マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能各種投稿が可能になります。また投稿で商品購入時に利用できるポイントが貯まります(消費機能は開発中)。
フォロー・フォロワー「ボドとも」としてフォローしておくと、気になるユーザーや知人のアクティビティが通知されるようになります。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。
  • 3人~4人
  • 30分~45分
  • 8歳~
  • 2019年~

クスリのリスク池田ウラキチ🤫さんのルール/インスト

70
名に参考にされています
2019年11月09日 23時49分

各プレイヤーが「魔女」「素材」「剤形(クスリの形)」のカードそれぞれ4種ずつで12枚のカードの束、秘薬ストーン(VP)を6個、クスリを試飲する使い魔ダイス3個を持ちスタート。

ランダムに最初のラウンドの親プレイヤーを決め、決まった親プレイヤーは「どの魔女に」「どの素材を使って」「どの形のクスリを」作ってもらったかを手持ちのカードから1枚ずつ選びその3枚を自分の前に伏せて残りのカードと別にしておく。

相手プレイヤー達はそのラウンドで試飲させる使い魔ダイスを1個選び親プレイヤーがどのカードを伏せたかを自分のカード内から3枚選び順番に親に確認してもらう。

何枚正解かによってクスリの効果が変わり、試飲させるダイスにダメージをあたえる。

実は、素材は毒の素材で正解に近づくほどダメージが増えてしまう。

正解すると親が持っている秘薬ストーンを奪うことが出来る。

正解を当てるまでにターン制限があるが親もヒントを出していかなければならないので駆け引きも大事になる。

ラウンドが終了したら時計回りに親を交代していき全てのプレイヤーが2回ずつ親終了した時点でゲーム終了。秘薬ストーンを1番多く持っているプレイヤーが勝利。

しかし、途中で体力が無くなり脱落してしまった使い魔を獲得した秘薬ストーン使い回復させなければならずポイントのマイナスも発生します。

このラウンドは攻めてクスリを取りに行く!

脱落してしまうと後半がツラい…リスク回避で延命…など、押し引きの判断も大事になっていく!そんなゲームです。

0
名の会員がナイス!ボタンを押しました
  • ナイス!
池田ウラキチ🤫さんの投稿をシェア
マイボードゲーム登録者
  • 6興味あり
  • 0経験あり
  • 1お気に入り
  • 1持ってる
プレイ感の評価
運・確率1
戦略・判断力0
交渉・立ち回り0
心理戦・ブラフ1
攻防・戦闘0
アート・外見1
作品データ
タイトルクスリのリスク
原題・英題表記Risk of Drug
参加人数3人~4人(30分~45分)
対象年齢8歳から
発売時期2019年~
参考価格3,000円
クレジット
ゲームデザインウラキチ(Urakichi)
アートワークエモイラ(Emoira)
関連企業/団体レッド・アイ・ゲームズ(Red I Games)
データに関する報告
ログインするとフォームが表示されます

会員の新しい投稿