マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能各種投稿が可能になります。また投稿で商品購入時に利用できるポイントが貯まります(消費機能は開発中)。
フォロー・フォロワー「ボドとも」としてフォローしておくと、気になるユーザーや知人のアクティビティが通知されるようになります。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。
  • 1人~5人
  • 45分~90分
  • 10歳~
  • 2018年~

ロックアップ:ア・ロールプレイヤー・テイルあっきぃらびっとさんのレビュー

137
名に参考にされています
2020年09月15日 21時25分

ボードゲーム『ロールプレイヤー』の世界を舞台に、プレイヤーは、囚われたモンスターの一団を担当し、刑務所内で最も強力な一団となることを目指します。なぜなら、最も強力な一団はコロシアムに出場し自由になるチャンスがあるのです。


ゲームは、各プレイヤーが、数字の描かれたモンスタータイルをボード上の7ヵ所のエリアに配置し、それを解決することで進んでいきます。7ヵ所のエリアにはそれぞれ効果があり、その恩恵を得られるのは他プレイヤーが置いたタイルと比べて数字の強い順なのです。


ただし各所で1位になればいいというわけではありません。1位には疑惑キューブが与えられることがあり、疑惑が多い者は衛兵の巡回時にマイナス点が!


資源を得てアイテムを作ったり、構成員を増やしたり、学術書を手に入れたり、刑務所の中はモンスター同士の静かな争いで大忙し!6ラウンド後に勝利点が高いプレイヤーの勝利となります。


疑惑キューブを受け取らない効果のタイルがあったり、タイル配置の際には、7枚中2枚は裏向きに配置するので、他プレイヤーさんの伏せられたタイル数字が読めるような読めないような。


プレイ初めは、面白さがわからなかったのですが中盤、タイル配置の駆け引きがわかってからは楽しくプレイできました。


実際に遊んでいる様子は、こちらのブログ記事をぜひご覧くださいませ~

1
名の会員がナイス!ボタンを押しました
  • ナイス!
  • 山本 右近
あっきぃらびっとさんの投稿をシェア
マイボードゲーム登録者
  • 6興味あり
  • 1経験あり
  • 0お気に入り
  • 2持ってる
テーマ/フレーバー
プレイ感の評価
運・確率0
戦略・判断力0
交渉・立ち回り0
心理戦・ブラフ0
攻防・戦闘0
アート・外見0
作品データ
タイトルロックアップ:ア・ロールプレイヤー・テイル
原題・英題表記Lockup: A Roll Player Tale
参加人数1人~5人(45分~90分)
対象年齢10歳から
発売時期2018年~
参考価格未登録
データに関する報告
ログインするとフォームが表示されます

会員の新しい投稿