マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能投稿した記事が読まれるたびに、通販でお得に商品を購入できるボドクーポンをGET! ハードル低めです。
コミュニティ機能専用掲示板・ボードゲームリストの合体機能が便利!公開コミュニティ、秘密のコミュニティ、設定も豊富。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。
  • 1人~4人
  • 30分~45分
  • 14歳~
  • 2019年~
160名 が参考
1名 がナイス
約1ヶ月前

二人プレイ時の感想を書きます。

本作は「ロレンツォ・イル・マニーフィコ」と世界観を共有した作品となっており、一部のコンポーネントに同作で見かけたグラフィックやコマがありますが、単体で問題なく遊べます。

3×4列に並んだ資材を表す球体の並びから資材を得て、4×3列に並んだカードを買い、そのカードの効果で別の資材に変換するなどしながら、より高い得点のカードを買っていく資材変換ゲームとなっています。

まず目を引くのが特徴的な球体の列です。球体は白、青、紫、黄、灰、赤があり、それぞれが特定の資材の種類を表しています(白はブランク)。手番ではこの3×4の並びから縦横いずれかの一列を選び、該当する資材を全て取り個人ボードの倉庫に入れます。

倉庫は資材を1/2/3個だけ入れられる三段棚になっており、色は別でなければなりません。したがってたくさん所持したくても、多くて3個、資材は4種類なので1種類は棚が空くまで1個も持つことができません。

更に列から取りすぎてしまった分は相手の得点に繋がってしまうため、「欲しい資材は必要最低限を守り、要らないものは極力取らない」マネジメントが必要になります。

こうして資材を得たら、別の手番でカードを買うアクションを行います。

カードは1〜4のレベルで4色あり、1から重ねるように取得し最大で三列のカード列を個人ボードに並べることが出来ます。

カードには勝利点の他、特定の資材を別の資材に変換する生産アクションが表記されています。

別の手番に生産アクションを実行することで、これらのカードで資材を変換し、今度はストックが無限の倉庫に保管できます。

こうして三つのアクションから一つを選択して実行する手番を繰り返し、規定のカード数を誰かが取得するとゲームは終了へ向かいます。

ここまでのリソース変換系のゲームの仕組みは、最近のボードゲームではそれ程珍しくもないメカニクスですが、やってみると「取り過ぎが良くない」というルールが意外にもシビアで、球体の並びから理想の列を見つけ出す過程は単純ながらなかなかやり応えがあります。

そして「ロレンツォ・イル・マニーフィコらしいメカニクス」として、「信仰点」の管理があります。

信仰点は赤の球体を取得したり、特定の生産アクションで得ることが出来ます。

信仰点は誰かがチェックポイントに到達すると全員が現在の信仰点をチェックし、規定点数に達していなければ事実上の失点となります。

ゲーム終了時にも所持信仰点によって大きな勝利点となるため、他のプレイヤーの信仰点を警戒しながら進めるインタラクションが生まれます。

後は特定のカード枚数などの条件を満たすと追加の効果が得られる「人物カード」があります。


ざっとこれだけで説明が終わる、本家ロレンツォからするとかなりあっさりとしたルールとなっています。

シンプルなルールながら、球体の列を選ぶ悩ましさだけでなく、資材を取った後に余分な球を押し込んで配置を変えるギミックなんかはアナログゲームらしい面白さがあったり、カード購入の順番や早取りに難しさがあったり…と、ひとつひとつのセクションに洗練されたボドゲらしいキーポイントがあって、手番を追うごとに勝手に脳内の回転が早まって行くような没入感が演出され素晴らしいです。「リソースこねくり回す系」をお求めなら間違いなくハマります。

思考は重ためにフル回転するんですが、二人プレイで終わってみると40分弱。

泥でぬかるんだ道を駆け抜ける短距離走のような、爽快で絶妙なバランス感覚はさすがユーロゲームだなぁという感じです。

1時間弱で終わる重ため中量級といった所なので、割と気楽に始められると思います。


コンポーネントはやはり独特な雰囲気の球体の集まりがアナログっぽくて面白いのと、全体的に古くさくて渋いアートワークがアンティーク感あってオシャレなイメージです。

資材の木駒は付属のトレーに入れるだけなので、余分なアイテム入れを使わなくていいのも親切ですね。


「かっこいいボドゲあんだけど…」みたいな出し方で、インストもプレイ時間も短めでハマりやすい要素が多いので、中量級にある程度慣れたプレイヤーなら相当とっつきやすいと思います。

中量級で遊びやすいゲームを探していたら、選んでみてください。

この投稿に1名がナイス!しました
ナイス!
18toya
マスター・オブ・ルネッサンス
マスター・オブ・ルネッサンスの通販
得たいのは名声と信仰心。そのためには色々な物が必要になる
残り2点
1~2営業日以内に発送
日本語マニュアル付き
¥ 5,720(税込)
仙人
winterkoninkske
winterkoninkske
シェアする
マイボードゲーム登録者
  • 109興味あり
  • 458経験あり
  • 102お気に入り
  • 282持ってる
プレイ感の評価
運・確率2
戦略・判断力16
交渉・立ち回り0
心理戦・ブラフ4
攻防・戦闘0
アート・外見8
作品データ
タイトルマスター・オブ・ルネッサンス:ロレンツォ・イル・マニーフィコ-ザ・カードゲーム
原題・英題表記Masters of Renaissance: Lorenzo Il Magnifico – The Card Game
参加人数1人~4人(30分~45分)
対象年齢14歳から
発売時期2019年~
参考価格未登録
データに関する報告
ログインするとフォームが表示されます

winterkoninkskeさんの投稿

会員の新しい投稿