マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能各種投稿が可能になります。また投稿で商品購入時に利用できるポイントが貯まります(消費機能は開発中)。
フォロー・フォロワー「ボドとも」としてフォローしておくと、気になるユーザーや知人のアクティビティが通知されるようになります。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。

オバケやしきのすうじのアクマDemons of Numbers

3/26、すうじのアクマのイラストと一部ディベロップを担当された326さんとアークライトさんによる先行お披露目会にて、遊ばせていただきました!!


協力ゲーム「The Game」の日本独自リメイク版ということで、イラストはオバケですがポップな仕上がりになっています。「手札の内容を伝えてはいけない」というルールが「すうじのアクマがいるから数字のことを話してはいけない」と理由付けされていて、わかりやすくなっています。


特殊効果がいろいろありますが、遊ぶ前に特殊効果はなしで、と決めたら、そのまま通常のThe Gameとして遊べます。(特殊カードが数字カードとは別に入っているタイプだったら、カードを抜いたりしないといけないので大変でしたが、そういった手間がいらないのが良いですね!)


1回戦目は、通常のThe Gameで!

久しぶりに遊びましたが、やっぱりいいですね。すごく簡単にルールを説明すると、中央の4つの場に昇順か降順でカードを出しては補充を繰り返し、カードを使い切れたら勝ちっていう協力ゲームです。

山札をなくすところまでいったので最低限クリア、という感じではありますが、数枚手札が残ってしまいました……。けっこう余裕のある状態で山札なくせたんですけどね。


2回戦目は、すうじのアクマの特殊効果を入れて遊んでみました!

効果のことは自由に話していいということで、ショット使いたいけど誰か次の手番やりたい人いる?みたいな相談がしやすくなりました。しゃべるの禁止っていうカードもあるのですが、ジェスチャーはOKなので、ここの列は自分が出す、のような最低限の意思疎通はできるため、それほど厳しくなさそうです。

あ、そういえば、このとき6人でプレイしました!The Gameは5人までしか遊べないのですが、すうじのアクマは6人でも遊べるように作られています。

あと、上の画像の右側のくるくる!!特殊効果でリバースがあるのですが、こんがらがらないように、向きを表示するためのカードが入っています。とても親切。

また、1枚目に特殊カードを出すとそのまま手番が終わりというのもだいぶんありがたいです。難易度が下がったということなのですが、死の宣言?がけっこう厳しくて、1回目と同様、完全クリアには至りませんでした。。

カード、このように下一桁の数字ごとにキャラクターが書かれているので、10戻しに気づきやすくなっています。特殊効果のカードもひと目でわかるようにデザインされていて、とても良いですね。


特殊効果は、「リバース」、「スキップ」、「ショット」、「ドロー2」、「サイレント」、「死の宣告」です。

リバース、スキップ、ショットは、あまり手札からカードを出したくないプレイヤーの手番を避けるのにとても優秀です。どのカードもそうなのですが、必ず会話をして出す時は事前に承認を得ましょう!

ドロー2も、次のプレイヤーが手番前にカードを引くので、良いカードを引ける可能性があるお助けカードです。可能性が広がります!

サイレント、死の宣告はマイナスのカードですね。死の宣告はそのまま自身で次のカードを出すこともできます。


The Gameは見た目のとっつきにくさがあって、シンプルに協力ゲームを遊びたい方が手に取りにくかったり見つけにくかったりしたのですが、すうじのアクマなら楽しんでもらえる層とイラストがマッチしていて、これから広く遊ばれる予感がします!!

最も読まれているレビューを表示しました
  1. 投稿者:まつなが
マイボードゲーム登録者
  • 22興味あり
  • 101経験あり
  • 30お気に入り
  • 97持ってる
テーマ/フレーバー
プレイ感の評価
運・確率1
戦略・判断力1
交渉・立ち回り1
心理戦・ブラフ0
攻防・戦闘0
アート・外見2
作品データ
タイトルオバケやしきのすうじのアクマ
原題・英題表記Demons of Numbers
参加人数1人~6人(15分~30分)
対象年齢8歳から
発売時期2019年~
参考価格2,160円
クレジット
ゲームデザインシュテフェン・ベンドルフ(Steffen Benndorf)
アートワーク326
関連企業/団体アークライト(Arclight)
拡張/関連元ザ・ゲーム(The Game)
データに関する報告
ログインするとフォームが表示されます

レビュー 2件

  • 91
    名に参考にされています
    投稿日:2019年04月06日 14時30分

    ザ・ゲームは気になってたので、見た目が決め手で購入。ルールはシンプルだし、完全クリアが出来そうで出来ないもどかしさが堪らない。相方がハマって連続で6回やりました。

    鈴木さんの「オバケやしきのすうじのアクマ」のレビュー
  • 306
    名に参考にされています
    投稿日:2019年03月27日 19時12分

    3/26、すうじのアクマのイラストと一部ディベロップを担当された326さんとアークライトさんによる先行お披露目会にて、遊ばせていただきました!!協力ゲーム「TheGame」の日本独自リメイク版ということで、イラストはオバケですがポップな仕上がりになっています。「手札の内容を伝えてはいけない」というルールが「すうじのアクマがいるから数字のことを話してはいけない」と理由付けされていて、わかりやすくなっています。特殊効果がいろいろありますが、遊ぶ前に特殊効果はなしで、と決めたら、そのまま通常のTheGameとして遊べます。(特殊カードが数字カードとは別に入っているタイプだったら、カードを抜いた...

    まつながさんの「オバケやしきのすうじのアクマ」のレビュー

リプレイ 0件

投稿を募集しています

戦略やコツ 0件

投稿を募集しています

ルール/インスト 0件

投稿を募集しています

掲示板 0件

投稿を募集しています

会員の新しい投稿

関連記事&スポンサーリンク