マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能各種投稿が可能になります。また投稿で商品購入時に利用できるポイントが貯まります(消費機能は開発中)。
フォロー・フォロワー「ボドとも」としてフォローしておくと、気になるユーザーや知人のアクティビティが通知されるようになります。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。

アーカム・ノワール:事件簿1Arkham Noir: Case #1 – The Witch Cult Murders

君は私立探偵ハワード=ラブクラフトとなり、魔女教団の殺人事件を解決することが出来るか

 プレイヤーは私立探偵ハワード=ラブクラフトとして様々な手がかりを元に、1つ1つの事件を解決していき事件の全体像を理解することになります

「被害者カード」にはそれぞれ「捜査スキル」アイコンがついているので、同じアイコンの「手がかりカード」を繋げていく事で6種類の「手がかり」と「パズルピース(事件の断片)」を手に入れることが出来ます

6種類の内、5種類の「手がかり」を集めると1つの事件を解決することが出来ますが、それではまだ事件の全体像には届きません

そのためには異なる5種類の「手がかり」の描かれた「パズルピース(事件の断片)」が必要になります

それらを無事に集めることが出来たなら、事件の全体像を理解した事となりゲームに勝利することが出来ます

しかし捜査の途中には「時間切れ」による「新たな被害者」が出たり、「狂気に陥る」事で未解決のまま敗北することもあるので注意しましょう

3種類の難易度調整が出来る一人用のカードゲームです

上記文章の執筆にご協力くださった方
  1. hirohiro
マイボードゲーム登録者
  • 55興味あり
  • 107経験あり
  • 26お気に入り
  • 188持ってる
プレイ感の評価
運・確率10
戦略・判断力8
交渉・立ち回り0
心理戦・ブラフ0
攻防・戦闘0
アート・外見10
作品データ
タイトルアーカム・ノワール:事件簿1
原題・英題表記Arkham Noir: Case #1 – The Witch Cult Murders
参加人数1人用(30分前後)
対象年齢14歳から
発売時期2017年~
参考価格未登録
データに関する報告
ログインするとフォームが表示されます

レビュー 7件

  • 20
    名に参考にされています
    投稿日:2020年08月16日 21時55分

    一言でいうと、勝利条件が非常に厳しいソリティア。ストーリー設定もあってないようなものだから、一人で黙々とカードをプレイしたいけどソリティアに飽きた人にちょうどいいかもしれない。

    ナオトさんの「アーカム・ノワール:事件簿1」のレビュー
  • 102
    名に参考にされています
    投稿日:2020年07月26日 19時17分

    クトゥルフ神話を題材にした1人用のカードゲームです。怪物と戦うとかではなく、証拠を集めて事件を解決することが目的です。そして、パズルマピースが記載してあるカードを5枚以上、かつ手がかりの種類5種類以上を、狂気状態になる前あるいは犠牲者カードが無くなる前に集めれば、ゲームクリアとなります。ゲームには「犠牲者カード(6枚)」、「手がかりカード(50枚)」、「専門家カード(1枚)」の3種類があります。(2020.7.27修正)さて、事件の解決の仕方ですが、初期状態では既に2名の犠牲者が発生しています。これらの犠牲者の事件を解決するのですが、犠牲者カードの右長辺の真中に4種類の記号(捜査スキル)...

    Hideさんの「アーカム・ノワール:事件簿1」のレビュー
  • 132
    名に参考にされています
    投稿日:2020年05月23日 15時15分

    1人用のカードゲーム。慣れればサクサク進むし、やることは簡単なんだけど、それでも最初の数ゲームは説明書とにらめっこしながらのプレイ。正直心が折れそうになった…。1人用のゲームだからルールの解釈は如何様にでも出来るんだけど、『あれ?このケースの場合どうなるんだろう…」ってなった時に、周りに確認できないのが1人用ゲームの辛いところ。一通り分かるようになってくると、かなり面白さを感じる。クトゥルフ神話を全く知らないけど、十分楽しめる。絵がちょっと怖いけど。初めはカード効果の適用とか狂気度チェックを忘れがちだから、そのあたりは注意した方がいいかも。個人的には好きなゲームだけど、2を買うほどではな...

    山田さんの「アーカム・ノワール:事件簿1」のレビュー
  • 163
    名に参考にされています
    投稿日:2020年04月07日 23時42分

    カードイラストの迫力(破壊力)に魅了され何度も楽しくプレイしていますが、ルールで判り難いと感じた点があり、その解説となります。未プレイの方にはあまり参考にならない内容ですが、既にゲームをお持ちの方の一助になればと思います。「現在の事件」置き場に7枚目が置かれてからの正気度チェックと、時間切れの処理について判断しにくかった所があったのでA社に確認した点をまとめました。正気度チェックについて現在の事件置き場に7枚目の手がかりカードが置かれた以降は、手がかりカードを(現在の事件置き場に)「プレイ」した際に正気度チェックを行うため、A〜Eの5種類ある手がかりカードのアクションのうちA:そのカード...

