マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能各種投稿が可能になります。また投稿で商品購入時に利用できるポイントが貯まります(消費機能は開発中)。
フォロー・フォロワー「ボドとも」としてフォローしておくと、気になるユーザーや知人のアクティビティが通知されるようになります。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。

ロシアンレールロードRussian Railroads

線路を伸ばしてシベリアに機関車を走らせろ! 鉄道王に、俺はなる!!

ロシアンレイルロードは、シベリア鉄道を中心に鉄道を建設し勝利点(鉄道建設能力を測る真の基準)を獲得するゲームです。

あなたたちは、シベリア鉄道と、他2つの鉄道の建設を委託された鉄道建設会社です。
鉄道を伸ばして勝利点を獲得するためには、まず線路を敷設し、機関車を購入してその上を走らせる必要があります。
線路にも種類があり、より高度な線路を多く敷設するほど、得られる勝利点は高くなります。

また、伸ばす鉄道にもそれぞれ特徴があります。
シベリア鉄道は最も長く、線路を伸ばしていくことで、より高度な線路を敷設する技術を獲得できます。
サンクトペテルブルク鉄道は、鉄道建設を有利にすすめるアイテムを獲得することができ、
キエフ鉄道は、比較的低コストで労働者を増やして勝利点を獲得できます。
それぞれの特徴を活かし、どのような順序・バランスで伸ばしていくかも、あなたの腕の問われるところでしょう。

さらに、鉄道を建設するにあたり、その手伝いをしてくれる技師を雇ったり、工業化を推進して地域を発展させることで勝利点を稼ぐこともできます。

色々な勝ち筋があり、お互いのインタラクションによってもゲーム展開は大きく変わっていきます。
果たして、鉄道王になるのはどのプレイヤーでしょうか?

上記文章の執筆にご協力くださった方
  1. R@R@
マイボードゲーム登録者
  • 56興味あり
  • 136経験あり
  • 45お気に入り
  • 87持ってる
プレイ感の評価
運・確率0
戦略・判断力7
交渉・立ち回り2
心理戦・ブラフ1
攻防・戦闘0
アート・外見0
作品データ
タイトルロシアンレールロード
原題・英題表記Russian Railroads
参加人数2人~4人(90分~120分)
対象年齢12歳から
発売時期2013年~
参考価格未登録
データに関する報告
ログインするとフォームが表示されます

レビュー 2件

  • 128
    名に参考にされています
    投稿日:2017年05月15日 15時46分

    運の要素無し、実力100%の重量級ワーカープレイスメント。累積で入る豪快な加点方法が特徴。白線路によるド派手な得点があるシベリア鉄道、アドバンテージトークンを入手しやすく2倍点があるサンクトペテルブルク鉄道、安定したボーナス点による点数稼ぎが出来るキエフ鉄道の3路線と任意のボーナスを得られる工業地帯を上手く使って勝利を目指す。個人的にお気に入りのワーカプレイスメントゲーム。手番の重みが凄いシビアなゲーム感と累積加点による大量得点のおかげで上達が強く実感できるのお気に入りポイント。

    kanamatanさんのレビューを読む
  • 105
    名に参考にされています
    投稿日:2016年10月02日 20時07分

    ★★★★☆3.75/5.0プレイ回数1回飯を払う必要が無いため、ストレス無く進められるワーカープレイスメント。勝ち筋はいくつかあるものの、決して多すぎないため複雑になりすぎず、後半は結構サクサク進むところもポイントが高い。そして、毎ターン累積で点数が増えていくため、後半になると1ラウンドで100点くらい増えるようなインフレ感も気持ちがいい。標準点は300〜350点くらいだろうか。400点も全然いけるらしい。初回だとインスト込み90〜120分くらいなので、経験者ならば60〜90分で終えられる。もう何度かプレイして勝ち筋を探ってみたい。

    R@さんのレビューを読む

リプレイ 2件

  • 123
    名に参考にされています
    投稿日:2016年12月25日 11時35分

    ラスト差しゲーのメインディッシュ。パッケージの赤い機関車がサンタっぽくてクリスマス的、と強引に解釈してみる。インストには少し時間がかかった(しかも若干の誤解もあった)が、先手でゲームスタート。とにかく黒を進めないと何も出来ない。二人用のボードでは黒線路を三つ進められる効率の良い場所は一つしかないので先手のがまずは順当に配置していく。黒が進んだ分灰色も追いかけられるので出しておいて、あまったワーカーは金や機関車の獲得に使用と、順調な滑り出しだったが、が早速スタートプレイヤー権を奪取して2ラウンド目からイニシアティブはのものに。開始ラウンドは手番順の問題で線路を取れなかった。代わりに工場がよ...

    大石さんのリプレイを読む
  • 83
    名に参考にされています
    投稿日:2016年10月02日 20時11分

    初回4人プレイ。シベリア鉄道を伸ばして白線路と×2タイルで稼ぐスタイル。350点くらいで2位。1位は380点くらいの工業プレイ、3位と4位は僅差だったがどちらも320点くらいだったと思う。手探りだったけど、意外と点数伸びたかな。機関車の買い遅れと、?タイルの獲得が遅れたことが敗因だったかなー。工業プレイが一人しかいなかった点も、独走を許した要因。アクションとしては、手番と黒線路、お金、ワーカーあたりが無難に強かった。

    R@さんのリプレイを読む

戦略やコツ 0件

投稿を募集しています

ルール/インスト 0件

投稿を募集しています

掲示板 0件

投稿を募集しています

会員の新しい投稿

関連記事&スポンサーリンク