マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能各種投稿が可能になります。また投稿で商品購入時に利用できるポイントが貯まります(消費機能は開発中)。
フォロー・フォロワー「ボドとも」としてフォローしておくと、気になるユーザーや知人のアクティビティが通知されるようになります。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。
  • 2人~8人
  • 分前後
  • 2007年~

ちるのい!松尾直樹(なおぶ@AHC)さんのレビュー

94
名に参考にされています
2016年06月30日 23時09分

ノイをベースにした(というよりはほぼ丸パクリ)ゲームで、東方のキャラクターチルノを使ったダジャレタイトルのライトなゲーム。
ほとんど運ゲーですが、かなりの多人数で楽しく遊べるというのが、個人的にはこのゲームの最大のおススメポイントです。

ゲーム自体は、配られた3枚のカードを順番に1枚プレイし、場札の合計が100以上にならないようにするという単純なルールです。プレイ後は1枚ドローします。

カードは主に数字が書かれていて、出すカードを場に足していきますが、マイナスするカードや手番を逆にしたり、飛ばしたり、次の手番の人に2枚プレイさせるような特殊カードもあり、思わぬ展開で有効なカードを持っていないプレイヤーは悲鳴をあげることになります。
勝者を決めるのではなく、敗者を決めるゲームですが、プレイ感はUNOに近いですね。

また、足し算ではなく、場札の数字をいきなり99にするカードも面白いです。
99は、切り札的に使えるカードなのですが、いきなり使うことも出来ます。
そのため、最速では、1人目99⇒2人目、負け!!で、まわり爆笑というパターンもあります。

手札3枚なので、実力よりもほとんど運なので、初心者や初対面の人とゲームを遊ぶ時のアイスブレイク、重めのゲームをやった後のデザートにもおススメできますが、ボドゲ会等で、2卓ゲームが終わって、もう1卓待っている間に8人でやって最後に盛り上がるといった使い方で最大の効果を発揮することでしょう。ノイは2~7人ということになっていますが、10人でも十分楽しく遊べます。

0
名の会員がナイス!ボタンを押しました
  • ナイス!
松尾直樹(なおぶ@AHC)さんの投稿をシェア
マイボードゲーム登録者
  • 5興味あり
  • 38経験あり
  • 10お気に入り
  • 21持ってる
プレイ感の評価
運・確率0
戦略・判断力0
交渉・立ち回り0
心理戦・ブラフ0
攻防・戦闘0
アート・外見0
作品データ
タイトルちるのい!
原題・英題表記cirno+neu
参加人数2人~8人(分前後)
対象年齢未登録
発売時期2007年~
参考価格2,700円
クレジット
ゲームデザイン未登録
アートワーク未登録
関連企業/団体雛札製作委員会
データに関する報告
ログインするとフォームが表示されます

松尾直樹(なおぶ@AHC)さんの投稿

会員の新しい投稿

関連記事&スポンサーリンク