    アッキーノさんの「アーカム・ノワール:事件簿1」のレビュー
  • 177
    名に参考にされています
    投稿日:2020年03月18日 22時15分

    ボードゲームにハマりだしてクトゥルフ系のゲームが欲しいと望んでアーカム・ホラー3版を購入。その際に場所の確保と時間の縛りからどうしても週末しかできないもどかしさがあり、もっと手軽にできるゲームを探したところこのゲームを発見!そもそも一人でプレイしようと思っていたので見つけた際にすぐ欲しい!と思い、即購入!手にしたその日に初プレイするもルールが難しかった…※ボードゲームは30年ぶりだったのでw実質カードゲームではあるものの、TCGとは違い集める必要もなくバージョンアップによるルール改編もないのが最高。とにかくクトゥルフというニッチでシュールな世界観とオールドホラー的でノスタルジックな雰囲気...

    道産子ブッチャーさんの「アーカム・ノワール:事件簿1」のレビュー
  • 924
    名に参考にされています
    投稿日:2018年12月28日 15時46分

    ざっくりプレイしてみたところ、「クトゥルフ」や「探偵」といったものはフレーバーに近く、実質的にはパズルソリティアであると感じた。かなり能動的にカードに描かれた要素を読み解かないかぎり、ストーリー的展開は生まれてこないのではないだろうか(逆にその断片さにクトゥルフらしさを見出すこともできるが……)。フレーバーを気にせずにプレイしてしまうとかなりドライなプレイ感となってしまう。とくにゲーム展開が込み入ってくる終盤はそうなりがちだった。回復可能な「時間経過」のコストをうまく支払いながら、「犠牲者」カードにつながるスートのカードを並べていき、シンボルを5種(+勝利点となる「パズルピース」)を揃え...

    だいすけさんの「アーカム・ノワール:事件簿1」のレビュー
  • 571
    名に参考にされています
    投稿日:2018年12月25日 00時34分

    手がかりの描かれたカードを集めて事件を解決するゲームですソロプレイ専用ゲームですが、数人で事件の妄想をしながら遊ぶのもいいかもしれません説明書を何度も読み返しながら遊びました、そうなってしまうくらい細かなルールでつまづくので「推理小説のようなゲームを遊びたい」という方はまずここで敬遠してしまうかもしれません全体を把握してしまえば割とシンプルなのですが、こうなってしまう理由は恐らく「説明書」です2~3回遊ぶとようやく「一人用ゲーム」的な感じがしてきます、それまでは「なれ」でしょうか何はともあれ、カードに描かれたイラストとテキストを1つのストーリーとして脳内変換する事が出来たならかなり楽しめ...

    hiroさんの「アーカム・ノワール:事件簿1」のレビュー

リプレイ 0件

投稿を募集しています

戦略やコツ 0件

投稿を募集しています

ルール/インスト 2件

  • 37
    名に参考にされています
    投稿日:2020年07月27日 21時34分

    1)ゲーム名:アーカム・ノワール:事件簿12)ゲーム勝利条件:パズルピースが描いてあるカードを5枚以上(ただし手がかりの種類が5種類以上必要)集めること3)ゲーム敗北条件:狂気エリアにカードが5枚以上並ぶ。叉はパズルピースカードを5枚集める前に、犠牲者カードが無くなる。4)ゲームの準備:①セットアップカード4枚をルールシートに従って配置する(※印が無い方の面を表にする)。②6枚ある犠牲者カードの山から1枚抜き、残り5枚を犠牲者カードの山を置く場所に配置する。③この犠牲者カードの山の上から2枚カードを引いて、「現在の事件」の置き場に配置する。④手がかりカードをよくシャッフルして、手がかりの...

    Hideさんの「アーカム・ノワール:事件簿1」のルール/インスト
  • 677
    名に参考にされています
    投稿日:2018年12月28日 16時40分

    2018/12/28現在アークライトのサイトにエラッタには記載されていないが、ルールシートの「7.ゲームの難易度の変更」内「オプション3:狂気エリア、および時間切れカード置き場」で、「難易度が高いオプションを選択する場合」と記載があるが、実際には「難易度が低いオプションを選択する場合」の間違いかと思われる。要するにセットアップカード4は「*」がある面の方が易しいさらに言えば、タイトルにあるとおり、「狂気エリアに6枚以上~」だけでなく、時間切れエリアも6枚以上で新たな犠牲者が発生するように変更される。(ルールシートではなく、セットアップカードの記載を参照すればわかりやすい)

    だいすけさんの「アーカム・ノワール:事件簿1」のルール/インスト

掲示板 0件

投稿を募集しています

会員の新しい投稿