マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能各種投稿が可能になります。また投稿で商品購入時に利用できるポイントが貯まります(消費機能は開発中)。
フォロー・フォロワー「ボドとも」としてフォローしておくと、気になるユーザーや知人のアクティビティが通知されるようになります。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。

ふたつの街の物語:キャピタルズBetween Two Cities: Capitals

☆8

大きく派手なふたつの街づくり

 

隣のプレイヤーと仲良く街をつくる「ふたつの街の物語」の拡張ですので、「ふたつの街の物語」のルールを踏まえた説明をします。

 

ルールに対する拡張要素は3つです。

・風景シートが追加されたことにより、5×5の街をつくる。

・公共施設という新パネル

・地区ボーナス争い

 

風景シートは各街で色々なものが配られます。風景にある橋の両端に設置したパネルは隣接しているものとして扱われます。

 

公共施設パネルは、酒場パネルと似たようにパネルごとに内容が違っていて、得点の取得方法は左上のマークを参照します。

その公共施設はある種類と隣接することで3点や6点を発生させます。ですが、特定の種類と隣接してしまうと強制的に1点になってしまいます。住居が工場と隣接してしまったような関係です。

 

地区ボーナスは、お題にそってどれだけ大きいかでもらえます。例えば、「地区1は森と商業」というお題なら、商業パネルと森パネルが最大でどれだけ連続で並んでいるかを確認します。これが一番大きい街は9点を得て2番目は3点をもらえるといった流れです。

こういったお題が3つあります。


 

遊んでみた感想としては、ふたつの街の物語がより好きになれました。

公共施設は置いてある内容に向けてパネルを用意すればいいと思っていたのですが、丁度良い内容が手元に回ってきた時の感動がとても良いです。

地区ボーナスは話し合いが深くなりました。今まで、他の街との兼ね合いは「工場」の数しかなかったのですが、どこの街が地区ボーナスを狙っているのか知る必要が出てきました。そのうえで、より伸ばすために隣と方針について話し合うのが楽しいです。

これら、2つのルールを引き立てたルールが風景シートだと思います。

新パネルの追加と地区ボーナス要素はパネルを沢山置けるようにする何かが必要です。ですが5×5の街をまともに作るでは、ゲームのプレイ時間と間延びがあったと思います。そこを改善するために風景シートを使うことで基本と大差のないプレイ時間に持ってくることが出来るというデザイナーの意図があるような気がしました。

 

あと、細かいこだわりが凄いです。

公共施設パネルが全部違う絵と内容で、さらに風景シートも全部違う内容になっています。

さらに、無駄にプレイヤーマーカーのランドマークの駒が追加しました。しかも、説明書の最後に基本の説明書にはなかった、それぞれのランドマークの駒がどこの国のランドマークなのかが丁寧に書いてありました。

それらによって完成した街を見比べた時の感想戦がまた楽しいです。

 

ただ、遊ぶ率の高い基本のパネルと新しい拡張のパネルの汚れ具合で、公共施設のパネルがわかってしまったのは少し残念でした。

 

遊評:☆8 

最も読まれているレビューを表示しました
  1. 投稿者:82BG@GM2日目(F04)
マイボードゲーム登録者
  • 31興味あり
  • 43経験あり
  • 7お気に入り
  • 48持ってる
テーマ/フレーバー
プレイ感の評価
運・確率0
戦略・判断力1
交渉・立ち回り0
心理戦・ブラフ0
攻防・戦闘0
アート・外見0
作品データ
タイトルふたつの街の物語:キャピタルズ
原題・英題表記Between Two Cities: Capitals
参加人数1人~7人(30分~35分)
対象年齢8歳から
発売時期2017年~
参考価格未登録
データに関する報告
ログインするとフォームが表示されます

レビュー 1件

  • 129
    名に参考にされています
    投稿日:2018年09月25日 18時57分

    ☆8大きく派手なふたつの街づくり 隣のプレイヤーと仲良く街をつくる「ふたつの街の物語」の拡張ですので、「ふたつの街の物語」のルールを踏まえた説明をします。 ルールに対する拡張要素は3つです。・風景シートが追加されたことにより、5×5の街をつくる。・公共施設という新パネル・地区ボーナス争い 風景シートは各街で色々なものが配られます。風景にある橋の両端に設置したパネルは隣接しているものとして扱われます。 公共施設パネルは、酒場パネルと似たようにパネルごとに内容が違っていて、得点の取得方法は左上のマークを参照します。その公共施設はある種類と隣接することで3点や6点を発生させます。ですが、特定の...

    82BG@GM2日目(F04)さんの「ふたつの街の物語:キャピタルズ」のレビュー

リプレイ 0件

投稿を募集しています

戦略やコツ 0件

投稿を募集しています

ルール/インスト 0件

投稿を募集しています

掲示板 0件

投稿を募集しています

会員の新しい投稿

関連記事&スポンサーリンク