マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能各種投稿が可能になります。また投稿で商品購入時に利用できるポイントが貯まります(消費機能は開発中)。
フォロー・フォロワー「ボドとも」としてフォローしておくと、気になるユーザーや知人のアクティビティが通知されるようになります。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。

ポルタ・ニグラPorta Nigra

クラマートラック30周年。円形クラマートラックの中に、帝政ローマの世界遺産を建てよう。資源はレンガのみ!

ポルタニグラが現れた2015年は、クラマートラックが生まれてから約30年。
初めての原型は、アンダーカバーとされています。

ラベンズバーガーのドイツゲームが大量に日本にやって来たこの頃、
スコットランドヤードが、協力型非対称型の原型、
メトロポリス(アクワイアの作者)が、ビッグシティ等立体建築型の原型、
そしてアンダーカバーが、秘匿型そしてVPトラックの原型
と言われています。

このポルタニグラは、カッラーラの宮殿のように、資源を一本化し、建築だけで争うゲームです。カッラーラの宮殿がやや単調だったのに対し、ポルタニグラでは、セットコレクションのメカニクスを進化させ、戦略の多様化に成功しています。ポルタニグラという世界遺産地区の4つの建物を、どのような順番で建てていけばよいのか、単純なだけに、手腕が問われます。

古代のアウグスタ・トレヴェロールムで壮大な建物の建設を監督し、勝利点を獲得していくボードゲーム。遊ぶ人数によって異なる規定ラウンドが終了したら、ゲーム終了です。ゲーム終了時に、獲得した得点が一番多い人の勝利です。

上記文章の執筆にご協力くださった方
  1. 荏原町将棋センター荏原町将棋センター
  2. オグランド(Oguland)オグランド(Oguland)
マイボードゲーム登録者
  • 58興味あり
  • 119経験あり
  • 31お気に入り
  • 90持ってる
プレイ感の評価
運・確率0
戦略・判断力8
交渉・立ち回り3
心理戦・ブラフ2
攻防・戦闘1
アート・外見3
作品データ
タイトルポルタ・ニグラ
原題・英題表記Porta Nigra
参加人数2人~4人(75分~120分)
対象年齢12歳から
発売時期2015年~
参考価格8,500円
データに関する報告
ログインするとフォームが表示されます

レビュー 4件

  • 83
    名に参考にされています
    投稿日:2020年09月20日 10時39分

    ボードゲームを1,000個以上持っているユーザー視点で良かった点と悪かった点の両面から紹介します!ポルタ・ニグラは、立体に積みあがっていくレンガの様子が見た目も楽しい面白いボードゲームです!内容は非常に戦略的で、限られたアクション数のなか何を実行していくか考えさせられます。話題にあがってはいませんでしたが、いいゲームです!どうしたら勝利点をよりうまく稼げるのか分かりにくいという点が気になるところでしょうか・・・ 好き度(Like)▶4pt.≪★★★★≫おすすめ度(Recommended)▶4pt.≪★★★★≫子どもと度(Withkids)▶1pt.≪★≫ポルタ・ニグラの簡単なゲームの流れ...

    オグランド(Oguland)さんの「ポルタ・ニグラ」のレビュー
  • 102
    名に参考にされています
    投稿日:2020年08月16日 01時08分

    ボードの外周の勝利点の輪をクラマートラックと言いますが、一番最初はアンカバでした。私がドイツゲームと出会ったのも、スコットランドヤード、うさかめ、アンカバなど、ほぼ同時期に買ったときです。当時、例のフジテレビのラベンズバーガー番組の影響なのか、都内でドイツゲームが流行り出し、沢山のラベンズバーガーが輸入されて来ました。アンカバは、鋭い友人達と遊んでいたので、結構みんな自分の色を隠し切れなくて、散々遊んでいるうちに盛り上がらなくなりました。クラマーがトラックを外側に配置したのは当然で、アンカバは内側に駒の動くトラックがあるゲームだからです。私は、みんなアンカバに飽きていたので、このトラック...

    荏原町将棋センターさんの「ポルタ・ニグラ」のレビュー
  • 148
    名に参考にされています
    投稿日:2019年09月09日 11時01分

    ローマ帝国の建築士となって各地に建物を建てていくエリアマジョリティーのゲームです。手番には1枚のカードを出し、そこに描かれたアクションからいくつかを選択して実行します。 建築を行なった際に得点カードを獲得出来ることがあり、これらがセットコレクションとなっています。エリアを押さえつつ、得点カードのセットコレクションを狙っていくことで高得点を狙いましょう。建物がたくさん建った盤面はとてもお洒落です。

    あまとうさんの「ポルタ・ニグラ」のレビュー
  • 92
    名に参考にされています
    投稿日:2017年02月20日 11時39分

    大クラマーとキースリングのエリアマジョリティ。四つのエリアで同時にマジョリティを争いつつ、カードのセットコレクションをも競う。行動は変則的なアクションポイント制である。充実感のあるゲームだが、何よりも他人とのインタラクションが強い。場の流れを読み切り、他人を誘導しつつマルチの激流を泳ぎ切った者が勝つ。こうした、その場だけで駆け引きが展開してゆくタイプのドイツゲームは近年少なくなった。個人的には歓迎だが、事前研究が好きなタイプのゲーマーにはあまり求められないタイプなのではなかろうか。お膳コマが扱いづらく、白レンガの補充の際に、周囲のお膳を崩さない慎重さが求められるところはいただけない。

    moonwing-mothさんの「ポルタ・ニグラ」のレビュー

リプレイ 0件

投稿を募集しています

戦略やコツ 1件

ルール/インスト 0件

投稿を募集しています

掲示板 0件

投稿を募集しています

会員の新しい投稿