マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能各種投稿が可能になります。また投稿で商品購入時に利用できるポイントが貯まります(消費機能は開発中)。
フォロー・フォロワー「ボドとも」としてフォローしておくと、気になるユーザーや知人のアクティビティが通知されるようになります。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。
  • 2人~4人
  • 120分~180分
  • 14歳~
  • 2016年~

ルーンバウンド(第三版)日本語版ルールの誤訳

43
回表示されています
2018年08月26日 16時13分
エラッタ(マニュアルの不備)

日本語版ルールに誤訳があると思います。

 

ビギナーズ・ガイドp.6

(英語ルール)

Exerting

 Many special abilities require a hero to exert in order to use them. 

 To exert, discard1 skill card from your hand. 

 There is no limit to the number of times you can exert, other than the number of skill cards you have in your hand. Additionally, you can always exert to reroll 1 of your terrain dice.

 

(日本語版)

カードを供出する

  英雄の特殊能力の多くには「カードを供出する」という行動が記されています。

  この行動を実行する場合,手札から任意のスキルカードを1枚選んで捨てなければなりません。

  この行動は,特別に指定されていない限り,何度でも行ってかまいません(もちろん手札がある限りですが)。

  さらに,「カードを供出する」という行動を取ることによって,任意の地形ダイス1個を振りなおすことができます。

 

(修正案)

力を出す

  多くの特殊能力ではそれを使うために英雄が力を出さなければなりません。

  力を出すには,手札からスキルカードを1枚捨てます。

  力を出せる回数に制限はありません,自分の手札に持っているスキルカードの枚数まで出せます。

  追加として,いつでも,力を出して地形ダイス1個を振りなおすことができます。

 

(解説)

 日本語版の訳では,「カードを供出する」と書いてある場合に限ってカードを供出できるかのように読めます。さらに英雄の特殊能力と書いてあるので,英雄カードに記載されている英雄だけかと思ってしまいます。

 実際には,ビギナーズガイドp.6の「カードを供出する」のように,カードのどこにも書いてなくとも,カードを供出して地形ダイスの振り直しができます。また,p.10の「能力判定」のように,カードのどこにも(例として挙げられているマスター・ソーンの英雄カードにも)書いてなくとも,カードを供出してスキルカードを1枚引くことができます。

malts_yさんの掲示板をシェア

会員の新しい投稿

関連記事&スポンサーリンク