マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能各種投稿が可能になります。また投稿で商品購入時に利用できるポイントが貯まります(消費機能は開発中)。
フォロー・フォロワー「ボドとも」としてフォローしておくと、気になるユーザーや知人のアクティビティが通知されるようになります。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。
  • 3人~4人
  • 30分前後
  • 8歳~
  • 2012年~

ごいた / ごいたカード / 奥能登伝承娯楽 ごいた / 天九紙牌ぼうし@九州ごいた愛好会さんのレビュー

97
名に参考にされています
2018年09月28日 16時52分

4名が2名づつのペアを組み対戦するペア戦ゲーム。

3名でも遊べるゲームとは聞くが、3名だと個人戦になり、ゲームの性質がまるで違う。


相方の手の内を阿吽の呼吸で読み合い(あるいは伝え合い)対戦を行うというところがこのゲームの持ち味であると思う。


故にゲームの定石をある程度踏まえて行かないとそもそもがゲームが予定どおり進んでいかない。(読めない・伝えられない)

定石なしで手なりで打っている限りは単なる運ゲーとなり、飽きが来るのも早いだろう。

まずは定石から考えられる手を打ち、それに対してブラフなどを仕掛けていくのが楽しいのだろう。


とはいえ、簡単にすぐ覚えられるルール、ペアとの協力で勝った時の連帯感の大きさ、スリリングな展開、逆境からの逆転勝利も可能と、ゲーム初心者の方でもすぐになじめ楽しめる要素も多々あり、まずは運まかせで軽く打って見るのも良いと思う。


慣れたところで、定石を覚えていけばよいのではないだろうか。


1ラウンドの勝ち方(打ち方)には3パターンあって、

(1)自分が8枚手札を出してあがる。

(2)対戦相手にあがらせない。(もしくは安い手であがらせる)

(3)相方に8枚出させてあがる。


この3つをその時々に応じて行うことが重要。


まだ始めて何ヶ月かしか経っていないので、大きなことは言えないのだが、

上記のうち、特に(3)が難しい。

この域に達すればある程度上級者といえるのではないかと思う。


ゲームの上達には経験者からの助言を良く聞く事が必須である。


特に、格言と呼ばれるものがいくつかあるので、それが身にしむまでゲームを経験する事が重要だと思う。

覚え聞いた格言をいくつか列挙したい。


・2枚しは大事にしろ

・馬は伏せやすい

・1枚しはいらない

・掛かりものがあれば歩はいらない。


 等々・・・

0
名の会員がナイス!ボタンを押しました
  • ナイス!
ぼうし@九州ごいた愛好会さんの投稿をシェア
マイボードゲーム登録者
  • 86興味あり
  • 669経験あり
  • 164お気に入り
  • 355持ってる
プレイ感の評価
運・確率6
戦略・判断力7
交渉・立ち回り2
心理戦・ブラフ4
攻防・戦闘0
アート・外見2
作品データ
タイトルごいた / ごいたカード / 奥能登伝承娯楽 ごいた / 天九紙牌
原題・英題表記Goita / Goita Card
参加人数3人~4人(30分前後)
対象年齢8歳から
発売時期2012年~
参考価格2,000円
データに関する報告
ログインするとフォームが表示されます

ぼうし@九州ごいた愛好会さんの投稿

会員の新しい投稿

関連記事&スポンサーリンク