倒したら単独勝利する「先住民」をいれてゲームの幅が広がりました。

さらに楽しくなった狂人村の宴、ぜひ遊んでみて下さい。

【クラウドファンディング実施中!】
2018年11月18日までの間、Campfireにてクラウドファンディングを実施中です。限定カードや一般販売よりお得なリターンなど豊富に用意していますので、ぜひご支援ください。
https://camp-fire.jp/projects/view/102602

上記文章の執筆にご協力くださった方
  1. Daisuke SuzukiDaisuke Suzuki
マイボードゲーム登録者
  • 3興味あり
  • 0経験あり
  • 0お気に入り
  • 0持ってる
テーマ/フレーバー
プレイ感の評価
運・確率0
戦略・判断力1
交渉・立ち回り1
心理戦・ブラフ1
攻防・戦闘0
アート・外見1
作品データ
タイトル狂人村の宴2
原題・英題表記Kyojin Mura no Utage 2
参加人数3人~13人(1分~40分)
対象年齢12歳から
発売時期2018年~
参考価格2,500円
クレジット
ゲームデザインdai(PUZZLIAR)
アートワークガド大佐(Gado Taisa)
関連企業/団体パズリア(PUZZLIAR)
拡張/関連元人狼ゲーム(Jinro Game)
データに関する報告
ログインするとフォームが表示されます

レビュー 0件

投稿を募集しています

リプレイ 0件

投稿を募集しています

戦略やコツ 0件

投稿を募集しています

ルール/インスト 0件

投稿を募集しています

掲示板 0件

投稿を募集しています

会員の新しい投稿

関連記事&スポンサーリンク