アンダーカバーHeimlich & Co.

駆け引きと推理が楽しいスパイゲーム

以前Ravensburgerから同名で発売され、1986年のゲーム大賞を受賞したゲームのリメイクです。

ゲームには7人のスパイが登場します。
各プレーヤーは、すべてのスパイコマを移動させることができますが、本当の手下はひとつだけです。本当の手下が獲得したポイントがプレーヤーのポイントとなります。

ゲームの最初に、自分の本当の手下を示すカードが配られます。このスパイがたくさん得点するようにプレイしますが、あまり露骨にするとほかのプレーヤーに邪魔をされます。目立たないように得点させるほうがよいかもしれません。
プレーヤーは手番にサイコロを振り、出た目だけスパイのコマを移動させます。ひとつのコマを出た目だけ移動させていもかまいませんし、複数のコマに振り分けて移動させてもかまいません。必ずしも自分の手下のスパイのコマを移動させる必要はありません。しかし、どのスパイがどのプレーヤーの手下かを推理するのはこのゲームのポイントです。

どれかのスパイコマが金庫がある部屋へ移動したら、すべてのスパイに得点が入ります。その時点で各スパイがいる建物に描かれた数字がそのまま得点です。10点の建物もありますが、廃屋は-3点です。それぞれのスパイの得点マーカーをその時点で移動させます。
こうして、どれかのスパイの得点マーカーがゴールに達したらゲームが終了です。ここですべてのプレーヤーは最初に配られたカードを公開して、どのプレーヤーが勝ったかチェックします。6人以下でプレイする場合は、誰の手下でもないスパイが存在します。そのスパイが勝ってしまうこともあります。

上記文章の執筆にご協力くださった方
  1. ゆーじろ〜ゆーじろ〜
マイボードゲーム登録者
  • 41興味あり
  • 144経験あり
  • 21お気に入り
  • 92持ってる
プレイ感の評価
運・確率3
戦略・判断力3
交渉・立ち回り7
心理戦・ブラフ6
攻防・戦闘0
アート・外見1
作品データ
タイトルアンダーカバー
原題・英題表記Heimlich & Co.
参加人数2人~7人(30分前後)
対象年齢8歳から
発売時期1984年~
参考価格未登録
データに関する報告
ログインするとフォームが表示されます

レビュー 2件

  • 135
    名に参考にされています
    投稿日:2017年07月20日 04時08分

    トップがだれだかわからない、『正体秘匿すごろく』!サイコロを振ってコマを進める...いわゆるすごろくなのですが、このゲームでは自分の担当ではないコマも動かすことができ、複数のコマにサイコロの出目を振り分けることもできます([4]が出たときに、赤を3マス、青を1マス動かすというように)。さらに、だれがどのコマを担当しているのか、他のプレイヤーには明かされていません。コマの担当はくじ引きで決定されます。ぐるぐる回るようになっているマス目にはすべて(マイナスや0も含む)点数が割り振られていて、金庫が置かれたマスにコマが止まると、全員がその時点で止まっているマスの得点が入ります。そして、最後にサ...

    ペンシルさんのレビューを読む
  • 75
    名に参考にされています
    投稿日:2016年05月18日 23時35分

    正体を隠しながらコマを進めていき勝利点を一定に到達すると勝利となるゲーム。各プレイヤーは隠匿の中で、自分の色をランダムで決まり、そのコマを進めていくのですが、コマの進め方はプラスやマイナスもあります。そして誰でも、どのコマでも動かすことができるので、誰がどの色なのか、、、、ハラハラしながら、そして疑心暗記(いい意味で)になりながら、プレイしていきます。ゴールした時に自分の色をオープンし、勝利した時の快感は何度もプレイしたくなるゲームです!ぜひぜひ、プレイしてみてください!

    きぬりすさんのレビューを読む

リプレイ 0件

投稿を募集しています

戦略やコツ 0件

投稿を募集しています

ルール/インスト 0件

投稿を募集しています

掲示板 0件

投稿を募集しています

会員の新しい投稿