マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能投稿した記事が読まれるたびに、通販でお得に商品を購入できるボドクーポンをGET! ハードル低めです。
コミュニティ機能専用掲示板・ボードゲームリストの合体機能が便利!公開コミュニティ、秘密のコミュニティ、設定も豊富。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。
  • 2人~5人
  • 60分前後
  • 10歳~
  • 2011年~

ランカスターmalts_yさんのルール/インスト

49名 が参考
0名 がナイス
約2ヶ月前

ランカスター・インスト

 上から読むだけでインストになります。

 5人用で説明します。[ ]は人数による部分。2人用特別ルールについては説明しません。

■0 箱を開けたらシール貼り

 ・スタートプレイヤー・マーカー(オレンジの木製。台形)の表裏に人物のシールを貼る。あと2枚は予備。

 ・プレイヤー・カラー(青・緑・黄・赤・紫)の騎士コマ(正方形で木製)に薄い方から1(3個),2(2個),3(1個),4(1個)のシールを貼る。この数値は兵力を表す。1人分7個×5人分。他のシールは予備。

■1 準備:メインボード

 ・貴族タイル(正方形の紙製)をA~Iに分類し,人の顔が見える面を上にして,メインボードのA~Iの各州の人物のシルエットのマスに4枚ずつ[4人用は3枚,2,3人用は2枚]置きます。

 ・王の恩恵タイル(紙製。青の八角形)6枚をメインボード下方の濃い青のマスに表向きで置きます。

 ・紛争カード(裏面に剣がクロスしている)14枚には表面の紋章の中に2~10の数字があります。これは敵の兵力を表します。この数字がない2枚は予備です。予備を除いた12枚からさらに2枚を除外します。5人用では2と3 [2,4人用は2と10,3人用は9と10] を除外します。10枚をシャッフルして,メインボード下方の剣のマークのスペースのうち剣が横倒しになっているところに伏せて置き山札とします。山札のトップから2枚引いて,メインボード右下の紛争エリアの上段に1枚ずつ表向きに置きます。

 ・メインボードにある旗は赤(ライオン)がイングランド,青がフランスです。紛争エリアは海を渡ったフランス側に描かれています。メインボード左上の旗は赤と青を組み合わせたイングランド王の紋章です。

 ・メインボードの周囲は権力点トラックです。この0点のところにプレイヤー・マーカー(木の円柱)を置きます。

■2 準備:議会ボード

 ・法律カード(裏面に封蝋と数字)を裏面の0~4の数字で分類します。

 ・0のカード3枚を表向きに議会ボード上段の3つのマスに左から右に1枚ずつ表向きに置きます。この3つが現在の法律です。

 ・残りの1~4のカードで山札を作ります。4のカードを裏向きで重ね,その上に3のカード,2,1の順に重ねて山札とし,議会ボードの中段の右の封蝋マークに重ねておきます。

 ・山札のトップから3枚引いて,議会ボードの下段の1,2,3のところに左から右へ表向きに置きます。これは次の法案です。

■3 準備:城ボード(プレイヤー・ボード)

 ・左下の4マスを中庭と言います。

 ・そのうち2つには兵力1の騎士コマ(騎士コマは正方形)と兵力2の騎士コマを1枚ずつ置きます。

 ・残った5枚はメインボードの騎士のマークのところ(ストック)に置きます。ストック5か所にマスが4つずつあり,5人のプレイヤーが兵力1~4の騎士を置いておきます。

 ・中庭の上方に投票マーカー(木の立方体)1個を置きます。

 ・自分の色の拡張タイル(細長い紙製)6枚をボードの右端に置きます。

 ・城の形の衝立の内側に投票タイル(✓と×)を置きます。これは法案に賛成と反対を表します。

 ・衝立のうち内側にコイン2,従者(人の形,木製)2を置きます。

 ・拡張タイル6枚(縦長の紙タイル)をボード右端に裏向きに置きます。

■4 準備:ストック・ボード

 コイン,従者コマ,投票マーカーの残りを置きます。

■5 はじめに

 1413年ヘンリー5世は26歳でランカスター朝イングランド王となり,イングランド統一とフランスとの百年戦争の勝利をめざしました。プレイヤーは領主となり,若き王の最も強力な同盟者になることをめざします。そのために騎士団を育て,イングランドの各州やフランスとの紛争に配置します。また自分の利益となるように法律を制定します。ゲーム終了時,最も多くの権力点を得たプレイヤーが勝利します。

