マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能各種投稿が可能になります。また投稿で商品購入時に利用できるポイントが貯まります(消費機能は開発中)。
フォロー・フォロワー「ボドとも」としてフォローしておくと、気になるユーザーや知人のアクティビティが通知されるようになります。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。
クーポン
アンダーカバー
  • アンダーカバー当商品
  • 参考画像
  • 参考画像
  • 参考画像
  • 参考画像
  • 参考画像
  • 参考画像

「参考画像」は会員が当サイトのデータベースにアップロードした画像です。

  • 2~7人
  • 30分前後
  • 8歳~
  • 1984年~

アンダーカバー

1営業日以内に発送
日本語マニュアル付き
スパイのボスもポーカーフェイス。
  • ヴォルフガング・クラマー(Wolfgang Kramer)作

 以前Ravensburgerから同名で発売され、1986年のゲーム対象を受賞したゲームのリメイクです。

 ゲームには7人のスパイが登場します。この世界では二重スパイ、三重スパイは当たり前です。各プレーヤーは、すべてのスパイコマを移動させることができますが、本当の手下はひとつだけです。本当の手下が獲得したポイントがプレーヤーのポイントとなります。

 ゲームの最初に、自分の本当の手下を示すカードが配られます。このスパイがたくさん得点するようにプレイしますが、あまり露骨にするとほかのプレーヤーに邪魔をされます。目立たないように得点させるほうがよいかもしれません。

 プレーヤーは手版にサイコロを振り、出た目だけスパイのコマを移動させます。ひとつのコマを出た目だけ移動させていもかまいませんし、複数のコマに振り分けて移動させてもかまいません。必ずしも自分の手下のスパイのコマを移動させる必要はありません。しかし、どのスパイがどのプレーヤーの手下かを推理するのはこのポイントです。

 どれかのスパイコマが、金庫がある部屋へ移動したら、すべてのスパイに得点が入ります。その時点で各スパイがいる建物に描かれた数字がそのまま得点です。10点の建物もありますが、廃屋は-3点です。それぞれのスパイの得点マーカーをその時点で移動させます。

 こうして、どれかのスパイの得点マーカーがゴールに達したらゲームが終了です。ここですべてのプレーヤーは最初に配られたカードを公開して、どのプレーヤーが勝ったかチェックします。6人以下でプレイする場合は、誰の手下でもないスパイが存在します。そのスパイが勝ってしまうこともあります。

 このゲームには2つのバリエーションが用意されています。ひとつは、どのスパイが誰の手下か推理するのです。ゲーム中盤でいったんゲームを中断し、どのスパイが誰の手下かをメモに書き、ゲーム終了後それを公開します。当たっていたら追加で得点が得られます。ゲーム終了時点での得点が少なくても、この得点で逆転も可能です。もうひとつのバリエーションは、イベントカードがあり、サイコロによる移動のほかにコマを移動できたり、ほかの人の手番で、こまの移動ができたりします。このバリエーションは今回新たに追加されたもので、Ravensburgerのものにはありませんでした。

 簡単な駆け引きと、推理が楽しいゲームです。

レビュー 6件

246
名に参考にされているレビュー
2017年07月20日 04時08分

トップがだれだかわからない、『正体秘匿すごろく』!


サイコロを振ってコマを進める...いわゆるすごろくなのですが、このゲームでは自分の担当ではないコマも動かすことができ、複数のコマにサイコロの出目を振り分けることもできます([4]が出たときに、赤を3マス、青を1マス動かす というように)。
さらに、だれがどのコマを担当しているのか、他のプレイヤーには明かされていません。コマの担当はくじ引きで決定されます。

ぐるぐる回るようになっているマス目にはすべて(マイナスや0も含む)点数が割り振られていて、金庫が置かれたマスにコマが止まると、全員がその時点で止まっているマスの得点が入ります。
そして、最後にサイコロを振った人が、金庫を他のマスに動かしてゲーム再開。先に42点を獲得したプレイヤーが勝利です。


わかりやすく自分の担当コマが高得点になるように動かすと、他のプレイヤーにバレてガンガンにマイナスのマスにぶち込まれるので、いかにバレないように動かすかがポイント。こそこそしながら自分が有利になるように動いていく様はまさにスパイ!


