マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能各種投稿が可能になります。また投稿で商品購入時に利用できるポイントが貯まります(消費機能は開発中)。
フォロー・フォロワー「ボドとも」としてフォローしておくと、気になるユーザーや知人のアクティビティが通知されるようになります。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。
クーポン
ロシアンレールロード
  • ロシアンレールロード当商品
  • 参考画像
  • 参考画像
  • 参考画像
  • 参考画像
  • 参考画像
  • 参考画像
  • 参考画像
  • 参考画像
  • 参考画像
  • 参考画像
  • 参考画像

「参考画像」は会員が当サイトのデータベースにアップロードした画像です。

  • 2~4人
  • 90~120分
  • 12歳~
  • 2013年~

ロシアンレールロード

1営業日以内に発送
日本語マニュアル付き
ワーカープレイスメント好きなら、間違いありません。
  • ヘルムート・オーリー(Helmut Ohley)作
  • レオンハート・ロニー・オーグラー(Leonhard "Lonny" Orgler)作

典型的な「ワーカプレイスメントゲーム」です。
 また、ランダム要素が全くないゲームです。
 プレーヤーは線路を引いたり、改良したり、技術者をやっとたり、技術を向上させたり、いろいろ用意された方法で得点を重ねます。
 手番には、手持ちの労働者をメインのゲームボードのいずれか一か所に配置しそのアクションを行います。
 行えるアクションは大きく分けて5種類です。

線路敷設:対応するマスに必要な労働者を配置することにより線路を敷設延長することができます。路線は3種類あり、いずれの路線も敷設延長が可能です。また線路の種類も5種類あり、より良質の線路を敷設することにより高得点が得られます。ただ、最低位の線路以外はシベリア横断鉄道を延長しないと獲得できません。また、段階的にしか高得点が得られる良質な線路に回収することもできません。
列車を獲得:線路を敷設するだけでは得点することはできません。より遠くまで営業できる列車を得ることにより、そこまでに敷設された線路に対して得点が得られます。より長距離を走れる列車を獲得したいのですが、獲得できる列車は残っている列車で一番走行距離の短い物だけです。ゲームが進まないと長距離列車は獲得できません。なお、列車の獲得と同じ条件でその代りに工場を獲得することが出います。工場として獲得すると得点が得られる技術者の得点を伸ばすことができるのです。また、そのマーカーが向上を通過するとき、色々な特典が得られます。
技術者の獲得:これには労働者ではなくお金が必要です。獲得した技術者の能力は自分だけが利用できます。ただし、その能力を使うためには労働者が必要です。そのほか、ボード上にはそのラウンド能力が利用できる技術者が2人置かれています。ここに労働者を配置することによりその能力を利用できます。
次のラウンド1または2番手の手順を得る。ワーカープレイスメントなので早い手順は有利です。
それ以外に、おかけを得たりパートタイムの労働者を得たり、技術を向上させたり、路線の価値を上げたりする納涼区のマスがあります。
 ラウンドの最後に路線と技術から得点します。この2つの得点は、累積されて次のラウンドでは最低でもその得点得られます。
 ルールを読むとかなり複雑なシステム化と思われますが、プレイしてみると分かりやすいシステムだと気づきます。戦略がかなりの種類用意されているので、いろいろ試してみたくなります。

レビュー 7件

271
名が参考にしたレビュー
 by kanamatan

運の要素無し、実力100%の重量級ワーカープレイスメント。累積で入る豪快な加点方法が特徴。白線路によるド派手な得点があるシベリア鉄道、アドバンテージトークンを入手しやすく2倍点があるサンクトペテルブルク鉄道、安定したボーナス点による点数稼ぎが出来るキエフ鉄道の3路線と任意のボーナスを得られる工業地帯を上手く使って勝利を目指す。


