マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能各種投稿が可能になります。また投稿で商品購入時に利用できるポイントが貯まります(消費機能は開発中)。
フォロー・フォロワー「ボドとも」としてフォローしておくと、気になるユーザーや知人のアクティビティが通知されるようになります。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。
  • 3人~8人
  • 30分~40分
  • 10歳~
  • 1993年~

シュティッヒルン有我悟(あるがさとる)@ドゥジャルダンに夢中さんのレビュー

166
名に参考にされています
2018年09月09日 22時38分

 メイフォロートリックテイキング界の変態の雄と言えばシュティヒェルン(シュティッヒルンだろうが何でもいいです。どうせ読めないので)。このゲームをトリックテイキングの初手にやらせるのはあんまりオススメしません。そもそもあんまりスタンダードなゲームではありません。変態だからね。

 しかしこのゲームが私のトリテへの苦手意識をすっ飛ばしたゲームでもあるのです。

 ルールは簡単。

  • ゲーム開始時に一枚カードを選んで出す。出したカードの色が取ったらマイナス点になるカードである。
  • そのカードに書かれた数字もマイナス点になる。
  • マイナスのスートのカードはカードに書かれた数字がそのままマイナス点になる。マイナス点にならないスートは1枚1点。
  • リードスート以外の色を出してもいい(メイフォロー)
  • リードスート以外は全部切り札になる(?????)
  • 各スートには0のカードがあるが、0のカードでは絶対にトリックを取得出来ない。


 これだけの説明を聞くとさっぱりわからないと思いますが、やるとこのルールの恐ろしさがわかると思います。やれといきなり言うのは不親切なので、一言で言いますと、

 メイフォローなのにリードスートをフォローしないとめっちゃ辛い。

 な、何を言ってるかわからねーと思うが(略。


 このゲーム、いわゆる「カードを取ってはいけない系トリックテイキング」なんですが、カードを取ってはいけないトリックテイキングの必勝基本テクニックである「スートを枯らす」プレイをすると確実に死にます。もうこれだけで最初は何が何だか訳がわかりませんでした(※なお、英語版のルールにははっきり、マイナススートを選ぶ時のアドバイスとして、多すぎる/少なすぎるカードをリードスートに指定するのはやめようと書かれていました)

 また、このゲームは、各トリックにおける手番が最後のプレイヤーがめちゃくちゃ有利です。狙ってその位置取りを得る事が絶対出来ないのがまた絶妙なのです。このポジションを得たら、確実にカードを回収するor地雷を回避するのがゲームのキモとなりますので、初めてプレイされる方は是非意識してみて下さい。

 そして、このヘンなプレイ感に面白みを感じられるなら、トリックテイキングも悪くないと思えるかもしれません。トリテを楽しむ才能があります(※勝てるとは言ってない)。


 古いゲームですが今でも色あせないタイトルですし、たまにゲームストア・バネストに入荷していたりするので入手は今でも可能です。買うのが難しくても、トリテマニア的なプレイヤーならほぼ絶対持ってる(トリテ界ではメジャー級)タイトルなので、遊ぶ事自体は難しくないと思います。

3
名の会員がナイス!ボタンを押しました
  • ナイス!
  • Ideal_K
  • Nobuaki Katou
  • まつなが
有我悟(あるがさとる)@ドゥジャルダンに夢中さんの投稿をシェア
マイボードゲーム登録者
  • 47興味あり
  • 320経験あり
  • 56お気に入り
  • 194持ってる
テーマ/フレーバー
プレイ感の評価
運・確率3
戦略・判断力8
交渉・立ち回り1
心理戦・ブラフ1
攻防・戦闘1
アート・外見0
作品データ
タイトルシュティッヒルン
原題・英題表記Sticheln
参加人数3人~8人(30分~40分)
対象年齢10歳から
発売時期1993年~
参考価格未登録
データに関する報告
ログインするとフォームが表示されます

有我悟(あるがさとる)@ドゥジャルダンに夢中さんの投稿

会員の新しい投稿