そして、もっとこのゲームを面白くするのが、コマの正体を当てるバリアントルール!
誰かが29点以上獲得した時点で一時ストップ。全員が、全てのコマに対して、どのコマを誰が担当していたかを予想します。そして、ゲーム終了した後に答え合わせ。当てた数によってポイントが入り、最終得点が決まります。
これによって、最初から最後まで全プレイヤーの動きに目が離せなくなり、緊張感が一気に高まります!


コマの数は7個ありますが、6人以下でやるとだれも担当していない「ダミー」が生まれるのでより駆け引きが複雑になってオススメです!

続きを読む
閉じる
186
名に参考にされているレビュー
2019年01月04日 22時22分

人狼系とは違った正体隠匿系のすごろくゲーム。


人狼系とは違い、役割はなく他プレイヤーとの差は駒の色だけなので、会話は少なく終始他人の駒の動かし方を注視する展開に。メモをとるもなかなか誰が誰かを当てるのは困難で、性格を知り尽くした仲間ですると面白い。

続きを読む
閉じる
154
名に参考にされているレビュー
2016年05月18日 23時35分

正体を隠しながらコマを進めていき勝利点を一定に到達すると勝利となるゲーム。
各プレイヤーは隠匿の中で、自分の色をランダムで決まり、そのコマを進めていくのですが、コマの進め方はプラスやマイナスもあります。そして誰でも、どのコマでも動かすことができるので、誰がどの色なのか、、、、ハラハラしながら、そして疑心暗記(いい意味で)になりながら、プレイしていきます。
ゴールした時に自分の色をオープンし、勝利した時の快感は何度もプレイしたくなるゲームです!ぜひぜひ、プレイしてみてください!

続きを読む
閉じる
76
名に参考にされているレビュー
2019年09月05日 06時45分

ボードゲームを1,000個以上持っているユーザー視点で良かった点と悪かった点の両面から紹介します!
アンダーカバーは、自分の正体を他の人に悟られないように、得点を獲得していく正体隠匿系の面白いボードゲームです!
サイコロを振って、出た目に応じて任意の数の駒を動かすだけで楽しめますので、初心者の方でもすぐに理解出来ます。やっていることはすごろくなのに、こんなに楽しめるなんてよく出てきいます。
一方で、自分の色のコマが置いて行かれてしまって点数に差が開いてしまうと、かなりつらい展開になることもあります・・・


好き度(Like)
 ▶4pt.≪★★★★≫
おすすめ度(Recommended)
 ▶3pt.≪★★★★≫
子どもと度(With kids)
 ▶3pt.≪★★★≫


アンダーカバーの簡単なゲームの流れとルール解説はこちらをご覧ください!

続きを読む
閉じる
71
名に参考にされているルール/インスト
2019年08月21日 03時12分

1986年ドイツ年間ゲーム大賞受賞作。

30年以上前の正体隠匿系ゲームの良作です。

7人のエージェントの1人を受け持ちます。

自分のエージェントが高得点を得られるようにゲームを進めるのですが

他人のエージェントも自由に操作できるので正体がばれてしまうと

妨害されてしまい高得点は得られません。

また、最後に各プレイヤのエージェントを当てて獲得する得点もあります。

正体がばれない様にしながら高得点を獲得させていく手腕が問われるゲームです。


ご興味がありましたら、下記ブログ記事へお立ち寄りください。

ゲームの準備からプレイの流れを紹介しています。

外部リンク:エキサイトブログとなります。

https://boardgamer.exblog.jp/28693579/

続きを読む
閉じる
43
名に参考にされている戦略やコツ
2019年09月05日 06時47分

他の人の選択する駒の状況をよく観察することが重要です。その際に、得点を獲得するところではなく、マイナス点になってしまう駒の回避する状況を見たり、駒を選ぶときの状況を見るところがポイントかもしれません。駒を選ぶとき、ゲーム開始時は特に自分の駒を最初に選ぶことって少ないかと^^

続きを読む
閉じる
  • ¥ 3,800(税込)日本語マニュアル付き
    再入荷までお待ち下さい
会員のマイボードゲーム情報
  • 99興味あり
  • 323経験あり
  • 33お気に入り
  • 178持ってる

チェックした商品