マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能各種投稿が可能になります。また投稿で商品購入時に利用できるポイントが貯まります(消費機能は開発中)。
フォロー・フォロワー「ボドとも」としてフォローしておくと、気になるユーザーや知人のアクティビティが通知されるようになります。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。
  • 2人~4人
  • 30分前後
  • 12歳~
  • 2016年~

PQ17船団の壊滅稲妻老人さんのレビュー

233
名に参考にされています
2017年08月28日 04時42分

1941年6月、ドイツ軍は独ソ不可侵条約を一方的に破棄してソ連領に雪崩れ込んだ。

いわゆる 「バルバロッサ作戦」 の発動である。

飛ぶ鳥を落とす勢いのドイツ軍に対して、粛清の嵐で混乱の極地を極めるソ連。

危機感を募らせたスターリンは、西側諸国に支援を求めた。


スターリン君 「あー、かねてからの約束通り、軍需物資を送って頂きたい」

チャーチル君 「ドイツ軍怖いから曇りの日が増える秋に送るのがいいよねー」

ルーズベルト 「そうだねー、10月くらいがいい感じかなー?」

スターリン君 「ざけんじゃねー! すぐに送って来い、ゴラァ!

チャーチル君 「もう、スターリン君たら横暴なんだからー」

ルーズベルト 「んー、なんだか面倒だから送っておくか」

チャーチル君 「そうだねー」


スターリン君:ソ連の指導者、粛清大好き

チャーチル君:英国の指導者、几帳面

ルーズベルト:米国の指導者、卑怯者の人種差別主義者


こんなやりとりがあったかは不明ではあるが、英国からソ連に輸送船団が派遣される事とあいなった。

ちなみに各国指導者の印象はあくまでも個人の印象なので悪しからず。


この輸送船団は北極船団と呼ばれた。

英国の港を出港して、航空機や戦車、車両、弾薬、軍需物資、鉄鋼、燃料、食料、爆弾等をソ連に輸送するのだ。


各北極船団は2隻の輸送船と2隻の護衛艦の計4隻からなる。

この4隻は最初、全て未確認状態で密集隊形を取っている。

このような北極船団が4つほど存在する。

この北極船団を各プレイヤーであるドイツ軍が襲うのだ。

勝利条件は各北極船団に書かれている勝利点を20点最初に得る事。

勝利点は輸送船の方が圧倒的に高く、護衛艦の方が低い。

1回のプレイでは20点には到達しないと思われるので、複数回のプレイで勝者が決まるであろう。


各プレイヤーは自分の手番にドイツ軍カードを手札から出して攻撃を行う。

ドイツ軍には、潜水艦、航空機、水上艦の3種類があり、これらを連携させて攻撃する事が出来る。


まず始めにどの北極船団を狙うのかを決める。

次に、北極船団が密集隊形を取っているか散開状態にあるかで戦闘力が変わる。


北極船団が密集隊形の場合は集団で戦闘力を合計する。

北極船団で未確認状態の艦船は、戦闘力は1として計算する。

北極船団で確認状態の艦船は、当該戦闘力で計算する。

密集隊形時の北極船団の戦闘力はこのように計算する。

そして手札から好きな数のドイツ軍戦力を出して撃沈する事になる。

なお、潜水艦、航空機では1隻の艦船を撃沈する事が出来るが、水上艦の場合には集団全てを撃沈出来る。

ただし、潜水艦、航空機は複数枚のカードが出せるのに対して、水上艦の場合は1枚しかカードを出せない。


北極船団が散開状態の場合は目標の艦船を1つに決める。

北極船団の戦闘力は、目標となった艦船の戦闘力を用いる。

そして手札から好きな数のドイツ軍戦力を出して撃沈する事になる。

ただし、潜水艦、航空機は複数枚のカードが出せるのに対して、水上艦の場合は1枚しかカードを出せない。


北極船団を撃沈する為には、北極船団の戦闘力以上の戦闘力をドイツ軍が出せばいい。

ただし、護衛空母がいる輸送船団には航空機での攻撃は出来ない。

未確認状態の護衛空母がいて、航空機で撃沈したのが護衛空母である場合は、撃沈に失敗した事になる。

また、コルベット艦がいる輸送船団には潜水艦での攻撃は出来ない。

未確認状態のコルベット艦がいて、潜水艦で撃沈したのがコルベット艦である場合は、撃沈に失敗した事になる。

いずれにしてもドイツ軍カードは戦闘終了時に捨て札となる。


潜水艦と航空機による攻撃では「あいのり」という事が可能である。

誰かが潜水艦、または航空機で北極船団を攻撃した場合、そのプレイヤーから時計回りに

「あいのり」するかを確認する。

「あいのり」された場合、最後に「あいのり」したプレイヤーの得点となり、その次のプレイヤーから手番が始まる。

ただし航空機による「あいのり」は同じ機種に限る。


通常のカードゲームでは手番の始めにカードの補充を受けるが、このゲームでは場に展開されているカードから

補充を受ける事になる。

補充を受けると、それで手番は終了となる。

なお、場札は最初6枚であるが、場札がなくなるとまた補充される。


場にある護衛艦を他プレイヤーの邪魔に利用する事も出来る。

護衛艦が自分の目の前にある間は、北極船団を襲撃する事が出来なくなる。


そしてこのゲーム、「パス」という単語がないのである。

手元にあるカードはいずれ何らかの形で使用しなくてはならない。

山札がなくなり、場札がなくなり、全てのプレイヤーの手札がなくなった時点でゲームは終了する。

1
名の会員がナイス!ボタンを押しました
  • ナイス!
  • Bluebear
稲妻老人さんの投稿をシェア
マイボードゲーム登録者
  • 5興味あり
  • 4経験あり
  • 3お気に入り
  • 15持ってる
プレイ感の評価
運・確率1
戦略・判断力1
交渉・立ち回り0
心理戦・ブラフ0
攻防・戦闘0
アート・外見1
作品データ
タイトルPQ17船団の壊滅
原題・英題表記THE DESTRUCTION OF CONVOY PQ17
参加人数2人~4人(30分前後)
対象年齢12歳から
発売時期2016年~
参考価格1,500円
クレジット
ゲームデザイン中黒 靖(Yasushi Nakaguro)
アートワーク未登録
関連企業/団体レキシモンゲームズ
データに関する報告
ログインするとフォームが表示されます

稲妻老人さんの投稿

会員の新しい投稿