マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能各種投稿が可能になります。また投稿で商品購入時に利用できるポイントが貯まります(消費機能は開発中)。
フォロー・フォロワー「ボドとも」としてフォローしておくと、気になるユーザーや知人のアクティビティが通知されるようになります。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。
  • 7人~9人
  • 120分前後
  • 15歳~
  • 2019年~

九頭竜館の殺人Sigma Siumaさんのレビュー

501
名に参考にされています
2020年01月09日 07時48分

TRPGの老舗メーカー グループSNEが作成した、7~9人用のマーダーミステリーですが、9人プレイが推奨です。


近代日本の田舎町の名家にて、上流階級で流行っている降霊会を開催した後、「魔女の血を引く」と自称している霊能者が、何者かに殺されました。

容疑者は、館の「当主」、当主が実の娘のように可愛がっている「養女」、当主の妹「夫妻/妻」、妻の夫「夫妻/夫」、当主に雇われている「運転手」、降霊会を取材に来た「記者」、当主の友人である「画家」、民俗学と考古学の専門家「教授」、そして、「霊能者の助手」の9人。


設定書が厚紙で作られており、また秘密情報は見開き1枚でまとめられている為、密談する際も秘密裡に参照しやすく出来ています。


ただ、見開き1枚でまとめた結果、本来、その人物が知っていなければならない事実まで省略されている部分があり、少し設定書の説明を補った方がいいのでは、と感じます。

マーダーミステリーなので、詳細は書きませんが、「当主」は、あるカードの内容は追加で知っていてもいいし(設定書に書かれてはいますが、カード化されていることまで知っておいた方がいい)、あるアイテムの作成者は知っていてもいい(相手の設定書に書かれているのに、一方が知らないのは、無駄な駆け引きが必要になる)と考えます。

また、犯人の偽装工作も工夫されている為、9人というプレイヤー人数もあり、犯人を拘束するのは困難でしょう。

とはいえ、犯人を捕らえることだけが、マーダーミステリーの醍醐味ではありませんので、これらは気にするほどのことではないかもしれません。


なお、タイトルを見れば「クトゥルフ神話」を連想する方もいるかもしれませんが、ホラーもの、あるいは、パニックものの要素があります。

また、性的な描写、アンモラルな描写もある為、15歳以上とありますが、R-15と表現した方がいいかもしれません。


いくつか問題点も提示しましたが、総じてGMなしでプレイしても支障はなく、マーダーミステリーの最初の一作目としてプレイするのも、おススメです。 

2
名の会員がナイス!ボタンを押しました
  • ナイス!
  • のらぽん
  • 四十万五十六
九頭竜館の殺人
九頭竜館の殺人の通販
グルームSNE / cosaic のマーダーミステリー企画、始動!
1営業日以内に発送
日本語マニュアル付き
¥ 3,520(税込)
Sigma Siumaさんの投稿をシェア
マイボードゲーム登録者
  • 60興味あり
  • 100経験あり
  • 21お気に入り
  • 94持ってる
プレイ感の評価
運・確率0
戦略・判断力2
交渉・立ち回り3
心理戦・ブラフ3
攻防・戦闘0
アート・外見0
作品データ
タイトル九頭竜館の殺人
原題・英題表記The Murder at Cthulhu Manor
参加人数7人~9人(120分前後)
対象年齢15歳から
発売時期2019年~
参考価格3,200円
クレジット
ゲームデザイン秋口 ぎぐる(Giguru Akiguchi)
アートワークタンサン(TANSAN)
関連企業/団体グループSNE(Group SNE)
データに関する報告
ログインするとフォームが表示されます

Sigma Siumaさんの投稿

会員の新しい投稿