■6 メインボードの説明

 ・州が9つあります。A:ノーサンバーランド,B:スタッフォード,C:ヨーク,D:グロスター,E:ベッドフォード,F:サフォーク,G:サマーセット,H:ドーセット,I:サリー。

 ・地理的なつながりはありません。

 ・州名の左にある数字1~4はその州に必要な最低限の兵力です。

■7 ゲームの流れ

 城ボードにローマ数字で書かれています。

 1つのラウンドでは

  フェイズ1:Ⅰ 騎士の配置

  フェイズ2:Ⅱ 議会

  フェイズ3:Ⅲ 州の報奨

        Ⅳ 城の報酬 

        Ⅴ 紛争の報酬

 を行います。これを5ラウンド行います。

5ラウンドのあとに最終得点計算があります。

■8 スタートプレイヤーを決める

  スタートプレイヤーはスタートプレイヤー・マーカー(オレンジ色の台形)を自分の前に置きます。

■9 拡張タイルを1枚置く

 ・自分の城の右にある6枚の拡張タイルから1枚を選んで左側の同じアイコンのところに置きます。

 ・この意味はすぐあとで説明します。

■10 城の下方のアイコンと拡張タイルの意味

 左から順に説明します。

  1.従者コマ3個をストックに戻し,兵力1の騎士をストックから取って自分の城の中庭に置きます。

  2.コイン2を得ます。

  3.コイン1と従者1を得ます。

  4.従者2を得ます。

  5.投票マーカー2を得ます。

  6.従者2を支払って任意の騎士コマの兵力を1上げます。騎士コマ1個を,ストックにある兵力が1つ上の騎士コマと交換します。該当する騎士コマがない場合はできません。任意のとは,中庭にいる騎士でも既に配置した騎士でもよいということです。

■11 拡張タイルを置く意義

 ・先ほど説明した6つの効果(報奨)を得るためには,通常はその下方の騎士マスに騎士を配置しなければなりません。しかも報奨を得ると騎士コマは中庭に戻されます。

 ・ところが,そこに拡張タイルが重ねて置いてある場合は,騎士コマを置かなくても報奨が得られます。報奨を得ても拡張タイルはその場にとどまり,ラウンドの終わりにもなくなりません。

---

■12 フェイズ1:騎士の配置

 〇 騎士を1個配置

  ・スタートプレイヤーがプレイヤー・ボードの中庭にいる騎士コマ1個をゲームボード上のどこかの騎士マスに配置します。

  ・時計回りに次のプレイヤーが1個配置し,それを全員の騎士が中庭からいなくなるまで続けます。

 〇 騎士を配置する場所

  ・次の3つのどこかです。

    1.メインボードの州の城の絵の中の正方形の枠。置き場所は1枠です。

    2.メインボードの右下の紛争エリアの正方形の枠。各紛争について3枠あります。

    3.プレイヤー・ボード(自分の城)の下辺の6つの正方形の枠

    順番に説明します。

■13 騎士をメインボードの州に置く

  ・配置する騎士コマの兵力(1~4)はその州の最低兵力以上でなければなりません。

  ・騎士コマとともに従者コマ(人の形)を何個でも一緒に置くことができます。従者1人は兵力1になります。ただし,州の最低兵力には数えません。

  ・マスが空いているときは,そこに騎士を配置します。

  ・マスに他のプレイヤーの騎士がいるときは,相手の騎士+従者より,自分が置く騎士+従者の兵力の方が大きければ,相手の騎士と従者を追い出して自分のを置きます。

  ・追い出された騎士はプレイヤーの中庭に戻ります。従者は共通のストックに返されます。

  ・州に置いた騎士コマによる報奨はフェイズ3:報奨のときに得られます。

■14 騎士を紛争エリアに置く

 ・紛争とはフランスとの紛争のことです。

 ・最初は2枚の紛争カードが置かれています。そのどちらかを選び,隣の3つの騎士マスの空きマスのうちいちばん上のマスに騎士コマを置きます。各プレイヤーは3つのマスのうち1つだけを占有することができます。

