マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能各種投稿が可能になります。また投稿で商品購入時に利用できるポイントが貯まります(消費機能は開発中)。
フォロー・フォロワー「ボドとも」としてフォローしておくと、気になるユーザーや知人のアクティビティが通知されるようになります。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。
  • 3人~6人
  • 60分前後
  • 11歳~
  • 2008年~

スチールドライバーmaroさんのレビュー

63
名に参考にされています
2020年08月09日 15時27分

いかついおっさんがトレードーマークの、鉄道-株をモチーフにした比較的シンプルな作品。

ラウンドごとに、全部で6つある鉄道会社の線路敷設権をオークションで獲得。同時にゲーム終了時に重大な影響を及ぼす株トークンも得る。ここで支払われた投資駒が各社の資産となる。会社の投資駒を消費して路線敷設すると、到達した都市に応じた株価が上昇する。ラウンド終了時に各プレイヤーは株価分の利益を得る。5ラウンドで所持金の多いプレイヤーの勝利。

ここで、敷設権と、各社の株価はラウンドごとにリセットされるため、手順としては毎回新鮮な気持ちで同じことを繰り返すわけである。どの会社の敷設権を取るべきかは悩みどころであるが、ゲームの流れは軽い。

もう一つ、5ラウンド終了時には、各会社のエリアマジョリティに応じた収入が既得の株トークンの数プレイヤーにはいる。これはかなり大きな影響を与えるため、線路敷設の際はエリア管理と、他社と競合する都市を増やしすぎない工夫も必要となる。会社ごとの手順番はここでとりわけ意味をもってくる。

一見、ワレスのゲームとは思えないほど簡素にまとまっている。株式の形式を取っているが、ラウンドごとの進捗を断片的に表しているに過ぎない。最大のポイントはオークションの部分というところが、良くも悪くもこのゲームの特性であり、他の鉄道株ゲームとは異なる。各会社の経営権もその都度変わる可能性があるのがオークションの戦術にも関わってくるのも悩ましい。

オークションのことを考えると、ベスト人数は4-5人だろうか。言語依存はない。全てが公開情報であるが、読み切るのは難しく、ややカオスな内容といえる。

広い意味では鉄道と株のゲームというよりインペリアルにも近い経営ゲームなのだろう。その点ではワレスらしいともいえる。

1
名の会員がナイス!ボタンを押しました
  • ナイス!
  • kaya-hat
maroさんの投稿をシェア
マイボードゲーム登録者
  • 15興味あり
  • 51経験あり
  • 4お気に入り
  • 49持ってる
プレイ感の評価
運・確率0
戦略・判断力5
交渉・立ち回り0
心理戦・ブラフ2
攻防・戦闘0
アート・外見0
作品データ
タイトルスチールドライバー
原題・英題表記Steel Driver
参加人数3人~6人(60分前後)
対象年齢11歳から
発売時期2008年~
参考価格未登録
データに関する報告
ログインするとフォームが表示されます

maroさんの投稿

会員の新しい投稿