マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能各種投稿が可能になります。また投稿で商品購入時に利用できるポイントが貯まります(消費機能は開発中)。
フォロー・フォロワー「ボドとも」としてフォローしておくと、気になるユーザーや知人のアクティビティが通知されるようになります。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。

アクロティリAkrotiri

島タイルを配置し、移動して資源を集め、資源を売って資金を貯め、遺跡の地図を購入し、遺跡を発掘してポイントを稼ぐゲームです。

島タイルには海路が記されており、その海路をなぞるように、そして現在の移動力でしか移動することができません。

資源は価値の上下の概念があり、市場に出回っていない場合は高く、逆は安くなります。

遺跡の地図には難易度が設定されており、高い地図ほど発見が難しく、また得点が高くなっています。

遺跡の地図には色と方角が複数書いてあり、その条件を全て満たす位置で発掘作業を行うことで遺跡を発見することができます。

(例えば、赤アイコンの島が上、緑アイコンの島が右にある島、といった感じ)

遺跡を発掘するにつれ、移動力が増えていきます。

また、上記とは別に特別ボーナスカードがあり、様々な条件を満たすことでゲーム終了時に得点が入ります。

二人専用ゲーですが、相手を邪魔するようなプレイはなく、どちらかというとソロ感の強いゲームです。

ただ、好きにタイルを配置し島を作って旅をするプレイは楽しく、頭を悩ませる部分でもあります。

特別ボーナスカードの内容が分かりにくいのと、思った以上に場所を取ることだけ注意が必要です。

最も読まれているレビューを表示しました
  1. 投稿者:mochomarusuke
アクロティリ
アクロティリの通販
テーラ島、アクロティリ発掘現場にて。
残り1点
1営業日以内に発送
日本語マニュアル付き
¥ 4,400(税込)
マイボードゲーム登録者
  • 90興味あり
  • 123経験あり
  • 55お気に入り
  • 144持ってる
プレイ感の評価
運・確率5
戦略・判断力14
交渉・立ち回り3
心理戦・ブラフ2
攻防・戦闘0
アート・外見8
作品データ
タイトルアクロティリ
原題・英題表記Akrotiri
参加人数2人用(45分前後)
対象年齢13歳から
発売時期2014年~
参考価格未登録
データに関する報告
ログインするとフォームが表示されます

レビュー 5件

  • 81
    名に参考にされています
    投稿日:2020年07月25日 07時19分

    このゲームの内容を大雑把にいうと、各プレーヤーが地形タイルを配置して、他の島から資源をテーラ島(母港)に運んで、お金を稼ぐ。稼いだお金で、地図を買って、神殿を発見する。最終的に勝利得点が多いプレーヤーが勝利するというものです。2人専用のゲームですが、神殿を発掘するために地形タイルにある地勢マークを如何に自分が有利なように配置できるか、あるいはその場所を発見できるかにかかっており、ソロプレイ要素がやや強いかなと思いました。でも、金の地図カードの書いてある場所を見つけることができ、神殿を発掘することができたときは、やっぱり嬉しいです。神殿を6つ発掘することがこのゲームの終了条件ですが、最初に...

    Hideさんの「アクロティリ」のレビュー
  • 265
    名に参考にされています
    投稿日:2019年12月15日 17時02分

    箱の小ささから想像できない密度の濃さと「ソロプレイ感の方が強いのに気がつけばしっかり競争できる」得がたい二人用ボードゲームでした。手番中に行えることは主に下記。発掘に必要な資金集めのため島を行ったり来たりして資源を供給する地図を買っては神殿がありそうな地形を作っていく集めた資金を元に神殿を発掘させる次の神殿を発掘させるため、また資金を調達すると、すべてが「遺跡発掘のため」に集約されていく小気味よさがありました。他の方々が極めて詩的な説明をされているので省きますが地形の自動拡大それによって得られる資源どの資源をどう配置し、どのタイミングで回収するかによる価格操作基本的に先行有利とはいえ「相...

