• 4人~8人
  • 10分~15分
  • 9歳~
  • 2016年~

インサイダー・ゲームEllisさんのレビュー

130
名に参考にされています
2017年12月07日 09時35分

「質問を繰り返して、お題となったの単語を導き出す」協力型のゲームがベース。

ただし、プレイヤーの中には一人、最初からお題を知っているインサイダーが潜んでいます。インサイダーは、いかに自分の正体を隠して皆を導くかがポイント。お題の単語が分からなければ、インサイダーも負けになってしまいます。

且つ、お題の単語が分かった後に、自分がインサイダーだとバレてしまったら一人負け。非常にハラハラする立ち回りが要求されます。


このゲームの優れているポイントは大きく2つだと思います。

1つ目は「ゲームマスターが退屈しないこと」。

次々と質問が来るので、人狼のように「見ているだけ」にはなりません。

マスターもインサイダーが誰かは知らないので、質問に答えながら「この人がインサイダーかな」と考える楽しさがあります。


2つ目は「皆が喋る必要があること」。

人狼では、人狼役が喋らないほど有利になることが多いですが、インサイダーゲームはそうではありません。

インサイダーは、的はずれな質問を敢えて織り混ぜながら質問していかないと、他のプレイヤーを正解まで導けません。

クリティカルな質問だけしていると、正解が出た後にインサイダーだとあっさりバレてしまいます。


上の2点から、「皆が参加している」感覚がとても強く、退屈な人が出ない、非常に優れたゲームだと思います。

Ellisさんの投稿をシェア
マイボードゲーム登録者
  • 72興味あり
  • 533経験あり
  • 163お気に入り
  • 358持ってる
テーマ/フレーバー
プレイ感の評価
運・確率2
戦略・判断力7
交渉・立ち回り8
心理戦・ブラフ20
攻防・戦闘0
アート・外見4
作品データ
タイトルインサイダー・ゲーム
原題・英題表記INSIDER GAME
参加人数4人~8人(10分~15分)
対象年齢9歳から
発売時期2016年~
参考価格2,376円
クレジット
ゲームデザイン未登録
アートワーク未登録
関連企業/団体オインクゲームズ(Oink Games)
データに関する報告
ログインするとフォームが表示されます

インサイダー・ゲームのレビュー

  • 186
    名に参考にされています
    2017年11月14日 22時43分

    ルールは割愛。このゲームはお題となった単語を当てる前半戦と、実は答えを知っていたインサイダーを探し当てる後半戦の二つに分かれているゲームです。ゲーム的にはインサイダーを探すのが本題ですが、前半の単語探しも面白いです。初見プレイの時はどんな質問をすれば良いのか全然分からずに困ってしまいましたが、コツをつかむとドンドン質問が作れます。基本は大枠からだんだんと狭めていく感じで答えが特定されていく過程が楽しいです。インサイダー探しもなかなかアツい。どこで質問の流れが変わったか? 不自然な質問、唐突な答えではなかったか、犯人隠匿と言うより推理ゲームに近い感じです。なぜかインサイダーをやることが多い...

    oborozukiさんのレビューを読む
  • 363
    名に参考にされています
    2017年03月21日 00時53分

    正体隠匿系の中でも、簡単なルールで遊べるゲームではないでしょうか。マスターとインサイダーが存在し、勝敗はインサイダーか一般(&マスター)のどちらが勝つかという内容です。このゲームは、マスターが先に当てて貰う単語を知り、マスターと皆さんで質疑応答を繰り返しながら答えを導きます。ただし「はい」「いいえ」「わからない」での回答ですので基本ノーヒントです。この点では、いかに良い質問が出来るかが大事です。そして、マスターは答えを当てて貰う位置に居ますが、だからとインサイダーの正体を知っている訳ではありません。なので最後には皆さんと一緒にインサイダーを当てる事ができる為、皆の質問内容には常に目を光ら...

