クゥワークル(クワークル)Qwirkle

だれでも楽しめるアメリカ発ファミリーゲームの新定番

クワークルはアメリカ、ドイツではトップセラーのボードゲームで、2011年のドイツゲーム大賞を受賞しています。

スタート時、各プレイヤーに6枚のタイルを配ります。それぞれのプレイヤーは自分の手番に、手持ちのタイルのうちの任意の数を、場に置いてあるタイルにつなげて置いていき、得点を獲得します。配置のルールは、一列に並ぶタイルが「同じ色で違うマーク」か「違う色で同じマーク」になるようにつないでいくことです。

新たに配置したタイルの列の並んでいる個数が得点になります。(4個タイルが並んでいる列に1個のタイルを追加すると、5点獲得できます)。6個並ぶと「クワークル」と呼び、ボーナスで6点追加で得点できます。
見た目も美しく、簡単なルールでだれでも楽しめるファミリーゲームです。

上記文章の執筆にご協力くださった方
  1. sokuri3510sokuri3510
マイボードゲーム登録者
  • 28興味あり
  • 176経験あり
  • 26お気に入り
  • 104持ってる
テーマ/フレーバー
プレイ感の評価
運・確率4
戦略・判断力3
交渉・立ち回り0
心理戦・ブラフ0
攻防・戦闘0
アート・外見1
作品データ
タイトルクゥワークル(クワークル)
原題・英題表記Qwirkle
参加人数2人~4人(30分~60分)
対象年齢6歳から
発売時期2006年~
参考価格未登録
データに関する報告
ログインするとフォームが表示されます

レビュー 2件

  • 106
    名に参考にされています
    投稿日:2018年01月12日 21時54分

    ざっくりレビュー※実施回数:2回(家族2人、ゲーム会3人)1.やることは基本的にタイルをつなげて点数を稼ぐシンプルさ、そしてゲームをの準備が楽。(木ごまが入った袋を取り出すだけでほぼ準備完了)2.タイルが木ごまで重厚感(黒塗りがまた黒光りしてよい!)3.次の人の手を読みながら置くので読みあいがヒリヒリする。結論:2人からファミリーまで番外:得点ボードがないので、ほかのゲームの得点ボードを利用してください。おすすめはカルカソンヌの得点ボード

    kumatti0さんのレビューを読む
  • 99
    名に参考にされています
    投稿日:2016年08月25日 23時42分

    適度に考えさせられ、ポイントを取っていくプレイは爽快感があり、見ていて美しい。子供だけでも遊べるし、2人から4人まで何人でも同じように楽しく遊べます。得点は手番ごとに入るので、メモっておくか、別に(自力で)得点ボードを用意する必要があります。得点ボードを自作してしまえば便利ですが、メモしててもそんなにめんどくさくはないですし、手元にチェック(スコア)が積み上がっていくメモの達成感もなかなか楽しいものです。

    sokuri3510さんのレビューを読む

リプレイ 0件

投稿を募集しています

戦略やコツ 0件

投稿を募集しています

ルール/インスト 0件

投稿を募集しています

掲示板 0件

投稿を募集しています

会員の新しい投稿

関連記事&スポンサーリンク