マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能投稿した記事が読まれるたびに、通販でお得に商品を購入できるボドクーポンをGET! ハードル低めです。
コミュニティ機能専用掲示板・ボードゲームリストの合体機能が便利!公開コミュニティ、秘密のコミュニティ、設定も豊富。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。
  • 2人~6人
  • 20分~30分
  • 8歳~
  • 2007年~

ゲットビット!ヨージローさんのレビュー

153名 が参考
3名 がナイス
3ヶ月前

巨匠スピルバーグ監督の映画のように、サメから必死で逃げるゲームです。

ただ映画のように、サメを退治することは出来ません。

ナスDみたいに釣り上げて食べる事も出来ません。

なぜそのような事態になったのか、摩訶不思議アドベンチャーですが、とにかくひたすら逃げるだけです。

何がサメの逆鱗に触れたのやら・・・

平泳ぎにクロールにバタフライ。

逃げ方は自由です。

プレイヤーは全員、1〜6の手札を持っています。一斉に一枚出して、小さい数字を出したプレイヤーから、全員を追い抜き先頭に出られます。

ですがプレイヤー同士で出した数字が被ると、そのプレイヤー達は動く事が出来ません。

全員の移動が終わって、一番後ろ(サメの近く)にいるプレイヤーは、手足を一本、サメに喰われます。

誰かが喰われたら、次のターンに進み、手足が全て無くなったプレイヤーは脱落となります。

最後の一人になったプレイヤーのみ、生きて帰る事が出来る、なんとも残酷なお話しです。

手足一本喰われたら時点で、泳げねぇだろってツッコミたくなりますが、その辺は許してやってください。

単純に他のプレイヤーと被らないようにカードを出すだけですが、カードは一度しか使えずオープンになりますので、手札が少なくなると、被りやすくなってきます。

また、人数が減ってくると、小さい数字で先に逃げても、後のプレイヤーが自分の前に出て、全員の移動が終わった時には、結局自分が一番後ろになってしまいます。

ゆる〜く残酷だけど、シンプルで奥深さもあり、お子さまでも楽しめるゲームです。

人形をレゴに変えてもいいかも。

あ、最も大事な事を忘れてました。

食われた手足の紛失には、お気をつけくださいませ。

この投稿に3名がナイス!しました
ナイス!
暇神=ジンニキ
ヨシダ
きむにぃ
仙人
ヨージロー
ヨージロー
シェアする
マイボードゲーム登録者
  • 54興味あり
  • 366経験あり
  • 52お気に入り
  • 166持ってる
プレイ感の評価
運・確率12
戦略・判断力8
交渉・立ち回り1
心理戦・ブラフ11
攻防・戦闘1
アート・外見6
作品データ
タイトルゲットビット!
原題・英題表記Get Bit!
参加人数2人~6人(20分~30分)
対象年齢8歳から
発売時期2007年~
参考価格未登録
クレジット
ゲームデザインデイブ・チョーカー(Dave Chalker)
アートワーク未登録
関連企業/団体ロボットマティーニ(Robot Martini Inc.)
データに関する報告
ログインするとフォームが表示されます

ヨージローさんの投稿

会員の新しい投稿