マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能各種投稿が可能になります。また投稿で商品購入時に利用できるポイントが貯まります(消費機能は開発中)。
フォロー・フォロワー「ボドとも」としてフォローしておくと、気になるユーザーや知人のアクティビティが通知されるようになります。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。
クーポン
プララーヤ:リバイズド・エディション
  • プララーヤ:リバイズド・エディション当商品
  • 参考画像
  • 参考画像
  • 参考画像
  • 参考画像
  • 参考画像
  • 参考画像

「参考画像」は会員が当サイトのデータベースにアップロードした画像です。

  • 2~5人
  • 15~30分
  • 10歳~
  • 2018年~

プララーヤ:リバイズド・エディション

1営業日以内に発送
日本語マニュアル付き
あなたは無事に島から脱出し、後世に名を残す事が出来るでしょうか
  • オオハシ(Y. Ohashi)作

 長らく品切していた「Pralaya」が装い新たにrevised editionとして再登場。

 沈みゆく島から出来る限り多くの叡智と生命を救う事が目的のカードゲームです。島にはまだ救いを待つ人や、残された財宝があります。しかし多く集めても島から持ち出せなければ海の藻屑になってしまいます。そしてそれはあなた自身も例外ではなく、脱出出来なければ命を失う事になるでしょう。多くを救いつつも脱出が可能な限界を見定めましょう。

 あなたは無事に島から脱出し、後世に名を残す事が出来るでしょうか。気軽に最高のスリルをお楽しみ下さい。

レビュー 4件

968
名が参考にしたレビュー
 by 有我悟(あるがさとる)@ドゥジャルダンに夢中

 旧版プララーヤ(旧版の拙レビューはこちら)との違いを列挙していきます。

・文字が大きくなり、格段に見やすくなりました(頑張った!えらい!)

・ドニ〔脱出用の船)の枚数が人数分だけ用意されるようになりました。また、船をゲットしたら即座に脱出となり、船を2度手に入れる必要は無くなりました。それに伴い、脱出のタイミングが計りにくくなりました。

・悪魔の像が単独だと1枚2点となりました。それに伴い、悪魔の像と悪魔の契約の効果が大幅に変更になり、大変ピーキーなバランスになりました。相対的に他のカードの得点が美味しくなくなったような気が……。(具体的には、悪魔の像の価値が、悪魔の契約カードが1枚だと×-3、2枚だと×9、3枚だと×-27、4枚だと×81となります。2枚でもかなり強い)

 安全プレイで一番最初に脱出するとお金カードを全部捨てるだけなので、お金さえ持っていなければとてもお得……と思いきや、よほどギリギリのプレイで無い限りは粘った方が強いゲームです。何時脱出するかのタイミングが、いつでも脱出できるという望みをちらつかされる分、旧作より粘りたくなる気がします。これは良改定!

 悪魔の像の得点が何度やっても極端に強いようだったらちょっと評価を考え直しますが、現状では良いバランス調整になっているように思います。

1年以上前(2018年12月02日 23時33分)
続きを読む
閉じる
268
名が参考にしたレビュー
 by ねこだ

短い時間で終わるため、何回プレイしても疲れないゲームです。

4人でのプレイを複数回、5人でのプレイを1度行いましたが、
得点計算回りの説明ぐらいで、時間を掛けずにプレイできます。

他プレイヤーが取得したカードを覚え、相手の得点が伸びないよう遺物の取得を行ったり、相手を意識した立ち回りも必要なのかなと思います

10ヶ月前(2019年10月27日 00時30分)
続きを読む
閉じる
188
名が参考にしたレビュー
 by 碧海吟遊@シーランド王国伯爵

取るかどうかを決めて取るだけなので、インストがとにかく短く済むのが長所です。

長くしようと思えば背景まで含め長く精密にもできますが・・・

最後の方になると船の値段が上がるので、脱出したくても船代の硬貨をひけず海の藻屑・・・とあることがあるのが良いところかな。

約1年前(2019年06月22日 02時21分)
続きを読む
閉じる
140
名が参考にしたレビュー
 by 007

王国に最後の刻(とき)が迫る

ストーリーは王国(島)が沈没していくなか、何を島から持ち出し後世に残すかギリギリまで粘り自身も島からの脱出をはかるといったものです。島の沈没をテーマにしたボードゲームはアイランドなど多数存在しますが、そのテーマはアドベンチャーに重きを置いた爽快ものがほとんどです。しかしこのゲームには爽快感ではなく儚さがあり、差別化がはかられていると思います。


ざっくりルール紹介

・手番ごとに場に並べられた遺物カードを獲得し勝利点を稼ぎます。獲得し空きスペースとなった箇所には山札からカードを捲り配置します。山札は主に遺物カードと海カードで構成され、遺物カードが捲られた場合は問題ありませんが、海カードが捲られることは王国の沈没が一歩進んだことを意味し、最終的にすべて海カードになってしまう前に脱出を目指すゲームです。


おすすめポイント

・約10分で終了する軽量さ:山札からどれだけ海カードが捲られるかにもよりますが、10ほどで決着をつけることが出来ます。ゲームとゲームの隙間時間などいつでも手軽に遊ぶことが出来ます。

・プレイ人数ごとに最適なカード配分が設定されている:2~5人まで人数ごとに使用するカードの枚数や場に並べるカード枚数に調整されています。


気になったポイント

・ゲーム終了後には貨幣カードや海カードがそれぞれ固まっており、次回プレイ前には両カードが山札に均等に分配されるように混ぜる必要があります。なので普通のシャッフルだけではカードが偏ってしまい、ゲームが成り立たなくなります。解決法としてはカードを積み山札とするのではなく、カードを机に置いてぐしゃぐしゃに混ぜたものからプレイヤーごとに好きな箇所から引いていくのが良いでしょう。


総評

・コンパクトなボックスに美麗なアートワークのカードが詰まっていて、短時間に王国の最後の刻を追体験出来るゲームに仕上がっています。丁寧にシャッフルして楽しみましょう。

4ヶ月前(2020年04月17日 23時03分)
続きを読む
閉じる
  • ¥ 2,750(税込)日本語マニュアル付き
会員のマイボードゲーム情報
  • 65興味あり
  • 152経験あり
  • 53お気に入り
  • 196持ってる

チェックした商品