個人的にお気に入りのワーカプレイスメントゲーム。手番の重みが凄いシビアなゲーム感と累積加点による大量得点のおかげで上達が強く実感できるのお気に入りポイント。


3年以上前(2017年05月15日 15時46分)
続きを読む
閉じる
221
名が参考にしたリプレイ
 by 大石

ラスト差しゲーのメインディッシュ。パッケージの赤い機関車がサンタっぽくてクリスマス的、と強引に解釈してみる。

インストには少し時間がかかった(しかも若干の誤解もあった)が、大石先手でゲームスタート。

とにかく黒を進めないと何も出来ない。二人用のボードでは黒線路を三つ進められる効率の良い場所は一つしかないので先手の大石がまずは順当に配置していく。黒が進んだ分灰色も追いかけられるので出しておいて、あまったワーカーは金や機関車の獲得に使用と、順調な滑り出しだったが、Rei Asanoが早速スタートプレイヤー権を奪取して2ラウンド目からイニシアティブはRei Asanoのものに。

開始ラウンドは手番順の問題で線路を取れなかったRei Asano。代わりに工場が大石よりも先へ進み、技術者の獲得等で1ラウンド目をしのいで迎えた2ラウンド目はやはり黒線路。続けて灰色を伸ばすところは前ラウンドの大石と変わらなかった。

大石は金を消費して無理やり黒を前進させると早くも茶色を動かし始めてウラジオストク路線で点を稼いでいく方向に移行する。+2タイルも獲得して2ラウンド目の集計までは技術者の効果でついた差はほとんどないようなものだった。

が、このラウンドあたりから技術者の確保と相手への妨害のためにRei Asanoが積極的に金のスペースを狙いに行き大石は金欠に陥る。そんな状態とは言えやりたいことはやれてるしと焦らない大石は手番順には執着せず手持ちのワーカーのみでアクションを選んでいく。ウラジオはまあまあの点になる茶色が機関車の限界一歩手前くらいまで進めてればいいかと真ん中くらいで止め、代わりに手っ取り早く点になるキエフルートが進み始める。

一方のRei Asanoは毎手番金を取りに行くおかげでワーカーの数が実質1.5倍くらいになっていたため、黒三つのスペースを大石に取られていても技術者等で進めていくことが出来、大石が積極的には手を出さない工場も進んでウラジオと工場の二本体制で点を得ていった。

4ラウンド目が終わるころには動き出していた肌色のおかげで100点近い点差がつき、大石が5ラウンド目でキエフに30点のルートを獲得しても時すでに遅し。黒が終点まで届いて白い線路が動き出すと大石Rei Asanoを止めるすべはなかった。

最終的には、

大石約270点

Rei Asano約370点

で、Rei Asanoの勝ち。

配置に制限のあるワーカープレイスメントで手番順を軽視してはいけない。点差の原因はこの一言に尽きる。

以下、個人的な感想とか

大石「何事もバランスよく伸ばしていく癖というかこだわりがあだになりました。二人だと走り始めた相手は自分が止めない限りどこまでも走り続けるので、一つの判断ミスが敗着につながり、正直しんどいです。まあワーカープレイスメントなんで人数増えたところでのびのびとは楽しめないんでしょうが、次は3、4人でやりたいですね。それからその際には特化型でやっていこうと肝に銘じておきます。

それにしても、こんなにスコアの平均値が高いゲームは初めてでした。これほど差がついてしまうと絶望でしかないですが、後半の得点インフレはちょっと爽快です」

4年弱前(2016年12月25日 11時35分)
続きを読む
閉じる
219
名が参考にしたレビュー
 by R@

★★★★☆ 3.75/5.0 プレイ回数1回

飯を払う必要が無いため、ストレス無く進められるワーカープレイスメント。

勝ち筋はいくつかあるものの、決して多すぎないため複雑になりすぎず、後半は結構サクサク進むところもポイントが高い。そして、毎ターン累積で点数が増えていくため、後半になると1ラウンドで100点くらい増えるようなインフレ感も気持ちがいい。標準点は300〜350点くらいだろうか。400点も全然いけるらしい。

