マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能各種投稿が可能になります。また投稿で商品購入時に利用できるポイントが貯まります(消費機能は開発中)。
フォロー・フォロワー「ボドとも」としてフォローしておくと、気になるユーザーや知人のアクティビティが通知されるようになります。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。

なつのたからものCircus Flohcati / Zirkus Flohcati: Japanese Edition

クニツィアの過去作を日本の夏テイストでリメイク!夏の宝物をたくさん集めましょう。

ノミのサーカスを日本風にリメイクした作品です。
日本の夏ということで、花火、金魚すくい、カブトムシ、ひまわり、ラムネ、かき氷、浴衣でお祭り、海などなど、10種類のたからものが0~8の数でカードに描かれています。
どの絵も色合いが夏らしく、小学生の頃の長い夏休みを思い出してノスタルジックな気持ちになります。

時計回りに手番が周り、手番では、山札を場にめくっていきます。
場に出たカードを1枚取るか、同じ種類を2枚目出してしまうと取れずに強制終了です。

誰かが10種類全て集めて終了宣言をするか、山札が切れたときにゲームは終わりです。
カードに書かれている数字がそのまま点数になるのと、最初に10枚集めた人のボーナス点(+10)などを加算して、もっとも得点の高い人の勝ちです。

シンプルなルールで、イラストを楽しむことができ、運も戦略も半々くらいのバランスの良いゲームだと思います。
時間もそこまでかからないので、ちょっとした隙間に遊ぶことが可能です。

上記文章の執筆にご協力くださった方
  1. まつながまつなが
マイボードゲーム登録者
  • 63興味あり
  • 369経験あり
  • 50お気に入り
  • 293持ってる
プレイ感の評価
運・確率9
戦略・判断力6
交渉・立ち回り0
心理戦・ブラフ0
攻防・戦闘1
アート・外見4
作品データ
タイトルなつのたからもの
原題・英題表記Circus Flohcati / Zirkus Flohcati: Japanese Edition
参加人数2人~5人(15分前後)
対象年齢6歳から
発売時期2013年~
参考価格未登録
データに関する報告
ログインするとフォームが表示されます

レビュー 4件

  • 159
    名に参考にされています
    投稿日:2018年08月15日 12時10分

    夏だからこそ、これはプレイしたいゲーム!JiGGにて外国の方とプレイしたときはゲーム内容だけでなく、描かれている夏の風物詩の絵に感銘を受けていました。とは言いつつも、もとはライナークリニッツァの作品。権利を買い取った会社はとても上手く日本ぽい雰囲気に仕上げてあると思います。子どもでもすぐに理解できるルールなので、家族で夏休みにやるのも良いですね。このゲームはあまり欲張っても得点が伸びず、引き際や、落ちているチャンスに気が付くこと、地味な感じに聞こえますがそういうちょっとしたことが大事なゲーム。夏にはぜひワンプレイしてみましょう!

    おざかつ大魔王さんのレビューを読む
  • 166
    名に参考にされています
    投稿日:2017年08月16日 14時47分

    ライナークニツァの<ノミのサーカス>を日本語版に2013年リメイク。持ち札ゼロで山札から同一イラストが出るまで、引くことができます。同一イラストがでてしまったらバーストでカードをらとることができません。0-7の番号がある10種類の夏のイラストカードを同一番号3枚で10点になるので山札から一枚づつとって集めるゲーム。0-3までだと3枚揃えてだしたほうが10点になるのでいいが、4-7だと手札でもっていても最後に足されるので手持ちがいいか?出したほうがいいかは手持ちカードによってちがいます。同一イラストは最大の数しか足されないので、6と7を3枚づつ同一イラストで手持ちにもっていると、6の3枚は...

    m1114toyさんのレビューを読む
  • 109
    名に参考にされています
    投稿日:2017年06月23日 11時14分

    何度かプレイしてみたので感想を!基本的にこのゲームは誰かを妨害して勝利を狙う要素は少ないため、ファミリー向けかもしれません。また、カードの引き運にも大きく左右されるため運ゲーが嫌いという方もウケないかもしれません。ただ、その分ルールがとてもシンプルで、カードデザインもほのぼのとしているため、ボドゲ初心者を交えた卓や、重量ゲームを終えた後などの繋ぎには最適だと思います(╹◡╹)

    Akiさんのレビューを読む
  • 127
    名に参考にされています
    投稿日:2017年05月03日 13時38分

    ルールは単純。坊主めくりのように、10種の絵柄のカードを引いていき、同じ絵柄が出たらバースト(ドボン)。山札がなくなったらゲーム終了、点数計算。絵柄には0点から7点まで点数があり、同じ種類のカードは一番高いカードのみ点数になる。自分の手番に、同じ点数の手札カード3枚を場に出すと10点にすることもできる。特殊カードもあり。5歳の子どもでも、理解して慣れれば盛り上がれます。子どもには人気で、5ゲーム連続でやることもあるほど。このゲームの魅力は何と言っても、夏休みの思い出・風物詩の絵柄で、夏にプレイすると一層気分が盛り上がります

    sugar_ray1956さんのレビューを読む

リプレイ 0件

投稿を募集しています

戦略やコツ 0件

投稿を募集しています

ルール/インスト 1件

  • 124
    名に参考にされています
    投稿日:2018年08月18日 11時19分

    人数:3〜5人ルールの覚えやすさ:★☆☆☆☆プレイの難しさ:★☆☆☆☆プレイ時間:15分 夏こそプレイしたい作品。絵に魅せられながら、夏の思い出の世界にひたりつつ、しっかりゲーム性のあるプレイが楽しめます。夏の風物詩が描かれた各色10種類のカード、それぞれ0~7の数字があります。ゲーム終了後に手札に残っている数字はそのまま得点になりますが、同じ色のカードからは1枚だけが得点となります。(例:黄色3、5、7を持っていた場合この中のいずれかが得点となる)さらに、『同じ数字を3枚』集めても得点になり、この場合は3カードで10点です。つまり7を3枚集めても10点になります。3カードの役ができた場...

    おざかつ大魔王さんのルール/インストを読む

掲示板 1件

  • Itsukiさんの投稿
    カードサイズと枚数について

    カードサイズは89mm×57mmです。「CAC-SL105 アメリカンサイズ・ハード」などのスリーブが最適です。カードは89枚入っています。

    0件のコメント4ページビュー7ヶ月前
    コンポーネント/カードスリーブ

会員の新しい投稿

関連記事&スポンサーリンク