マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能各種投稿が可能になります。また投稿で商品購入時に利用できるポイントが貯まります(消費機能は開発中)。
フォロー・フォロワー「ボドとも」としてフォローしておくと、気になるユーザーや知人のアクティビティが通知されるようになります。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。
  • 3人~5人
  • 10分~20分
  • 10歳~
  • 2016年~

命の砂時計-Limit 7 days-ままさんのレビュー

507
名に参考にされています
2016年11月14日 02時36分

正体隠匿系にすごろく要素が入れ込まれたボードゲームです。

以前から世界観が気になっていたゲームの1つでしたが、やっと遊ぶ事が出来ました!今回は3人で遊んだレビューです。

物語は余命が僅かな少女が主人公。病魔陣営と治癒陣営に分かれて期間以内に治癒陣営と病魔陣営それぞれの勝利条件を目指します。

治癒陣営勝利で少女は助かり、病魔陣営勝利で少女は亡くなってしまうという切ないストーリー。


インストを受けながらよーし!女の子を助けるぞー!なんて思っていたら、役職配布でなんと病魔陣営を引いてしまいました。

少人数でのプレイという事もあり、取り敢えず先にゴールを目指せばいいや、と楽観的に考え、序盤は治癒陣営のように立ち回る事に。

病魔陣営に有利なカードを使用する事で自分が病魔だとカミングアウトしてしまうようなものなので、妨害するタイミングが病魔陣営の肝となりそうです。

最終的に心肺停止(期間内に使用で即死)のカードを使用しようと思いましたが、治癒陣営にどんどん前進されて停止期間内に間に合わず負け…というオチに終わりました。

普段は人狼(騙す側)より村人(推理する側)が好きと感じるタイプですが、この病魔陣営は良心がちょっぴり痛みますが個人的に結構楽しかったです。

私と同じようなタイプの方は病魔陣営でも楽しいと感じられるかもしれません。

また初見だとカードの能力を確認する際に時々ダウンタイムが発生しますが、ゲームを進行しながら説明を受ければすぐに理解し遊べる難易度で、議論主体の正体隠匿系のボードゲームが多い中、すごろくという運要素がある事で初心者さんと経験者さんが一緒に楽しみやすい作品だと感じました。

今回少人数でのプレイとなりましたが、正体隠匿系ゲームは多人数でプレイする方がより楽しめそうなので、次回は3人以上で治癒陣営側でもプレイしてみたいと思いました。

0
名の会員がナイス!ボタンを押しました
  • ナイス!
ままさんの投稿をシェア
マイボードゲーム登録者
  • 96興味あり
  • 312経験あり
  • 46お気に入り
  • 208持ってる
テーマ/フレーバー
テーマ/フレーバー未登録
プレイ感の評価
運・確率12
戦略・判断力11
交渉・立ち回り7
心理戦・ブラフ7
攻防・戦闘0
アート・外見10
作品データ
タイトル命の砂時計-Limit 7 days-
原題・英題表記Inochi no Sunadokei
参加人数3人~5人(10分~20分)
対象年齢10歳から
発売時期2016年~
参考価格1,700円
クレジット
ゲームデザインシキリト(Shikirito)
アートワークシキリト(Shikirito)
関連企業/団体リバーゲームズ(river games)
データに関する報告
ログインするとフォームが表示されます

ままさんの投稿

会員の新しい投稿