マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能投稿した記事が読まれるたびに、通販でお得に商品を購入できるボドクーポンをGET! ハードル低めです。
コミュニティ機能専用掲示板・ボードゲームリストの合体機能が便利!公開コミュニティ、秘密のコミュニティ、設定も豊富。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。

豆と共にあれ:セカンドエディションGONE WITH THE BEANS second edition

レーティングの登録/分布

  • 豆と共にあれ:セカンドエディションの画像
  • 豆と共にあれ:セカンドエディションの画像
  • 豆と共にあれ:セカンドエディションの画像
  • 豆と共にあれ:セカンドエディションの画像
  • 豆と共にあれ:セカンドエディションの画像
  • 豆と共にあれ:セカンドエディションの画像

豆農家となって農場を大きくすることを目指す紙ペンゲーム。今回第二版を入手できました。ソロプレイのみですがレビューさせていただきます。


コンポーネント

・ゲームシート:A4サイズ2つ折り両面。E面とF面の2つ。適用されるルールが違います。
・豆の世界シート:6つの国の配置図です。統治者が時計回りに巡回しています。
・国選択カード:プレイヤーの国を決定します。それぞれ固有能力を持っています。
・統治者の出発地点カード:6つの国からスタート地点を決めます。併せて、プレイヤーの国の初期追加獲得資源が描かれています。
・ラウンドカード:ノーマル15枚、スペシャル1枚の16枚です。ノーマルの1枚は使用しません。
・統治者コマ:ミープルです。


セットアップ

1)自分の国・統治者のスタート位置を決定し、初期追加資源を得る。
2)ラウンドカード(ノーマル)を1枚除いて箱にしまいシャッフル。下から3枚目の位置にスペシャルカードを入れる

(例:自国が「ズーダイ」、統治者は「華州」スタート。ズーダイの位置に書かれた牧草と豆を3つずつ得る)


ゲームについて

ソロの場合は全15ラウンドのスコアアタックになります。
主な流れはラウンドカードをめくり、その内容を上から順番に行います。
カードには①統治者の移動・臨時収入②収入③アクションの3つが描かれています


 ①統治者の移動・臨時収入

 統治者を時計回りに1つ進めます(1ラウンド目はスキップ)。また、世界シート状で6時・12時の位置を統治者が通過したときに臨時収入が発生します。

 ※臨時収入:建物を建てている場合に追加で得られるボーナスで、各建物下の「B」で描かれている枠内の最大の資源を得ることができる


 ②収入
 ラウンドカード内で指定された建物を参照し、あれば最大の建物下にある「牧草」を獲得。ない場合は×つきのアイコンの下にある数の牧草を獲得します。 
 スペシャルカードの場合は「3金」「牧草4」「道移動コスト1本分無料」「牧草庫増設」から1つを選びます。

(左:ノーマル、右:スペシャルカード)


 ③アクション

 アクションは建物の建設、牧草アクション、マイルストーン達成、牧草庫増設の4つから1つを選びます。
 (上記カード下段に記載のとおり)


 建物の建設

 必要資材を払って建物を建設します。※E面では統治者コマが自分のマスにいない場合、統治者コマまでの距離(橋の数)に応じて追加コストを支払う必要あり(コストを下げる建物がある)。F面では自分の国+橋でつながった国に統治者がいないと建設不可(橋を建てるか牧草アクションでカバー)。

 建てた建物の種類に応じて、収入時に指定されたときのボーナスが増加します。

 同じ建物を建てきると「先駆者ボーナス」として勝利点、「発展ボーナス」として、シート右上のボーナスから好きなものを1つ獲得します。

 ※隣接する2つの発展ボーナスを獲得すると、合わせて「発展手形アイコン」を獲得する。終了時に個数に応じた勝利点が加算される。

 

牧草アクション

 牧草を消費して行うアクションです。リソース獲得がメインです。1つのカテゴリ内全て実行すると、こちらも「発展ボーナス」を獲得することができ、達成した位置に応じて得点計算時に得られる勝利点が決まります。

 

 マイルストーン達成

 建物が必要数に達していた場合、好きなマイルストーンを1つ獲得します。資源や直接の勝利点、終了時の達成条件等があります。


 牧草庫増設

 牧草は毎ターンいくつかは獲得するものですが、初期牧草庫は20個が上限となっています。そのため、増設して受け皿を増やす必要があります。このアクションを行うと追加倉庫+牧草を2つ獲得します。

この一連の流れを15ラウンド行い、得点計算を行います。


感 想

国ごとの固有能力、スタート位置で違う初期追加資源、2つの異なるルールで行うゲームシート。リプレイ性は高いと思います。

思ったより資源がかつかつ。建てたいときに資源がない&統治者が遠い。15ラウンドがあっという間。

多人数プレイでもルールは変わらず(スペシャルカードの位置が違います)。

1つだけ不満を述べるなら、ソロ用のスコアランクがなかったのが残念。

要素は多いですが、基本的にカードをめくって資源を得たあと、統治者の位置に応じた建設計画を建てるという流れなので、プレイ体感は軽~中量級。

初版未プレイなので違いはわかりませんが、非常に楽しめました。紙ペン好きの方、ソロプレイヤーの方それぞれにおすすめです。


収納その他について

私は基本紙ペンゲームはラミネートを行う派ですが、シートそのままだと箱に入らないので2分割してA5サイズでラミネート。カット不要できれいに収まります。

カード類はダイソー製R-07(TCGサイズ・ハード)+セリアの2Pカードケースにラウンドカードとそれ以外を分けて収納。豆の世界シートも併せてラミネート(A6サイズ)。これできれいにおさまります。

最も読まれているレビューを表示しました
  1. 投稿者:じむや
  • 28興味あり
  • 63経験あり
  • 20お気に入り
  • 98持ってる
テーマ/フレーバー
未登録
メカニクス
未登録
作品データ
タイトル豆と共にあれ:セカンドエディション
原題・英題表記GONE WITH THE BEANS second edition
参加人数1人~99人
プレイ時間45分~60分
対象年齢12歳から
発売時期2023年~
参考価格未登録
クレジット
レーティング
レーティングを行うにはログインが必要です
10点の人1
9点の人2
8点の人5
7点の人4
6点の人3
5点の人0
4点の人0
3点の人0
2点の人0
1点の人1
プレイ感の評価
運・確率4
戦略・判断力5
交渉・立ち回り0
心理戦・ブラフ0
攻防・戦闘0
アート・外見4
データに関する報告
ログインするとフォームが表示されます

レビュー 1件

379名
8名
0
画像
充実
豆農家となって農場を大きくすることを目指す紙ペンゲーム。今回第二版を入手できました。ソロプレイのみですがレビューさせていただきます。コンポーネント・ゲームシート:A4サイズ2つ折り両面。E面とF面の2つ。適用されるルールが違います。・豆の世界シート:6つの国の配置図です。統...
続きを読む(10ヶ月前)
じむや
じむや

リプレイ 0件

投稿を募集しています

戦略やコツ 0件

投稿を募集しています

ルール/インスト 0件

投稿を募集しています

掲示板 0件

投稿を募集しています

会員の新しい投稿