    手動人形さんの「アクロティリ」のレビュー
  • 226
    名に参考にされています
    投稿日:2019年11月07日 23時05分

    地図を広げながら資源を集めることで資金調達し、集めたそのお金で遺跡を発掘していく。アクロティリは、そんなボードゲームだ。説明書にはルールがびっしり細かく書いてあってボードゲーム初心者の私には少し敷居が高く感じたが、実際に4〜5ターン程回してみれば、あとはいつのまにかアクロティリの世界にどっぷりと浸かって、そのうち地中海の波音だって聞こえてくるだろう。このゲームの最も魅力的な点は、その没入感にあると思う。二人専用という少人数制、妨害要素がほとんど無く互いに自分がしたいことだけに集中できるゲーム性も勿論このゲームの没入感に寄与しているが、アートワークや隠し味としてのリアリズムがそれ以上に大き...

    おとりさんの「アクロティリ」のレビュー
  • 374
    名に参考にされています
    投稿日:2016年10月21日 09時13分

    島タイルを配置し、移動して資源を集め、資源を売って資金を貯め、遺跡の地図を購入し、遺跡を発掘してポイントを稼ぐゲームです。島タイルには海路が記されており、その海路をなぞるように、そして現在の移動力でしか移動することができません。資源は価値の上下の概念があり、市場に出回っていない場合は高く、逆は安くなります。遺跡の地図には難易度が設定されており、高い地図ほど発見が難しく、また得点が高くなっています。遺跡の地図には色と方角が複数書いてあり、その条件を全て満たす位置で発掘作業を行うことで遺跡を発見することができます。(例えば、赤アイコンの島が上、緑アイコンの島が右にある島、といった感じ)遺跡を...

    mochomarusukeさんの「アクロティリ」のレビュー
  • 350
    名に参考にされています
    投稿日:2016年09月14日 15時17分

    プレイヤーは探検家となり、エーゲ海の島々を探索し資源を集め、得た資金を元に島に眠る神殿を発掘していく。タイル配置とアクションポイントで動くゲームだ。手番には地形タイルを配置し、航路や島を繋げていく。配置したタイルには資源駒を置くことが出来て、これを本島に持ち帰ることで資金が得られる。資源を手に入れて多く金を手に入れたいけれど、それだけでは得点に繋がらない。神殿の位置が記された地図カード、書かれた条件を満たせば得点となる目的カード、この二つが主な得点源となる。神殿を発掘出来る場所は、地図カードに記された条件を満たした島でないとならない。地形タイルには火山・山・湖・樹四つのアイコンがあり、地...

    Aki.さんの「アクロティリ」のレビュー

リプレイ 0件

投稿を募集しています

戦略やコツ 0件

投稿を募集しています

ルール/インスト 2件

  • 32
    名に参考にされています
    投稿日:2020年07月25日 06時44分

    1)ゲーム名:アクロティリ2)勝利条件:相手プレーヤーより多くの得点を確保3)得点計算の方法:①神殿を発掘するのに使った地図カードの右上にある点数(地図は難易度が3段階ある)※発掘に使っていない地図カードの点数は数えない!②達成した目的カードの点数③10ドラクマ(ゲーム内の通貨)で1勝利点4)ゲーム内でやること:地形タイルを配置して、他の島から資源をテーラ島(母港)に運んで、お金を稼ぐ。稼いだお金で、地図を買って、神殿を発見する。最終的に勝利得点が多いプレーヤーが勝利する。5)プレーの手順①中央ボード(テーラ島が描いてあるやや大きめのボード)を配置する。②市場ボードやプレーヤーボードなど...

    Hideさんの「アクロティリ」のルール/インスト
  • 85
    名に参考にされています
    投稿日:2019年12月15日 16時33分

    ルールブックを読み返して特に間違えやすい部分や混乱を生みやすい箇所を記しています。【アクションポイントを消費しないアクション】 地形配置(および配置した後の資源の配置)は手番開始時に行われ、手番のアクションには含めません。つまり、手番ごとに地図タイルは1、資源キューブは最大2増えます。手番中に行える資源の荷下ろしもまた「フリーアクション」としてアクションポイントには含めません。自分がいる埠頭によって以下の挙動があります。テーラ島にいる→今積んでいる資源を売却し、その希少数に応じたドラクマを受け取ります。テーラ島以外の島にいる→任意の資源を任意の数だけ、その島の埠頭に置きます。後述する「別...

    手動人形さんの「アクロティリ」のルール/インスト

掲示板 0件

投稿を募集しています

会員の新しい投稿