マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能各種投稿が可能になります。また投稿で商品購入時に利用できるポイントが貯まります(消費機能は開発中)。
フォロー・フォロワー「ボドとも」としてフォローしておくと、気になるユーザーや知人のアクティビティが通知されるようになります。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。

ブラックボックスBlack Box

暗闇に隠された5つの惑星を探し出せるか?ヒントを手がかりに位置を当てるゲーム

二人で遊ぶゲーム.一人は,5つの惑星の位置を隠した8×8のマス目の用紙に記録する.もう一人は,同じく8×8マスのボードのどの位置に隠された惑星(ゲームではパチンコ玉のような金属球を使う)があるかを当てていく.
ボードの8×8のマスの周りに,カラーペグを立てる穴があいている.当てる側のプレイヤーがここにペグを一本立てる.隠している方のプレイヤーはその位置から中央に向かって光が出たと仮定して,惑星に真正面から当たった場合はペグの位置に光が戻った,と宣言する.もし光が惑星の横を通る場合,惑星の斜め前のマスで光が直角に屈折する,とみなして屈折した後光が出てくる位置に同じ色のペグを立てる.
これを繰り返して,当てる側は惑星の位置を推理し,惑星の代わりに金属球を推理した位置に置いていく.このあと,説明書がないのではっきり覚えていないが,5つの惑星の位置が推定できたら,隠した側のプレイヤーが当たりはずれを判定して伝える.外れた場合(多分どれが間違っているかは教えないと思う),さらにカラーペグを置いて手がかりを増やすことになると思う.結果,何本ペグを使ったかで優劣が決まる.
カラーペグは2本一組で何色かある.さらに白のペグ,黒のペグはもっとたくさんある.多分,上級ルールで,カラーペグではなく白黒ペグだけでやる場合,あるいは黒ペグだけでやる場合と難しくなるようにしていると思われる.

上記文章の執筆にご協力くださった方
  1. yossyyossy
マイボードゲーム登録者
  • 1興味あり
  • 5経験あり
  • 0お気に入り
  • 4持ってる
テーマ/フレーバー
プレイ感の評価
運・確率2
戦略・判断力2
交渉・立ち回り1
心理戦・ブラフ1
攻防・戦闘0
アート・外見0
作品データ
タイトルブラックボックス
原題・英題表記Black Box
参加人数1人~2人(20分前後)
対象年齢10歳から
発売時期1978年~
参考価格未登録
データに関する報告
ログインするとフォームが表示されます

レビュー 0件

投稿を募集しています

リプレイ 0件

投稿を募集しています

戦略やコツ 0件

投稿を募集しています

ルール/インスト 0件

投稿を募集しています

掲示板 0件

投稿を募集しています

会員の新しい投稿

関連記事&スポンサーリンク