 ・1人のプレイヤーは複数の紛争に参加することができます。

 ・すでに自分が参加している紛争に騎士コマを重ねることで兵力を増やすことができます。

 ・紛争の解決はフェイズ3:報奨で行います。

■15 紛争の即時報奨:国王の恩恵

 ・紛争に騎士コマを置くとただちに国王の恩恵が得られます。紛争エリアの左にある6枚の恩恵タイルから1枚を選び,その恩恵を得ます。

 ・恩恵を得たらタイルを裏返します。つまり,即時報奨は1ラウンドについて最初の6回しか得られません。

■16 国王の恩恵タイルの意味

 ・(+コイン2)コイン2枚を共通のストックから取り,自分の城の衝立の内に置きます。

 ・(+コイン3)コイン3枚を共通のストックから取り,自分の城の衝立の内に置きます。

 ・(+従者)従者1人を共通のストックから取り,自分の城の衝立の内に置きます。

 ・(+従者2人)従者2人を共通のストックから取り,自分の城の衝立の内に置きます。

 ・(+矢印)任意の騎士コマ1つの兵力を1上げます。騎士コマ1個を,ストックにある兵力が1つ上の騎士コマと交換します。該当する騎士コマがない場合はできません。任意のとは,中庭にいる騎士でも既に配置した騎士でもよいということです。

 ・(+人物)任意の州から貴族タイルを1枚取り,自分の城の上段,食客の空きマスのうちいちばん左のマスに置きます。食客についてはすぐあとで説明します。

■17 自分の城ボードの食客
 ・城ボードの上段には,左から順に貴族タイルを置きます。置いた貴族を食客と呼びます。領主は貴族を城に住まわせ食事を与え,領主のために活躍してもらうのです。

 ・プレイヤーは同じ州から2人以上貴族(食客)を取ることはできません。

 ・フェイズ3:報奨のときに,食客がたとえば4人いると投票マーカーを5個(食客1人について1個+領主の1個)が得られます。

 ・ラウンドの終わりにも食客はなくなりません。

 ・ゲーム終了時の最終得点計算で,食客が4人いると権力点6点になります。食客を置くマスの上に書いてあります。

■18 騎士を自分の城ボードの下辺に置く

  ・フェイズ3:報奨のときに,騎士コマの上方にある報奨を得ることができます。

  ・アイコンの意味は■10拡張タイルで説明しました。

---

■19 フェイズ2:議会

 ・イングランド議会が招集され,3つの新しい法案について投票します。賛成多数か引き分けなら新しい法律が採用され,古い法律が1つ廃止されます。これを3回繰り返します。

 ・議会ボード下段の3つの法案について左から順に投票します。

 ・投票は,投票タイル(✓または×のどちらかの紙タイル)を裏向きに自分の前に出し,投票マーカー(木の立方体)を任意の個数手に握ります。全員同時に手を開いて投票マーカーをタイルの隣に置きます。次に投票タイルを表にします。

