海底探険retan0712さんの戦略やコツ

102
名に参考にされています
投稿日:2017年01月03日 21時12分

このゲームは引き際が肝心です。

大体1つのラウンドで2つ程度お宝を持ち帰れるといいと思います。

最初のラウンドなら最低ランクのお宝か、次のランクのお宝の境界ほどに到着して、お宝を拾い戻ってくるときにもう1個拾う、くらいの動きのほうが沈まずに済みます。

もし行きでお宝を3個以上抱えてしまうと、帰るときの移動数が足らなくなります。そこをほかのプレイヤーの妨害(酸素を消費するため潜水艦近くをウロウロする等)されてしまうと酸素が足らず、潜水艦に帰れません。

ほかのプレイヤーが全員帰れば酸素は自分の消費だけで済むようになりますが、あまり得策ではないと思います。

帰りに潜水艦の1つか2つ前くらいに到着し、お宝3つ目をゲットして帰還、酸素はまだ余裕ある くらいのゆとりを持った探索を心がけるといいと思いますよ。

  • 興味ある(88人)
  • 経験あり(352人)
  • お気に入り(69人)
  • 持ってる(284人)
投稿イメージ
画像クリックで拡大します
作品データ
タイトル海底探険
原題・英題表記Deep Sea Adventure
参加人数3人~6人(30分~40分)
対象年齢未登録
発売時期2014年~
参考価格未登録
ゲーム属性の評価ログインで評価可能
運・確率12
戦略・判断力12
交渉・立ち回り0
心理戦・ブラフ3
攻防・戦闘0
アート・外見6
クレジット
生まれた国日本のボードゲーム
ゲームデザイン佐々木 隼(Jun Sasaki)佐々木 吾朗(Goro Sasaki)
アーティスト未登録
メーカー/販売オインクゲームズ(Oink Games)

会員の新しい投稿