初回だとインスト込み90〜120分くらいなので、経験者ならば60〜90分で終えられる。

もう何度かプレイして勝ち筋を探ってみたい。

4年弱前(2016年10月02日 20時07分)
続きを読む
閉じる
179
名が参考にしたレビュー
 by みなりん

線路を延ばす鉄道系ワーカープレイスメント。

人数によって6~7ラウンド行い、点数を競う。

点数は累積方式のため、序盤は5点とか10点しか入らないが、最終ラウンドでは100点以上入ることも。


『ファーストクラス』と同じ作者で、『ファーストクラス』の方が後に出ている。

今では非常に入手困難になっているが、どうしてもやりたくてプレミア価格で手に入れた。

事前に、「今やるならファーストクラス」とか、「勝ち筋が決まっていて、リプレイ性は低い」などと言った評判を目にしていた。

要素が多くて、勝ち筋も多そうだが、実際のところはどうだろうか。2回連続でやったので、結果の写真を掲載してみる。


【1回目:315点/1位】


【2回目:355点/2位】


1回目は工業を進めながら、シベリア鉄道で白い線路を得て、×2を使って高得点にする作戦にした。

2回目はキエフ鉄道からワーカーを手に入れつつ、早い段階から20点ずつ得点を稼ぎ、5マス目の20点も加えて40点にする作戦にした。


自分の中では全然別の作戦を取ったつもりだったが、2つの結果を並べてみると、そんなに違いがない。

シベリア鉄道は?が取れる13両、サンクトペテルブルクも?が取れる6両、工場の数も同じ3つ。

1回目2位だったプレイヤーは、工場をすべて埋め、2つ目の工業マーカーも使って戦ったが、300点行かなかった。

2回目1位だったプレイヤーは、自分の2回目とまったく同じ戦法で(正確には、自分がすべてにおいてそのプレイヤーの後塵を拝した)、400点近く稼いだ。

まだ2回しかやっていないので結論付けるには早いが、つまり大体この形に収束するのかもしれない。それがよく言われる「勝ち筋が決まっている」ということだろうか。

せっかく買ったし、まだまだやりたいとは思っているが、なるほど「今やるならファーストクラス」なのかもしれない。

5ヶ月前(2020年04月20日 21時21分)
続きを読む
閉じる
121
名が参考にしたルール/インスト
 by みなりん

細かいルールがたくさんあり、次にやる時に忘れそうなものをいくつか列挙する。


■選んだアクションは完全に実行しなくてはならない。

つまり、下のような場合、灰色の線路を2つ進めるアクションは選択できない。

ただし、2つ進めるアクションは別々の路線に分割できるので、他の路線で灰色を進められれば選択できる。


■空きスペースには、その色の線路(仮想コマ)が置かれている。

下の場合、スペース1~3は灰色、4~5は黒の線路が置かれている。

黒は1~5ではないことにも注意する。


■キエフ鉄道の追加勝利点は、スペースごとにもらえる。

下の場合、得点計算フェーズで10点もらえる。

逆に工業マーカーは置かれている場所の点数なので、5点になる。


■黒の労働者コマで黒の線路を進めた場合、+1スペース進めることができる。

どの線路でも進められるアクションの場合、黒の線路を進めたら+1スペース進めることができるが、黒以外の線路を進めた場合は、このボーナスは得られない。

なお、黒の労働者は?カードから手に入れることができる。


■手番順について。

ラウンドの最後、パスをした時に、プレイヤーは手番順カードを裏返して、手番順の勝利点2~4点を得る。

全員がパスし終えたら、手番順を再決定する。下の場合、青、黄色、緑になる。

さらに、手番順アクションスペースに置いた労働者は再利用できる。(実際にプレイ時にこのルールを完全に失念していた)

再利用は2スペース目のプレイヤーから順に行う。労働者コマをちょうど1つ必要するアクションスペースにのみ移動できる。一番下の線路の延長でもいい。移動させたら、対応するアクションを実行する。


