マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能各種投稿が可能になります。また投稿で商品購入時に利用できるポイントが貯まります(消費機能は開発中)。
フォロー・フォロワー「ボドとも」としてフォローしておくと、気になるユーザーや知人のアクティビティが通知されるようになります。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。

ギズモスGizmos

【☆8】

 発明が発明を作り続け発明を生み出す

 

各プレイヤーは発明家です。

場にある発明品を素材集めて作って、より発明ができるように自分の場を発明品でいっぱいにしていく流れです。

誰かが手元16枚にして勝ちになります。

 

準備としては、レベル1・2・3のカードが何枚か表になっている。宝石の煌めきに似た準備です。

そして、このゲームの特徴の『ガチャガチャ』があります。

『ガチャガチャ』は4色のプラスチック球が入っていて、排出するレーンがあって6つの球が出ています。

 

手番にできることは以下の4つです。

・ファイル……場にあるひとつの発明品を予約できる

・ピック……排出レーンにある球を取って、手元の球にできる。

・発明……手元の球を使って、場か予約してある発明品にコストを払って自分の発明品にできる。

・サーチ……発明品の山札から3枚引いて、その内一枚を発明もしくは予約できる

この内、ひとつを行って次の手番へ進行していきます。

 

そして、発明品の内容には色々な効果があって勝利点をもたらします。

あるアクションを行うと球が手に入ったり、自分のある色の球は二つぶんになったり色を変えたりできたり。

自分の保有できる球の数が増えたり、あるアクションが行えなくなるけど凄い勝利点をもたしたり色々な効果があります。

 

そんなこんなで、誰かが16枚の発明品が手元にある状態でゲーム終了です。

 

 

遊んでみた感想としては超コンボ拡大生産です。

最初は発明品つくるのに手番を要するのですが発明品が揃ってくると、一つのアクションだけで発明品が発動しまくって発明することが簡単になってきます。「コレをするとアレが出来て、それが出来たから追加でもらって、これがもらえるならあれが出来るから……」そんな感じに効果が繋がってくるようになります。その連動していく感覚が非常に楽しいです。

 

ただ、個人的には後半からレベル3が簡単に出来過ぎてしまいます。発明品を造るテンポで競り合っている感覚は多少あるのですが、何か大きな競争もないので焦りは少ないです。レベル3より断然難しいレベル4の存在や、特定のカードを集めなくてはいけないセットコレクションのような要素とか、ゲーム終了するまでに何としてでもやりたい大きな目標とかがあれば尚良かったと思います。

 

ですが、効果まみれの割にとてもプレイ感は軽かったので人に勧めやすそうです。

拡大生産というワードが好きな人にはほぼストライクするいいゲームだと思いました。

 

評価☆8

 

あとゲームにあまり関係ないことですが

ボーションエクスプローションのコンポートに続き、このゲームの『ガチャガチャ』はやっぱゲーム映えしますね。そして自動的に資源を排出したり、ランダムに資源を取り出すことができるこのゲームの動きを見て、これから世に出るボードゲームのコンポートに採用される可能性を感じました。これからのボードゲームがより楽しみになりました。

最も読まれているレビューを表示しました
  1. 投稿者:82BG@GM2日目(F04)
マイボードゲーム登録者
  • 32興味あり
  • 34経験あり
  • 16お気に入り
  • 20持ってる
テーマ/フレーバー
テーマ/フレーバー未登録
プレイ感の評価
運・確率0
戦略・判断力0
交渉・立ち回り0
心理戦・ブラフ0
攻防・戦闘0
アート・外見0
作品データ
タイトルギズモス
原題・英題表記Gizmos
参加人数2人~4人(40分~50分)
対象年齢14歳から
発売時期2018年~
参考価格未登録
クレジット
ゲームデザインフィル・ウォルカーハーディング(Phil Walker-Harding)
アートワーク未登録
関連企業/団体CMONリミテッド(CMON Limited)
データに関する報告
ログインするとフォームが表示されます

レビュー 2件

  • 217
    名に参考にされています
    投稿日:2018年11月13日 11時41分

    【☆8】 発明が発明を作り続け発明を生み出す 各プレイヤーは発明家です。場にある発明品を素材集めて作って、より発明ができるように自分の場を発明品でいっぱいにしていく流れです。誰かが手元16枚にして勝ちになります。 準備としては、レベル1・2・3のカードが何枚か表になっている。宝石の煌めきに似た準備です。そして、このゲームの特徴の『ガチャガチャ』があります。『ガチャガチャ』は4色のプラスチック球が入っていて、排出するレーンがあって6つの球が出ています。 手番にできることは以下の4つです。・ファイル……場にあるひとつの発明品を予約できる・ピック……排出レーンにある球を取って、手元の球にできる...

    82BG@GM2日目(F04)さんの「ギズモス」のレビュー
  • 175
    名に参考にされています
    投稿日:2018年11月12日 22時39分

    「宝石の煌めき」や「センチュリー:スパイスロード」に似たタイプのゲーム。プレイヤーの行動によって、赤、青、黄、黒の資源(という名のビー玉)を獲得し、それを使ってカードを手に入れる。カードの効果を使ってゲームを有利に運び、カードごとに書かれた勝利点を集めるというゲーム。ここまでは上記で挙げたゲームと何ら変わりがない。このゲームの面白いところは、、、と、その前にプレイヤーがやれることを説明しよう。1.file場に出ているカードを自分の手元に置いておく(保留)2.pick中央に出ている資源のうち1つを手元に置く。3.build場に出ているカード、または手元に置いてあるカードを資源を使用して所定...

    どじょうさんの「ギズモス」のレビュー

リプレイ 0件

投稿を募集しています

戦略やコツ 0件

投稿を募集しています

ルール/インスト 0件

投稿を募集しています

掲示板 0件

投稿を募集しています

会員の新しい投稿

関連記事&スポンサーリンク