マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能各種投稿が可能になります。また投稿で商品購入時に利用できるポイントが貯まります(消費機能は開発中)。
フォロー・フォロワー「ボドとも」としてフォローしておくと、気になるユーザーや知人のアクティビティが通知されるようになります。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。

エレメンタルトランクマンElemental Trunk Man

「手駒ビルド」×「ロールアクション」×「配置」の新感覚ゲーム!

■ストーリー
タイムマシンの運用が始まってしばらく経った22XX年。人類は時間移動の研究をさらに進め、現代において失われてしまった貴重な遺物(ロスト・トレジャー)を回収・保護するというプロジェクトに着手し始めた。
遺物の回収・保護が進むなか、各時代で開錠不能な宝箱が複数発見される。最新の科学をもってしても開錠できない宝箱に対抗する手段はただひとつ。時空を超えて存在する偉大な精霊たちの力を借りるしかない。
そんな難題に立ち向かうのは、精霊たちと交信しその力や知識を引き出す資質をもったエージェントを擁する民間精霊交信企業「エレメンタル・トランクマン」。エージェントたちは、精霊を呼びよせる「エレメンタル・トランク」を手に封印された宝箱が集められた現場へ向かうのだった。

■概要
プレイヤーは精霊の力をあやつる開錠師「エレメンタルトランクマン」となって、封印された宝箱の開錠を目指します。
木製のザ・宝箱や炎に包まれた宝箱、伝説上でしか存在しないパンドラの箱、これが宝箱?と思えるようなダンボール箱まで、数々の宝箱カードが登場します。
ライバルよりも多く宝箱の開錠に貢献して、No.1エージェントを目指しましょう。

■システムについて
本ゲームの特徴は精霊の形を模した全11種類の木製駒を使ったゲームシステムにあります。
各自、炎・水・大地・風の4つの精霊駒を持ってゲームがスタート。
そして、それらの精霊駒をサイコロのように毎回振り、その結果、精霊駒が立ったら、精霊力を獲得することができます。この精霊力を使って、宝箱の封印を解いていきます。

また精霊力を使うことで手持ちの精霊駒を増やすことができます。
場の状況に合わせて精霊駒を獲得し編成するデッキビルド要素により、自分だけの戦略を作り出すことが本作の醍醐味となっています。

上記文章の執筆にご協力くださった方
  1. Daisuke Akiyama(HAFT DESIGN)Daisuke Akiyama(HAFT DESIGN)
マイボードゲーム登録者
  • 4興味あり
  • 1経験あり
  • 1お気に入り
  • 2持ってる
プレイ感の評価
運・確率1
戦略・判断力1
交渉・立ち回り0
心理戦・ブラフ0
攻防・戦闘0
アート・外見1
作品データ
タイトルエレメンタルトランクマン
原題・英題表記Elemental Trunk Man
参加人数2人~4人(45分前後)
対象年齢8歳から
発売時期2019年~
参考価格3,800円
クレジット
ゲームデザインオグランド(Ogurand)
アートワークHAFT DESIGN
関連企業/団体東京ゲームメイカーズ(Tokyo Game Makers)
データに関する報告
ログインするとフォームが表示されます

レビュー 0件

投稿を募集しています

リプレイ 0件

投稿を募集しています

戦略やコツ 0件

投稿を募集しています

ルール/インスト 0件

投稿を募集しています

掲示板 0件

投稿を募集しています

会員の新しい投稿

関連記事&スポンサーリンク