マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能投稿した記事が読まれるたびに、通販でお得に商品を購入できるボドクーポンをGET! ハードル低めです。
コミュニティ機能専用掲示板・ボードゲームリストの合体機能が便利!公開コミュニティ、秘密のコミュニティ、設定も豊富。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。
  • 1人~4人
  • 30分~60分
  • 6歳~
  • 2022年~

マイリトル エバーデールいかっぱさんのレビュー

315名
3名
0
約1ヶ月前

6歳息子と8歳娘と遊びました。

魅力的な渓谷で動物たちが街を広げていくゲームです。
もともとは、エバーデールという10歳から向けのゲーム。
そんなエバーデールの世界観そのままに、小さい子も遊べるようになったゲームが、こちらマイリトル エバーデールです。

可愛らしく美しいイラストはそのままに、言語依存がほとんどなくなり、簡略化されました。 

中央の共通ボードには、果実、樹液、枝と4種類のパレードタイルを置きます。
ボードの下には、カードを表にして8枚並べ、残りは伏せて山札にします。
資材ダイスは遊ぶ人数と同じ数を使用します。
共通ボードの左端の緑マークの上に月タイルを置きます。

各プレイヤーは、おうちタイル1枚とともだちコマ3個を受け取ります。

スタートプレイヤーは資材ダイスを振り、出た目を向けて、資材ダイスマスに置きます。

スタートプレイヤーから順に手番を行います。
手番では、ともだちコマ1個を共通ボードのマスに置き、そこに描かれた資材をもらいます。
資材ダイスのマスには、コマは1個しか置けませんが、資材のマスには何個でも置くことができます。

手元にある資材でプレイできるカードが、場にあればプレイをします。
このとき、プレイできるカードの数は1手番で1枚だけです。

カードには5種類の色があります。
緑:プレイされるとすぐに発動します。その後も、各ラウンドの最初に1回発動します。
青:書かれている条件を満たすたびに発動します。(カードプレイ時など)
茶:プレイされるとすぐに発動します。以降はもう発動しません。
赤:描かれているマスにともだちを置くと発動します。
紫:ゲームが終わった後で発動します。 

全員が3つのともだちコマを配置し、カードをプレイしたら、ラウンド終了です。

各自、ともだちコマを回収して、月タイルを1つ右にずらします。
スタートプレイヤーは右隣りへ移動します。
スタートプレイヤーは再度、資材ダイスをふり、資材ダイスマスへ置きます。

パレードには以下の4種類があります。

・場所カードを5枚獲得
・動物カードを5枚獲得
・5色のカードを1枚ずつ獲得
・同じ色(緑は除く)のカードを3枚獲得

最初に達成した人が得点が高く、徐々に得点がさがります。(各種4枚)

ラウンドを4回行うとゲーム終了です。

紫色カードのボーナス点、自分が持つカードの右上、パレードの右上、ポイントトークンに書かれたすべてのポイントを足し合わせます。
余った資材は、種類に関係なく、戻した資材2個につき、1ポイント獲得します。
合計が最も高かった人の勝ちです!

 
手番でやることは単純なので、6歳にもすんなりと理解できました。
欲しいものの所に自分のおともだち(ワーカー)を置いて、もらうだけです。
手元にある資材で手に入るカードがあれば、1枚プレイできます。

言語依存はかなり少なくなってはいるものの、遊ぶときは都度説明が必要です。
アイコンで表示されているとはいえ、それだけで想像するのは難しいです。

手番ですることは単純なのですが、カードの処理が難しいです。
カードが増えていくと、プレイ前に確認することも増えていきます。 

何度か遊んでも処理漏れがでてきてしまいました。

小さい子と遊ぶとき用のルールはあるのですが、スタート時に資材をもっていたり、ラウンド開始時に資材が手に入るカード(キャプテン、基地)を持っていたりといったものです。
有利にはなりますが、カード処理の難易度は変わらないです。 

カード処理は確かに少し難しいのですが、より難しい街コロとかは、喜んで遊ぶし、どんどん覚えていきます。
このゲームでは、カード処理以前に楽しさがわからないようです。

勝利条件はプレイしたカードの総得点になるのですが、子供では都度計算はできないので、4ラウンド終わってみて、計算したら勝敗がわかるといったように感じます。 

街コロもカードを買うだけのゲームですが、コインはどんどん増えていくし、ランドマークも建設できます。
目に見えるゴールがあるほうが、子供にはわかりやすく、うけが良さそうです。

子供に人気で遊びやすいゲームだと思ったのですが、我が家的には難易度高めでした。 

予想外に子供とは遊びにくかったのですが、こちらソロルールもあります。

これは楽しい!!
エバーデール最弱の私でも勝てた~。(一番簡単モード)

違うカードでも効果が同じものもあるし、本家エバーデールよりはコンボも単純ではありますが、手札がないので、場に出るカードだけでも毎回違うし、何度も遊んでも楽しいです。

本家ではシビアすぎて、、、という人向けのゲームで、低年齢向けではないような気がします。
ということで、大人でも十分楽しめますよ。

私が感じた本家との違いは、以下の通りです。(カード内容は除く)
・手札がない
・石がない
・手番数はみんな一緒(手番で配置できるワーカーは1個だけ)
・どのラウンド(季節)も手番は3回
・プレイできるカードの枚数は、1手番1枚のみ(つまりゲーム終了時、最大12枚)
・緑カードは、ラウンドが変わるたびに資材がもらえる
・パレードの種類は常に同じ4種類(達成順に点数が異なる)

エバーデール大好き!!!って言う人には、本家でしか使えない幼稚園プロモパックが入っております。

私にとっては、もうエバーデールはこれでいいかも。 

より詳しくは、こちらに記載しました。

 

この投稿に3名がナイス!しました
ナイス!
じむや
nose
レモネード
マイリトル エバーデール 日本語版
マイリトル エバーデール 日本語版の通販
大人気シリーズにキッズバージョンが登場!
残り1点
1~2営業日以内に発送
日本語ルール付き/日本語版
セール中
¥5,940(税込)
¥ 6,600(税込)
10%オフ(¥ 660
セール期限まであと6日
仙人
いかっぱ
いかっぱ
シェアする
  • 93興味あり
  • 121経験あり
  • 36お気に入り
  • 149持ってる
ログイン/会員登録でコメント
ログインする

いかっぱさんの投稿

会員の新しい投稿