    さきさんのレビューを読む
  • 296
    名に参考にされています
    2017年03月16日 23時48分

    ルールは多数紹介されているので割愛します。正体隠匿系はキーパーソン役になるとドキドキして嫌だという人も、このゲームではその嫌なドキドキ感もかなり緩和されると思う。役割は3種類(庶民・マスター・インサイダー)だが、マスターは質問にYES・NOで答えるだけで簡単かつ推理にも良い立ち位置で参加できる中心人物なので気軽で楽しい。インサイダーは確かに他の人を欺かなければならない要素があるが、そういうのが苦手な人でも大丈夫。別に気の利いた質問ができなくて黙っていたって勝手に話は進んでキーワードは導き出される場合は多いし、そうすると黙っていたことで容疑が薄まったりして勝利できたりする。だから、あまり会...

    フクハナさんのレビューを読む
  • 254
    名に参考にされています
    2017年03月13日 10時52分

    少人数用のバリエーションルール作成!概要やルールはかなり下にあります。少人数用(3〜4人)のバリエーションルール。正解者の多数決と自由投票の2回の投票ではなく自由投票のみにする。役職カードを1枚の増やしてインサイダーがいない可能性をいれる。(ワンナイト人狼で言う平和村)投票の際にインサイダーがいないと思ったら指を指さない。それでインサイダー無しに一票入る。概要と勝利条件謎解きと人狼を混ぜたようなゲームです。市民は謎とインサイダーを当てる事が勝利条件。インサイダーは市民に見つからずに謎を解かせる事が勝利条件。ルールマスターが知ってるお題の単語を言い当てる謎解きフェイズとインサイダーを探す議...

    カラフルさんのレビューを読む
  • 199
    名に参考にされています
    2017年03月06日 08時43分

    このゲームのお題は何人でやろうともマスターとインサイダーの2名しか知らない。しかもマスターは誰がインサイダーかもわからない、そしてこの味方であるインサイダーは答を誘導していくが露骨に誘導すると皆にインサイダーだと発見されて負けになる。質問者は消去法で答えをせばめて回答を導くと共に、だれがインサイダーかを見つけるゲーム。お題を当てることよりインサイダーを当てることが面白い。

    m1114toyさんのレビューを読む
  • 154
    名に参考にされています
    2017年01月31日 00時59分

    『インサイダーゲーム』の特徴はクイズ形式のゲームに人狼でおなじみの正体隠匿要素を入れたことだと思います。そのおかげでただクイズを当てるだけでない面白さが潜んでいますね。答えられたのは誰かの手のひらの上かも知れないと、質問のしかたなどから推理するのは一味ちがった面白さがあります。問題点はクイズの内容が幅が広すぎてインサイダーが難しい所もあるでしょう。マスターがあらかずめ、範囲制限するなどローカルルールをつけたほうがより初心者向けだと思います。<オススメの人>・クイズ関係が好きな人。・人狼のように正体を隠して動いてみたい人。・会話だけで技術のいらないゲームが好きな人。<おまけ動画>

    鉄狼(てつろー)さんのレビューを読む
  • 230
    名に参考にされています
    2017年01月26日 22時02分

    マスターが設定した問題に質問を投げかけ、マスターの回答「ハイ」「イイエ」「わかりません」から全員で答えを導き出すゲーム・・・・・と思いきや、実はその中に1人だけ答えを知ってる”インサイダー”がいる!!誰だインサイダーは!というゲーム。答えが急に具体的になったら要注意!・・・と思いきや、実はインサイダーはギリギリまで潜んでたりしてなかなか難しい。サイコロというお題に対して何の前触れもなく「それは遊びで使いますか?」なんて聞いたら怪しすぎるけど実はインサイダーじゃなかったり。インサイダーじゃない側も自分が疑われないように問いを選ぶからなかなか正解にたどり着かないし、あぶりだせない。ハウスルー...

