マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能投稿した記事が読まれるたびに、通販でお得に商品を購入できるボドクーポンをGET! ハードル低めです。
コミュニティ機能専用掲示板・ボードゲームリストの合体機能が便利!公開コミュニティ、秘密のコミュニティ、設定も豊富。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。

アンダーカバーHeimlich & Co.

  • アンダーカバーの画像
  • アンダーカバーの画像
  • アンダーカバーの画像
  • アンダーカバーの画像
  • アンダーカバーの画像
  • アンダーカバーの画像

駆け引きと推理が楽しいスパイゲーム

以前Ravensburgerから同名で発売され、1986年のゲーム大賞を受賞したゲームのリメイクです。

ゲームには7人のスパイが登場します。
各プレーヤーは、すべてのスパイコマを移動させることができますが、本当の手下はひとつだけです。本当の手下が獲得したポイントがプレーヤーのポイントとなります。

ゲームの最初に、自分の本当の手下を示すカードが配られます。このスパイがたくさん得点するようにプレイしますが、あまり露骨にするとほかのプレーヤーに邪魔をされます。目立たないように得点させるほうがよいかもしれません。
プレーヤーは手番にサイコロを振り、出た目だけスパイのコマを移動させます。ひとつのコマを出た目だけ移動させていもかまいませんし、複数のコマに振り分けて移動させてもかまいません。必ずしも自分の手下のスパイのコマを移動させる必要はありません。しかし、どのスパイがどのプレーヤーの手下かを推理するのはこのゲームのポイントです。

どれかのスパイコマが金庫がある部屋へ移動したら、すべてのスパイに得点が入ります。その時点で各スパイがいる建物に描かれた数字がそのまま得点です。10点の建物もありますが、廃屋は-3点です。それぞれのスパイの得点マーカーをその時点で移動させます。
こうして、どれかのスパイの得点マーカーがゴールに達したらゲームが終了です。ここですべてのプレーヤーは最初に配られたカードを公開して、どのプレーヤーが勝ったかチェックします。6人以下でプレイする場合は、誰の手下でもないスパイが存在します。そのスパイが勝ってしまうこともあります。

各国の諜報部門の長となり、秘密の情報を巡る競争に優秀なエージェントを参加させます。自分のエージェントの身元(色)は、厳密に隠しておかなければなりません。他の人にばれないように情報を獲得することで点数を積み重ねていくというボードゲーム。いずれか1人の得点が1周したらゲーム終了で、獲得した得点が一番多い人の勝利です。

上記文章の執筆にご協力くださった方
  1. NODA YUJIROUNODA YUJIROU
  2. オグランド(Oguland)オグランド(Oguland)
マイボードゲーム登録者
  • 172興味あり
  • 511経験あり
  • 60お気に入り
  • 272持ってる
プレイ感の評価
運・確率4
戦略・判断力6
交渉・立ち回り12
心理戦・ブラフ13
攻防・戦闘0
アート・外見2
作品データ
タイトルアンダーカバー
原題・英題表記Heimlich & Co.
参加人数2人~7人(30分前後)
対象年齢8歳から
発売時期1984年~
参考価格未登録
データに関する報告
ログインするとフォームが表示されます

レビュー 6件

119名が参考
(2021年08月23日 01時00分)
★★Nice!気心知れたメンバーでプレイするとかなり盛り上がります!逆に言うと、会話が弾まない間柄でプレイしても面白くないかも。そして、やや複雑にはなりますが2つのヴァリエーションルールを入れると、面白さが引き立ちます!3人から4人でプレイする事が多いです。7色のコマを使う...
続きを読む(大吉さんさんの「アンダーカバー」のレビュー)
大吉さん
大吉さん
122名が参考
(2020年05月04日 18時50分)
ここではルール等は割愛するとして手軽にできる正体隠匿すごろく各自配られたカードの色のエージェントをばれないように進めていきゴールを目指すやることは簡単サイコロを振るだけだがしかしこのゲームは自分以外のエージェントも好きなように進めるこれにより駆け引きやブラフが生まれゲームに...
続きを読む(天ぷらという概念さんの「アンダーカバー」のレビュー)
皇帝
天ぷらという概念
天ぷらという概念
172名が参考
(2019年09月05日 06時45分)
ボードゲームを1,000個以上持っているユーザー視点で良かった点と悪かった点の両面から紹介します!アンダーカバーは、自分の正体を他の人に悟られないように、得点を獲得していく正体隠匿系の面白いボードゲームです!サイコロを振って、出た目に応じて任意の数の駒を動かすだけで楽しめま...
続きを読む(オグランド(Oguland)さんの「アンダーカバー」のレビュー)
オグランド(Oguland)
オグランド(Oguland)
235名が参考
(2019年01月04日 22時22分)
人狼系とは違った正体隠匿系のすごろくゲーム。人狼系とは違い、役割はなく他プレイヤーとの差は駒の色だけなので、会話は少なく終始他人の駒の動かし方を注視する展開に。メモをとるもなかなか誰が誰かを当てるのは困難で、性格を知り尽くした仲間ですると面白い。
続きを読む(ky_kyさんの「アンダーカバー」のレビュー)
皇帝
ky_ky
ky_ky
315名が参考
(2017年07月20日 04時08分)
トップがだれだかわからない、『正体秘匿すごろく』!サイコロを振ってコマを進める...いわゆるすごろくなのですが、このゲームでは自分の担当ではないコマも動かすことができ、複数のコマにサイコロの出目を振り分けることもできます([4]が出たときに、赤を3マス、青を1マス動かすとい...
続きを読む(ペンシルさんの「アンダーカバー」のレビュー)
勇者
ペンシル
ペンシル
198名が参考
(2016年05月18日 23時35分)
正体を隠しながらコマを進めていき勝利点を一定に到達すると勝利となるゲーム。各プレイヤーは隠匿の中で、自分の色をランダムで決まり、そのコマを進めていくのですが、コマの進め方はプラスやマイナスもあります。そして誰でも、どのコマでも動かすことができるので、誰がどの色なのか、、、、...
続きを読む(きぬりすさんの「アンダーカバー」のレビュー)
大賢者
きぬりす
きぬりす

リプレイ 0件

投稿を募集しています

戦略やコツ 1件

57名が参考
(2019年09月05日 06時47分)
他の人の選択する駒の状況をよく観察することが重要です。その際に、得点を獲得するところではなく、マイナス点になってしまう駒の回避する状況を見たり、駒を選ぶときの状況を見るところがポイントかもしれません。駒を選ぶとき、ゲーム開始時は特に自分の駒を最初に選ぶことって少ないかと^^
続きを読む(オグランド(Oguland)さんの「アンダーカバー」の戦略やコツ)
オグランド(Oguland)
オグランド(Oguland)

ルール/インスト 1件

319名が参考
(2019年08月21日 03時12分)
1986年ドイツ年間ゲーム大賞受賞作。30年以上前の正体隠匿系ゲームの良作です。7人のエージェントの1人を受け持ちます。自分のエージェントが高得点を得られるようにゲームを進めるのですが他人のエージェントも自由に操作できるので正体がばれてしまうと妨害されてしまい高得点は得られ...
続きを読む(PETさんの「アンダーカバー」のルール/インスト)
仙人
PET
PET

掲示板 0件

投稿を募集しています

会員の新しい投稿