■最終ラウンドは、手番順アクションスペースを置き換える。

地味に忘れる。


■機関車について。

機関車を更新する場合、元々あった機関車を他の場所に移動させられる。下の場合、例えば7の機関車をサンクトペテルブルク鉄道に置き、そこにあった6の機関車をキエフ鉄道に、さらにそこにあった4の機関車をシベリア鉄道に移動させられる。

ただし、機関車は空いている鉄道、もしくはより小さい機関車しか置き換えられない。下の場合、7の機関車でシベリア鉄道の2の機関車を更新したら、その2の機関車では他の機関車を更新できない。

余った機関車は、裏向きにして(工場にして)機関車ストックの横に置く。押し出された機関車をボードの下に差したくなるが、それはできない。


■ゲーム終了時の技師タイルの勝利点は、枚数が同じ場合は、番号がより大きい技師タイルを持っているプレイヤーが獲得する。

下の場合、2枚ずつだが、左のプレイヤーが12の技師タイルを持っているので、左のプレイヤーが勝利する。

5ヶ月前(2020年04月21日 21時29分)
続きを読む
閉じる
117
名が参考にしたリプレイ
 by R@

初回4人プレイ。シベリア鉄道を伸ばして白線路と×2タイルで稼ぐスタイル。350点くらいで2位。1位は380点くらいの工業プレイ、3位と4位は僅差だったがどちらも320点くらいだったと思う。

手探りだったけど、意外と点数伸びたかな。機関車の買い遅れと、?タイルの獲得が遅れたことが敗因だったかなー。工業プレイが一人しかいなかった点も、独走を許した要因。

アクションとしては、手番と黒線路、お金、ワーカーあたりが無難に強かった。

4年弱前(2016年10月02日 20時11分)
続きを読む
閉じる
111
名が参考にしたレビュー
 by maro

鉄道要素のワーカープレースメント。鉄道がテーマなだけに、線路を施設し、新たな列車を購入し、技術革新を行

い、新たな労働者や技術者を雇い入れ、勝利ポイントを獲得していきます。


ほぼすべてが公開要素のアブストラクトでありながら、意地の悪い部分はなく、相乗効果的に点数が入って

きます。ただしアクションスペースの争奪戦は激しいです。


技師タイルのめくりにゲームごとの変化はあるものの、基本的には毎回同じようなセッティングであるため

最適解があるのではないかということは以前からいわれていました。


3種類ある路線と産業化、付随してボーナスカード、技師タイル などが主な得点源であり、いくつかに

特化していく戦略が知られており、各所で議論されたりもしています。


私が初めて遊んだときは、よくわからないうちに大差で負けましたが、リプレイ欲は湧いていたのは覚えて

います。

得点の方法を考えたり、他の人のプレイをみながら試行錯誤するのが、まずは楽しいゲームです。

私もあまり高得点は取れませんが、しっかりした計画と、それに基づいた無駄を省いた行動、効率的な

アクションスペースの確保を、どれだけ遂行できるかにかかっていると思います。

って、ごく当たり前のことですね。

特にこのゲームは、ラウンドごとに入る勝利点が累積されていくので、、後半に爆発的な点数が入るようになっています。後半の大量得点を狙って、前半はしゃがみ続ける、なんてプレイも有効です。


オーソドックスでありながら、ありきたりではないワーカープレースメントを求めている方には

うってつけの逸品と思います。言語依存もありません。ちなみに、鉄道要素はあまり感じられませんでした。

5ヶ月前(2020年05月13日 13時22分)
続きを読む
閉じる
  • ¥ 7,800(税込)日本語マニュアル付き
    再入荷までお待ち下さい
    入荷通知を受け取る

    会員登録後、通知送信先を設定すると入荷通知を受け取れます

会員のマイボードゲーム情報
  • 112興味あり
  • 296経験あり
  • 86お気に入り
  • 175持ってる

チェックした商品