マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能各種投稿が可能になります。また投稿で商品購入時に利用できるポイントが貯まります(消費機能は開発中)。
フォロー・フォロワー「ボドとも」としてフォローしておくと、気になるユーザーや知人のアクティビティが通知されるようになります。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。

大鎌戦役:ウィンド・ギャンビットScythe: The Wind Gambit

サイズ第2拡張ウィンドギャンビット。
内容を紹介します。(2017/12/14 末尾にプレイ後の感想をいれました)
本拡張は、パッケージの通り、サイズの世界に、巨大な空中戦艦を導入します。

7つの陣営それぞれの色の、空中戦艦がミニチュアで用意されています。ひとつひとつは意外に重く、重厚です。

空中戦艦をざっくりどんなものか説明すると。。。
- 最初から本拠地に置かれる(ゲーム中にあらためて配備などはしなくていい)
- 能動能力と受動能力のひとつずつをランダムで選んで持つ。全プレイヤーの空中戦艦の能力は共通
- 湖や川を含むすべてのエリアを移動でき、敵のユニットがいるエリアも移動できる。
- いかなるエリアも支配できない
- 資源か、村人を運べる。どちらを運べるかは能動能力カードに指定されており、ゲーム中変更はできない
- 移動力は、受動カードに示される。1-3。2のカードがいちばんおおい

といった感じです。

能動能力(赤)は、他のプレイヤーへ影響を与えます。例えば、戦闘前に相手の軍事力を減らしたり、戦闘前に味方をマップのどこかから連れて来たり、あるいは、空中戦艦同士が戦闘をできたりします。

受動能力(緑)は、逆に自分への影響です。戦艦がいるエリアの生産量を増やしたり、戦艦のいるエリアを出発する味方ユニットの移動力を増やしたり、といったものになります。移動力1のもので、村で移動終了すると、目的カードを追加で引き直せる、という面白い能力のものもあります。

空中戦艦導入による影響を考察してみます。
この拡張の導入で、サイズはより、速い展開のゲームになりそうです。
スピードアップにもっとも影響するのは、やはり空中戦艦の移動方法です。サイズの移動では、川や湖は専用の能力などがないと入れず、また、移動先に他の勢力がいたら必ず立ち止まる、移動できる他の勢力のユニット同士は同じエリアに絶対いられない、という将棋やチェス的な制約がありました。
空中戦艦は、この制約を上書きし,川や湖を越え,互いに他のユニットをすり抜けることが出来ます。また、移動力も標準で最大3。ファクトリーカードを使うと、4まであがります。
これによって、ゲーム自体のスビードが上がりますが、前半と後半では別々の影響がありそうです。

まず、前半。村人を運べる戦艦の場合、村人が早急に川を越えることができます(ノルディックの利点が消される!)。これで、初期資源以外に序盤からアクセスしやすくなるので、ややもすると一本道だった序盤の行動のバリエーションが増えます。

ゲーム後半への影響は、戦艦の能力次第で異なります。どちらにせよ,勢力同士が睨み合う上を飛んで,アドバンテージを与える空中戦艦によって、これまででは膠着していた展開にも流動性が生まれ、ゲームのスピードが上がりそうです。
戦艦の能力が、全プレイヤー同じ,というのはなかなか思い切ったな、と思います。選択ルールを導入すると、プレイヤーごとに異なった戦艦の能力を持てますが、このゲームはただでさえ情報量が多いですから、全プレイヤー共通でちょうどよいように思えます。

空中戦艦の存在感、圧迫感、はんぱないですね

積んでいる資源を消費する爆撃能力があったりするんですが、石油や鉄はともかく、小麦爆弾とかどうやってるのか想像すると、ちょっとクスっとします。

プレイ後の追記です

空中戦艦は、良い意味で、たいしてゲームに影響を与えません!
言い換えると本当に自然に、Scytheのゲーム性にうまく溶けこんでいます。プレイ前の考察どおり、このゲームのややもすると一本道な部分に選択肢が生まれ、膠着のストレスが減ることは確かです。別に、導入が必須という訳でもなく、入れた場合でも活用しなくても勝てるし、ものすごく活用してもちゃんと負けます。
初回のユーザーには絶対におすすめしませんが、3回目以降のプレイなら違和感なく使えると思います。戦艦の能力が全勢力共通なため、処理するべき情報量があまり増えないのも、良いですね。

最も読まれているレビューを表示しました
  1. 投稿者:YYYKKK
マイボードゲーム登録者
  • 58興味あり
  • 12経験あり
  • 10お気に入り
  • 17持ってる
プレイ感の評価
運・確率1
戦略・判断力1
交渉・立ち回り1
心理戦・ブラフ0
攻防・戦闘1
アート・外見1
作品データ
タイトル大鎌戦役:ウィンド・ギャンビット
原題・英題表記Scythe: The Wind Gambit
参加人数1人~7人(70分~140分)
対象年齢14歳から
発売時期2017年~
参考価格未登録
データに関する報告
ログインするとフォームが表示されます

レビュー 1件

  • 574
    名に参考にされています
    投稿日:2017年12月12日 00時55分

    サイズ第2拡張ウィンドギャンビット。内容を紹介します。(2017/12/14末尾にプレイ後の感想をいれました)本拡張は、パッケージの通り、サイズの世界に、巨大な空中戦艦を導入します。7つの陣営それぞれの色の、空中戦艦がミニチュアで用意されています。ひとつひとつは意外に重く、重厚です。空中戦艦をざっくりどんなものか説明すると。。。-最初から本拠地に置かれる(ゲーム中にあらためて配備などはしなくていい)-能動能力と受動能力のひとつずつをランダムで選んで持つ。全プレイヤーの空中戦艦の能力は共通-湖や川を含むすべてのエリアを移動でき、敵のユニットがいるエリアも移動できる。-いかなるエリアも支配で...

    YYYKKKさんのレビューを読む

リプレイ 0件

投稿を募集しています

戦略やコツ 0件

投稿を募集しています

ルール/インスト 1件

  • 353
    名に参考にされています
    投稿日:2017年12月13日 14時44分

    空中戦艦のルールですセットアップ-各プレイヤーは自勢力の戦艦をとり、ホームに置く-能動能力と受動能力をランダムに引き、遭遇カードの脇に置く空中戦艦はいかなる領域も支配しない。他勢力の支配地域も自由に通れる空中戦艦だけがいる領域上の資源は使えないゲーム終了時も、戦艦だけがいる領域上の資源は点数換算できない資源と労働者の輸送空中戦艦は、3資源か、2労働者を運べる。これは能動能力カードで指定される。移動中に資源や労働者を乗せたり、下ろしたりするルールはメックと同じ。戦艦に乗せるものは戦艦のミニチュアに載せること資源の輸送空中戦艦に載せた資源は、支配下に入る。使用できるし、点数計算にも入れる労働...

    YYYKKKさんのルール/インストを読む

掲示板 0件

投稿を募集しています

会員の新しい投稿

関連記事&スポンサーリンク