マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能投稿した記事が読まれるたびに、通販でお得に商品を購入できるボドクーポンをGET! ハードル低めです。
コミュニティ機能専用掲示板・ボードゲームリストの合体機能が便利!公開コミュニティ、秘密のコミュニティ、設定も豊富。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。
  • 1人用
  • 90分~120分
  • 2022年~
69名
0名
3ヶ月前
0

1570年に始まった織田信長対反信長同盟の戦いのシミュレーションゲームで、ソロプレイ専用です。

ゲームは、「状況カード」を1枚引くことからスタートします。この「状況カード」は、織田側と反信長側の武将とその効果について描かれており、カードをめくって、効果を適用していくことによりゲームが進行しています。つまり、移動させる武将の順番が毎ラウンド、ランダムにまわってきます。場合によっては、偏った側が続けてひくこともあります。しかも、これらのカードの中に「追討令」というカードが1枚あり、このカードが引かれると、現在の「状況カード」の山から引くことがストップし、山を作り直します。そのため手番が回ってこない武将が出てきます。しかもこの「追討令」カードの効果は、山札を作り直すだけでなく、直前のカードの効果をもう1度適用するので、信長や織田家臣のカードがひかれている場合はプレイヤーに有利ですが、反信長側のカードだと反逆が一気に進んだり、進行がいっきに進んだりして状況が急激に悪化することもあります。

また、攻撃方法ですが、攻撃する側のユニットの数だけサイコロを振り、そのユニットを率いている武将の戦闘力以下の目が出たサイコロの数だけ、相手のユニットを除去しますので、とても簡単です。ただし、織田側はユニット数が多くなるので、サイコロを降る回数が必然的に多くなります。私は簡単にするために、タブレットを横において「Web Dice」を使ってプレイしています。

なお、反信長側のユニットのプレイの仕方ですが、とても簡単で信長側のユニットがそのエリアに無ければ、「山城」か「西美濃」エリアに向かって移動させる。信長側のユニットがあれば攻撃する。移動又は攻撃のあとにユニットを補充するだけです。

最後に、ゲームの勝敗は、引いてくる「状況カード」に左右されところが大きいですが(カードが反信長側に偏って引いてくると、何もできないうちに終わってしまうこともある)、信長側のカードを引いたときに、可能な手は打っておくことはできますので、ある程度は対策はできるかと思います。また、シミュレーションゲームとしてはルールは簡単なので、プレイしたことがない方でもプレイできると思います。

下の写真は、初期配置のものです。

この投稿に0名がナイス!しました
ナイス!
Hide
Hide
シェアする
マイボードゲーム登録者
  • 5興味あり
  • 5経験あり
  • 4お気に入り
  • 7持ってる
ログイン/会員登録でコメント
ログインする

Hideさんの投稿

会員の新しい投稿