マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能各種投稿が可能になります。また投稿で商品購入時に利用できるポイントが貯まります(消費機能は開発中)。
フォロー・フォロワー「ボドとも」としてフォローしておくと、気になるユーザーや知人のアクティビティが通知されるようになります。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。
  • 1人~5人
  • 15分~30分
  • 10歳~
  • 2016年~

バベル白州さんのレビュー

445
名に参考にされています
2018年01月02日 07時44分

6/10

お邪魔者+キャプテンリノという正体隠匿+バランスという新しいかたちのゲーム。

キャプテンリノの柱となるカードのサイズが5段階あって、建設する人は1枚自分、もう1枚は他の人が宣言しているカードでやらなければならない。

もちろん、お邪魔者と同じで、裏切り者が何人かいる中で、数字を言わずにとらなければならない。

で、ずれると、バベルの塔がピサの斜塔のようにずれていく笑

崩したら、裏切り者の勝ちだが、裏切り者は自分で崩してしまうと負け。普通の建設する人たちは規定数の塔を建てれば勝ち。

ルールを聞いたときは感動したが、実際やってみると、想像より若干下だったゲーム。

まず、柱の種類が1〜5しかないので、数字が言えないとはいえ、ある程度は同じ階数でつくることができてしまう。なので、裏切り者がやりづらい印象はあった。

あとは、柱を破壊するカードがあるのだが、これがまあまあ頻繁に出るので、収束性が悪く感じた。お邪魔者はリシャッフルがないので、破壊はいいと思ったが、このゲームはリシャッフルするので、余計またかよって感じはした。(もしかしたら使ったら除外するルールだったかもしれないが、そうだったら印象は変わるかも)

という気になるところはあるが、新しい試みとしてはゲームになってはいるし、デザインも美しいし、ルールブックも丁寧に漫画になってたりしてイメージしやすいし、好印象ではある。

だが、もうちょい調整すれば、さらによくなる気はした惜しいゲーム。

お邪魔者かキャプテンリノが好きな人であれば、斬新な体験ができるはずので、どちらか好きならオススメ。

3
名の会員がナイス!ボタンを押しました
  • ナイス!
  • たきざわまさかず
  • たきざわまさかず
  • Jarry
白州さんの投稿をシェア
マイボードゲーム登録者
  • 141興味あり
  • 492経験あり
  • 55お気に入り
  • 294持ってる
テーマ/フレーバー
テーマ/フレーバー未登録
プレイ感の評価
運・確率0
戦略・判断力8
交渉・立ち回り9
心理戦・ブラフ14
攻防・戦闘0
アート・外見13
作品データ
タイトルバベル
原題・英題表記BABEL
参加人数1人~5人(15分~30分)
対象年齢10歳から
発売時期2016年~
参考価格3,000円
データに関する報告
ログインするとフォームが表示されます

白州さんの投稿

会員の新しい投稿