 ・投票タイルと投票マーカーは同じ1票と数えます。

 ・集計して賛成が多いか同数ならば法案は承認されます。上段のいちばん左にある法律を取り除き,法律カードを左にずらして右の空きマスに新たな法律を置きます。

 ・反対が多いときは法案はゲームから除外します。

 ・投票タイルは手元に戻し,使った投票マーカーは共通のストックに返します。

 ・次の法案について投票します。

 ・3つの法案について投票が終わったら,使わずに残っている投票マーカーを共通のストックに返します。次のラウンドは投票マーカー0個でスタートするのです。

■20 法律の施行

 議会ボード上段の3つの法律を左から順に適用します。

〇 法律カードのアイコンの意味

 ・法律カードは上段が条件/下段が報奨となっています。

 ・maxは最も多くのという意味で,maxコインは最も多くのコインを持っているプレイヤー。同率の場合は全員に適用されます。

 ・赤と青の旗は州を表します。自分の騎士コマを置いている州を数えます。

 ・交差した剣と青い旗は紛争を表します。自分の騎士コマを置いている紛争を数えます。

 ・=貴族3は食客3人ごとに。

 ・マイナスは支払うという意味。-コイン1/+5権力点はコインを1枚支払うごとにという意味で,何コイン支払ってもよい。

 ・-紋章3は兵力3の騎士を配置済みの場合それをストックに戻して

 ・=拡張タイル3は拡張タイル3枚ごとに

 ・=紋章2は配置済みの兵力2の騎士1つごとに

 ・=紋章2×は兵力2の騎士を1つも配置していない場合という意味。

 ・=紋章111は兵力1の騎士コマを3個配置済みという意味

 ・=紋章1234は兵力1,2,3,4の4種類の騎士コマを配置済みという意味。

---

■21 フェイズ3:報奨

 州,城,紛争の順に報奨の処理を行います。

■22 州の報奨

 A~Iの順に処理します。その州に騎士コマを置いているプレイヤーは,次の3つの選択肢から1つを選びます。

   1.その州の貴族タイルを1人取って,自分の城の上段の空きマスのうち最も左のマスに置いて食客とします。プレイヤーは同じ州から2人以上貴族を取ることはできません。

   2.その州に描かれている報奨を得ます

   3.3コインを支払って1と2を両方得ます。

■23 州ごとの報奨

 A:ノーサンバーランド,E:ベッドフォード

  拡張タイル。プレイヤーは自分の城の右端の拡張タイルから1枚を選んで同じ絵のところに表向きに置きます。

 B:スタッフォード

  任意の騎士の兵力を1上げます。

 F:サフォーク

  兵力1の騎士コマをストックから取って中庭に置きます。

 C:ヨーク

  兵力1の騎士コマをストックから取って中庭に置きます。さらに投票マーカー2を得ます。

 D:グロスター

  任意の騎士の兵力を1上げます。さらに投票マーカー2を得ます。

 G:サマーセット

  権力点6点を得ます。メインボード周囲の権力点トラックでプレイヤー・マーカーを進めます。

 H:ドーセット

  ここに置いた騎士コマをフランスとの紛争の任意の1つに移動させます。国王の恩恵は得られません。従者は共通のストックに返します。

 I:サリー

  コイン2と従者2を得ます。さらに・・・

■24 州の報奨:サリー州:スタートプレイヤーの変更

 ・サリー州に騎士を置いているプレイヤーはいずれかの報奨を得た後,新たなスタートプレイヤーを選びます。自分でも他のプレイヤーでもよいし,今のまま変えなくてもよいです。

