マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能各種投稿が可能になります。また投稿で商品購入時に利用できるポイントが貯まります(消費機能は開発中)。
コミュニティ機能専用掲示板・ボードゲームリストの合体機能が便利!公開コミュニティ、秘密のコミュニティ、設定も豊富。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。
  • 2人~6人
  • 45分前後
  • 10歳~
  • 2007年~

シカゴ ポーカーSato39さんのレビュー

146
名に参考にされています
2020年12月06日 02時44分

《勝負はシンプルなポーカーだが、駆け引きが熱いシカゴポーカー!》

某ショップおすすめの和訳付きを購入できたのでレビューします。
一言で説明すると、「多人数バトルライン」と誰かが言ってたような…。

【ルールはシンプルなポーカー、しかしどのビジネスタイルを狙うかが悩ましい】
1~15までのギャングカードを用いてのポーカー勝負です。それ自体は簡単ですが、問題はテーブル上に配置されたビジネスタイルのどの場所にカードを配置するかということです。というのもビジネスタイルは種類によりカードを数枚裏向きに置くよう指示されており、これにより他プレイヤーが何の役を狙っているかが完全には分からないようになっています。「あの手はフルハウス…、いや待て、ただのツーペアか?」など疑心暗鬼になり相手の顔色をうかがっては悩みます(笑)


【ビジネスタイルは4種類】
バー、ゲームルーム、ジャズクラブ、レビューシアターの4種類ビジネスタイルがあり、自分のボス名の場所へギャングカードを並べていきます。この時、ビジネスタイルに指示されたように表裏で並べます。そして誰かが5枚並べたら銃撃戦が始まり、ポーカー勝負を行い勝者がタイルを獲得します。先に同じ種類の3つのビジネスタイル、4つの異なるビジネスタイル、または任意の5つのビジネスタイルを獲得したプレイヤーの勝利です。


【アートワークが渋い!】
ぶっちゃけトランプでも遊べるんじゃないかと思ってしまいます*が、やはりこの1920年代シカゴをイメージしたアートワークが最高です。ちょっと怪しいおじさんとおばさんが危険なゲームに手を出してる感じがとっても素敵です♪(*1~15まで数字があるのでトランプでは無理です)

<良いところ>
・ルールがポーカーなのでボドゲ初心者でも容易に理解できるでしょう。
・しかしどのビジネスタイルを獲得するかの駆け引きはかなり熱い!
・雰囲気は最高♪


<悪いところ>
・完全日本語版が販売されていないので入手性が悪い。
・アートワーク重視なので、数字がやや分かりにくい。


【感想】
某ショップでおすすめされていたので思わずジャケ買いしてしまいましたが、とても面白いです。今回、ボドゲ初心者を交えて4人でプレイしましたが、特に問題なく楽しめているようでした。また上記では触れてませんが特殊カードもあるので、リプレイ性も良さそうです。「ポーカーぐらいなら知ってるよ。」というメンバーの時に重宝しそうですね。

1
名の会員がナイス!ボタンを押しました
  • ナイス!
  • きむにぃ
Sato39さんの投稿をシェア
マイボードゲーム登録者
  • 16興味あり
  • 40経験あり
  • 8お気に入り
  • 32持ってる
プレイ感の評価
運・確率0
戦略・判断力3
交渉・立ち回り2
心理戦・ブラフ3
攻防・戦闘0
アート・外見2
作品データ
タイトルシカゴ ポーカー
原題・英題表記Chicago Poker
参加人数2人~6人(45分前後)
対象年齢10歳から
発売時期2007年~
参考価格未登録
データに関する報告
ログインするとフォームが表示されます

Sato39さんの投稿

会員の新しい投稿