バトルクライsokuri3510さんの戦略やコツ

103
名に参考にされています
投稿日:2017年01月11日 19時10分

こういうバトルゲームは、単純に前線にいる部隊をお互いに前進させ合って殴り合うだけでも面白いんですが、少し戦術の基本を学んで活かすようにするとぐっと面白さが増します。

戦闘における最も根本的な原則は、「数の多いほうが勝つ」ということです。
よって、戦術の根本は、「相手の弱い部分に自分の部隊を集中させ、局所的に数的優位(2対1、3対2・・)を作り出す」、ということになります。

闇雲に相手の陣形の正面に部隊を押し出しても、返り討ちに合うだけです。攻撃は数的に優位な局面か、少なくとも同等な戦力で行わなければなりません。
このゲームでいえば、Probe(調査)やScout(斥候)というような弱いカードで隊形を整え部隊を集中させた上で、Attack(攻撃)等の強いカードで一気に相手の弱い部分に攻めかかって撃破します。

相手が攻撃の準備を進めてきたら、こんどはそれに対する対応として2つの選択肢があります。自分の弱点を補うように部隊を展開するか、構わずにこちらも相手の弱点を攻め立てるかです。

一旦両軍が激突して戦闘が始まると、乱戦になり戦況は目まぐるしく変わりますが、その中でも常に数的優位を作れるように、あるいは後々数的優位が作れるように、部隊を展開していきましょう。

こうやって常にお互いの弱点を突き合うような戦術が取れるようになると、ゲーム全体が戦略的になり、はじめてこういうゲームの本当の面白さが見えてくると思います。このゲームはルールは簡単ですが、正しい戦術にきちんと応えてくれる良いゲームです。是非チャレンジしてみてください。

  • 興味ある(2人)
  • 経験あり(1人)
  • お気に入り(1人)
  • 持ってる(2人)
投稿イメージ
画像クリックで拡大します
プレイ感の評価
運・確率1
戦略・判断力1
交渉・立ち回り0
心理戦・ブラフ0
攻防・戦闘1
アート・外見0
作品データ
タイトルバトルクライ
原題・英題表記Battle Cry
参加人数2人~5人(45分~120分)
対象年齢10歳から
発売時期2000年~
参考価格未登録
クレジット
ゲームデザインリチャード・ボーグ(Richard Borg)
アートワークスコット・ヒル(Scott Hill)リチャード・ボーグ(Richard Borg)
関連企業/団体アバロンヒル(Avalon Hill)

会員の新しい投稿