マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能投稿した記事が読まれるたびに、通販でお得に商品を購入できるボドクーポンをGET! ハードル低めです。
コミュニティ機能専用掲示板・ボードゲームリストの合体機能が便利!公開コミュニティ、秘密のコミュニティ、設定も豊富。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。
  • 2人用

虚飾で彩られたカラスカシスオレンジとスクリュードライバー♂さんのレビュー

9名 が参考
0名 がナイス
約2ヶ月前

2人専用のマーダーミステリーであり、プレイヤーはツバメとケツァールとなる。

公式からはツバメ(やさしい)、ケツァール(むずかしい)となっている。

一応、プレイの流れを記載(時間は目安)

導入の読み込み(5分)

プレイヤーシートの読み込み(5分)

自己紹介(5分)

第1調査(10分)

中間推理フェイズ(10分)

第2調査(10分)

最終推理フェイズ(15分)

真相解明→終了

合計60分のプレイとなっているが、相談して決めればよいと思う。

物語の内容は同じタイトルの童話を元にマダミスにしたもの。(童話の内容は調べればわかると思うので割愛)

自己紹介パートがあるが実際は導入から推理のヒントが出てくる。

プレイヤーであるツバメとケツァールも容疑者に含まれており、ゲームの形式上は協力して捜査、推理しているという設定だがお互いを疑うことも可。

調査を進めるとヒントが出てくるが、かなり漠然としておりミスリード感が強い。

細かいヒントは多々出てくるものの決定打に欠けている。途中、微妙なパズル要素もでてきてそこで時間を消費しがち。

推理は2人で1つの結論、お互いに別の結論。どちらでもよいと説明書に記載されていました。


確証が持てないまま消去法的に犯人を推理し真相を見ると

うん…。犯人当たったけど、なにこの真相…。

て感じで若干モヤモヤしました。

一緒にプレイした人はおもしろかったと言っていた。

私は、つまらなくはないが値段分の価値があったとは思えなかった。しかし、童話の中のキャラクターになって童話を楽しめた点はよかった。

この投稿に0名がナイス!しました
ナイス!
仙人
カシスオレンジとスクリュードライバー♂
カシスオレンジとスクリュードライバー♂
シェアする
マイボードゲーム登録者
  • 20興味あり
  • 19経験あり
  • 7お気に入り
  • 24持ってる
テーマ/フレーバー
テーマ/フレーバー未登録
メカニクス
メカニクス未登録
プレイ感の評価
運・確率0
戦略・判断力0
交渉・立ち回り0
心理戦・ブラフ3
攻防・戦闘0
アート・外見5
作品データ
タイトル虚飾で彩られたカラス
原題・英題表記The Bird in Borrowed Feathers
参加人数2人用(時間未登録)
対象年齢未登録
発売時期未登録
参考価格未登録
クレジット
ゲームデザイン新澤 大樹(Taiki Shinzawa)田中 佳祐(Keisuke Tanaka)
アートワーク山中 麻未(Asami Yamanaka)
関連企業/団体Muder Dual
データに関する報告
ログインするとフォームが表示されます

カシスオレンジとスクリュードライバー♂さんの投稿

会員の新しい投稿