マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能各種投稿が可能になります。また投稿で商品購入時に利用できるポイントが貯まります(消費機能は開発中)。
フォロー・フォロワー「ボドとも」としてフォローしておくと、気になるユーザーや知人のアクティビティが通知されるようになります。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。
  • 4人~8人
  • 10分~15分
  • 9歳~
  • 2016年~

インサイダー・ゲームEllisさんのレビュー

365
名に参考にされています
2017年12月07日 09時35分

「質問を繰り返して、お題となったの単語を導き出す」協力型のゲームがベース。

ただし、プレイヤーの中には一人、最初からお題を知っているインサイダーが潜んでいます。インサイダーは、いかに自分の正体を隠して皆を導くかがポイント。お題の単語が分からなければ、インサイダーも負けになってしまいます。

且つ、お題の単語が分かった後に、自分がインサイダーだとバレてしまったら一人負け。非常にハラハラする立ち回りが要求されます。


このゲームの優れているポイントは大きく2つだと思います。

1つ目は「ゲームマスターが退屈しないこと」。

次々と質問が来るので、人狼のように「見ているだけ」にはなりません。

マスターもインサイダーが誰かは知らないので、質問に答えながら「この人がインサイダーかな」と考える楽しさがあります。


2つ目は「皆が喋る必要があること」。

人狼では、人狼役が喋らないほど有利になることが多いですが、インサイダーゲームはそうではありません。

インサイダーは、的はずれな質問を敢えて織り混ぜながら質問していかないと、他のプレイヤーを正解まで導けません。

クリティカルな質問だけしていると、正解が出た後にインサイダーだとあっさりバレてしまいます。


上の2点から、「皆が参加している」感覚がとても強く、退屈な人が出ない、非常に優れたゲームだと思います。

0
名の会員がナイス!ボタンを押しました
  • ナイス!
Ellisさんの投稿をシェア
マイボードゲーム登録者
  • 126興味あり
  • 1058経験あり
  • 307お気に入り
  • 654持ってる
テーマ/フレーバー
プレイ感の評価
運・確率3
戦略・判断力10
交渉・立ち回り13
心理戦・ブラフ28
攻防・戦闘0
アート・外見4
作品データ
タイトルインサイダー・ゲーム
原題・英題表記INSIDER GAME
参加人数4人~8人(10分~15分)
対象年齢9歳から
発売時期2016年~
参考価格2,376円
クレジット
ゲームデザイン未登録
アートワーク未登録
関連企業/団体オインクゲームズ(Oink Games)
データに関する報告
ログインするとフォームが表示されます

Ellisさんの投稿

会員の新しい投稿

関連記事&スポンサーリンク