 ・スタートプレイヤー・マーカーを移動します。新たなスタートプレイヤーとプレイヤー順はただちに適用されます。

 ・サリー州に騎士コマが置かれていない場合,スタートプレイヤーは変わりません。

■25 城の報奨

〇 城に置いた騎士コマ

  ・置いた騎士コマの上方にある報奨を得ることができます。ほしくないときはもらわないこともできます。

  ・■10拡張タイルで説明しました。

  ・報奨を得たら騎士コマを中庭に戻します。

〇 配置済みの拡張タイル

  ・拡張タイルを置いている場合は,騎士タイルを置いていなくても報奨を得ることができます。

  ・報奨を得ても拡張タイルはそのままです。

〇 食客

  ・食客がたとえば4人いれば投票マーカー5個(食客1人について1個+領主の1個)を得ます。

  ・得た投票マーカーは城ボード上に他のプレイヤーに見えるように置きます。

  ・第5ラウンドでは投票マーカーを受け取りません。その後にもう投票がないからです。

■26 紛争の解決

 ・紛争を1つずつ解決します。

 〇 勝敗の決定

  ・1つの紛争について,その紛争に置かれた騎士コマの兵力を合計します。兵力の合計がフランスの兵力以上であればイングランドの勝利,未満ならフランスの勝利となります。

 〇 イングランドが勝利した場合

  ・騎士コマの兵力によってプレイヤーの貢献度に順位を付けます。同点の場合,より下のマスに置いている(つまり後から来た)プレイヤーが上位になります。

  ・紛争カードの上部に示された数字がたとえば4-2-1であれば,1位が4点,2位が2点,3位が1点の権力点を得ます。メインボードの権力点トラックを進めます。

  ・2位や3位がいない場合,その分の権力点はもらえません。

  ・紛争カードを取り除きます。騎士コマを自分の城の中庭に戻します。

 〇 フランス勝利の場合

  ・この場合も権力点が得られます。

  ・紛争カードの数字が4-2-1であれば,4点は得られず,1位が2点,2位が1点となります。

  ・騎士コマはそのまま残ります。

  ・この紛争は長引き,2回目の戦闘が発生します。この紛争カードと対応する騎士コマを下段に移動します。

  ・ある紛争に騎士コマが1つも置かれなかった場合,フランスの勝利で紛争カードを下段に移動します。

  ・このラウンドはこれで終わりですが,次のラウンドで騎士を追加したりすることができます。そして,次のラウンドのフェイズ3:報奨のときに2回目の紛争解決があります。

 〇 2回目(下段)の戦闘にイングランドが勝利した場合

  ・1回目のイングランド勝利と同じ処理です。

 〇 2回目(下段)の戦闘にフランスが勝利した場合

  ・1回目のフランス勝利と同じ処理をします。

  ・関係した騎士は捕虜となります。

  ・各プレイヤーは兵力1についてコイン1を支払うことで自分の騎士コマを解放して中庭に戻すことができます。

  ・支払わない場合,騎士コマは共通のストックに返されます。

  ・紛争カードはゲームから除外されます。

---

■27 次のラウンドの準備

 〇 紛争

  ・新たな紛争カードをめくり,紛争エリアの上段に表向きに置きます。

  ・王の恩恵タイルを表に向けます。

 〇 議会

  ・山札の上から新たな法律を3枚めくり下段の左から右へ順に表向きに置きます。

---

■28 ゲームの終了と最終得点計算

 第5ラウンドのあと最終得点計算を行います。

 〇 騎士コマ

  ・城ボードにある騎士コマの兵力を合計します。

  ・1位のプレイヤーが権力点8点,2位が4点を得ます。

  ・同点の場合は,従者コマを多く持っている方。同率の場合についてすぐ後で説明します。

 〇 拡張タイル

  ・配置した拡張タイルの枚数を比べます。

  ・1位のプレイヤーが権力点8点,2位が4点を得ます。

  ・同点の場合は,コインを多く持っている方。

 〇 同率の場合

  ・1位が同率なら1位+2位の権力点を均等に分けます。

  ・2位が同率なら2位の権力点を均等に分けます。端数は切捨て。

 〇 食客

  ・城ボードの食客のもっとも右のタイルの上に書いた数字が権力点です。最高は9人(全部の州から1人ずつ)のときで36点。

 〇 勝者

  ・最も多くの権力点を得たプレイヤーが勝利します。同点の場合は両者が勝利です。

以上です。

この投稿に0名がナイス!しました
ナイス!
malts_y
malts_y
シェアする
マイボードゲーム登録者
  • 143興味あり
  • 297経験あり
  • 97お気に入り
  • 203持ってる
プレイ感の評価
運・確率0
戦略・判断力14
交渉・立ち回り9
心理戦・ブラフ5
攻防・戦闘8
アート・外見3
作品データ
タイトルランカスター
原題・英題表記Lancaster
参加人数2人~5人(60分前後)
対象年齢10歳から
発売時期2011年~
参考価格6,800円
データに関する報告
ログインするとフォームが表示されます

malts_yさんの投稿

会員の新しい投稿