    初心者GMさんのレビューを読む
  • 354
    名に参考にされています
    2016年10月12日 09時37分

    人狼ゲーム会で待ち時間が発生した時に、インサイダーゲームをプレイしました。正体隠匿系、水平思考系ゲームが好きなボードゲーマーさんにも勿論お勧めですが、こういったゲームに馴染みのない方にも、飲み会などの席でサクッと盛り上がれそうなお手軽さがあり、ボードゲームを知らない人でも楽しんでもらえそうだと感じたのが第一印象でした。またウミガメのスープだと質問と回答を繰り返していく中で、途中で質問に行き詰まってしまったり、核心に迫れずグダグダしてしまう事が多いのですが、このインサイダーゲームだと、「あまり話してない人はボロを出したくないのか?」「…あの人は何故このタイミングであんな質問をしたんだろう?...

    ままさんのレビューを読む
  • 156
    名に参考にされています
    2016年10月11日 12時03分

    先日はじめてプレイしましたが、すぐにハマってしまいました。ウミガメのスープに代表される「水平思考ゲーム」の簡易版に正体隠匿型の要素が加わった「1回で2度おいしい」ゲームです。オインクゲームズさんならではの素敵なコンポーネントもさることながら、シンプルながら奥深い心理戦が楽しめるゲーム内容は、なんど遊んでも飽きません。特に女性は好きだと思います。飲み会やちょっとした旅行に持っていくと喜ばれるかもです。人気がありすぎて現在欠品になっていますが、2016年の10月下旬に再販されるようなので、再販されたら2個くらい購入予定です。

    横浜ボードゲーム会@はまりばカフェさんのレビューを読む
  • 216
    名に参考にされています
    2016年09月26日 06時56分

    いわゆる隠匿系ゲームの要素に
    「ウミガメのスープ」や「水平思考ゲーム」と呼ばれる
    「はい」か「いいえ」で答えられる質問を回答者に投げかけ、答えを導くゲームの合わせ技一本的なゲームです。

    このゲームは2段階に分かれていて、
    1段階は全員協力して答えを導く協力ゲーム。
    ライオンや消防士、といった「答え」を知っているマスターに
    「それはコンビニで売っていますか?」「それは片手で持てますか?」といった
    質問を投げかけて「答え」を導く最初のラウンド。
    (ちなみに答えが出ないと全員負け)

    そして、答えが出たら第2ラウンド
    会議をして、怪しい人を見つけます。
    。。。怪しい...

    ナベさん/らいとぱわーさんのレビューを読む
  • 297
    名に参考にされています
    2016年08月31日 09時29分

    2パートの構成を持つ推理ゲームです。

    ・秘密の『単語』が何なのかをプレイヤーが質問し、ゲームマスターがYES・NOで回答。
     制限時間内に正解できればまずはクリア!!

    ・実はプレイヤーのなかに、回答を知っている『インサイダー』が1人います。
     今度はプレイヤー同士で論議して、誰がインサイダーなのかを当てていきます!!!!

    見事インサイダーを当てることができれば、プレイヤーの勝利。
    逃げ切ることができれば、インサイダーの勝利となります。

    人数が多い方が盛り上がります!
    人狼っぽさがありますが、手軽で重くないのが良いです。
    ゲームマスター役はちょっと...

    HappyGames_RYOさんのレビューを読む
  • 197
    名に参考にされています
    2016年08月22日 14時11分

    「水平思考問題(ラテラルシンキング)」に「人狼」を混ぜ合わせたようなゲームです。.ゲームマスターが用意した「お題」を持ち、その「お題」に対して、他プレイヤーが質問をして「お題」を探るゲームです。ただし、質問は「はい」、「いいえ」のどちらかで回答できる質問という原則があり、ゲームマスターは「はい」、「いいえ」、「わからない、どちらともいえない」と回答します。この原則の上で、プレイヤーは力を合わせて「お題」を考えます。ただ、プレイヤーの中に1人だけ、正解のお題を知っている「インサイダー」が紛れ込んでいます。ゲームマスターを含め、誰がインサイダーなのかは分かりません。ゲームとして、「お題」を当...

    oshio_senseiさんのレビューを読む

会員の新しい投稿