マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能各種投稿が可能になります。また投稿で商品購入時に利用できるポイントが貯まります(消費機能は開発中)。
フォロー・フォロワー「ボドとも」としてフォローしておくと、気になるユーザーや知人のアクティビティが通知されるようになります。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。

横暴編集長Obo Henshucho

編集長「よし、このタイトル採用!」編集部員「そんなの横暴です!」

横暴編集長はプレイヤーが編集者となり、面白い組み合わせで文学作品のタイトルを付けていく斬新なボードゲームです。

遊び方はとても簡単です。上下に分かれたタイトルを組み合わせて1人ずつ面白い題名を作成していきます。全員が発表し終えたら編集会議を行って多数決優秀作品を選び、人数×2回分の選出を行ったら正式採用のタイトルを決定します。
正式タイトルが1人に決まらなかった場合は、じゃんけん勝負で勝った人が横暴編集長となります。横暴編集長となったら、編集長という権力を振りかざして横暴に正式採用のタイトルを決定してください。

カードは全部で200枚!1万通りの組み合わせから奇跡の組み合わせが生まれるかも!?
勝ち負けに関係なく楽しめるボードゲームです。

上記文章の執筆にご協力くださった方
  1. まままま
マイボードゲーム登録者
  • 92興味あり
  • 385経験あり
  • 97お気に入り
  • 179持ってる
プレイ感の評価
運・確率4
戦略・判断力1
交渉・立ち回り0
心理戦・ブラフ0
攻防・戦闘0
アート・外見7
作品データ
タイトル横暴編集長
原題・英題表記Obo Henshucho
参加人数3人~5人(20分~25分)
対象年齢10歳から
発売時期2015年~
参考価格2,160円
データに関する報告
ログインするとフォームが表示されます

レビュー 5件

  • 250
    名に参考にされています
    投稿日:2018年01月27日 21時22分

    既存の本のタイトルを上下にぶった切った「とある魔術の」「禁書目録」みたいな手札がたくさん組み合わて新しいタイトルをつけようって大喜利ゲーム小説や映画の素養があると品評会が盛り上がるね・プレイヤー人数+2の札が場に撒かれるそれが全部上の句か下の句かわからず、運次第・スタピー決めて順番に自分の手札と合わせたい札を場から取る、スタピ有利・手札5枚この手札5枚が上の句下の句どちらかだけになったら全部捨てて5枚山札から取るここがキモかも→使いやすかったりフレーズが強いのを残したかったら、上下バランスよく手札に残すようにゲーム進めるし使いづらいのばっかりだったら、片方だけ消費して総とっかえ狙ったり大...

    tapy_walkerさんのレビューを読む
  • 307
    名に参考にされています
    投稿日:2017年12月15日 23時16分

    とりあえず完成した作品群をさらしますね。そうすれば、どんなゲームかは大体わかってもらえると思います。「六畳間のアリス」「ものすごくうるさくって部活やめるってよ」「注文の多い少女ハイジ」見ての通り、有名な作品のタイトルの上の句と下の句をくっつけて破壊力を産出するゲームです。

    おっきーさんのレビューを読む
  • 102
    名に参考にされています
    投稿日:2017年05月09日 16時31分

    このゲームは作った人のセンスが素晴らしいと思いました。インストも難しくなく、軽いゲームなので、個人的におすすめです。

    くまさんのレビューを読む
  • 164
    名に参考にされています
    投稿日:2017年02月23日 11時15分

    プレイヤーは鹿馬文庫の編集者となり、面白い本のタイトルを作っていくゲームです、.本のタイトルは上の句、下の句で分割した札があり、それを手札としてそれっぽい感じにつなぎ合わせて本のタイトルを作り上げます。([アンドロイド]-[でも恋がしたい!])とか。.一番おもしろいタイトルを作った編集者が勝者となります。いわゆる大喜利のアドリブ系のゲームではございますが、ネタは事前に配られている分、アドリブが苦手な方でもそこそこ楽しめるゲームとなります。

    oshio_senseiさんのレビューを読む
  • 287
    名に参考にされています
    投稿日:2016年11月12日 10時53分

    思い付きで簡単に作れる大喜利ゲームは、デザイナー視点で”あくまで個人的に”余り評価しないのですが、ルールが簡単でインスト簡単で、外れず盛り上がれるこのゲームは評価せざるを得ません。悔しいですが。既存の本のタイトルを上下に分けたものを選んで、組み合わせで新しいタイトルを作り発表し、どのタイトルが良かったかを選ぶという単純なゲームです。まずは、素晴らしい点をいくつか。文庫本を想起させる装丁やタイトルカードがゲームのテーマにしっかりとフィットし、シカとウマのマークが馬鹿ゲーであることを表現しており、とてもユーモアを感じます。気になる点をいくつか。面白くなるように歴史的な名作からラノベまで、遊ん...

    松尾直樹(なおぶ@AHC)さんのレビューを読む

リプレイ 2件

  • 157
    名に参考にされています
    投稿日:2018年04月28日 14時00分

    5人で2ゲームやってみた合計点。「ライ麦畑で」「つかまえて」わぁーこれ本当のタイトルじゃん。こんなんは点数もらない。メンバー選定が大事ですね。小説、映画のタイトルが基本なんで、ここら辺の知識がないと本当のタイトルになってしまったりする。下ネタがないので文学大好きメンバーとやれば面白い!

    m1114toyさんのリプレイを読む
  • 108
    名に参考にされています
    投稿日:2017年06月06日 22時29分

    5人で遊んで最後には ソードアート出家上記で3票入って一番に選ばれました(笑)→が入れてくれると思って! しかし他の作品も2票とかで接戦だった!プレゼン能力と場の人達の雰囲気は大事ね〜自分は全然知らなくても 「百万人のハゲが押し寄せるオンライン…!」って呟いたため笑いの渦が(笑)袈裟と坊主とソードアート、ステキじゃないですか!(・∀・)

    かかりちょーさんのリプレイを読む

戦略やコツ 1件

  • 113
    名に参考にされています
    投稿日:2016年03月20日 20時09分

    -盛り上げ方のコツ-このゲームは面白いタイトルを作るだけのゲームとして遊ぶと、面白いけども若干の爆発力不足を感じます。このゲームの真価はできたタイトルから本の内容や読者層などなど広げていくことでタイトルの面白さに深みを加えるところにあります。このエッセンスが加わる事で面白さが倍増、モヤっと感が吹き飛びます。読書家と遊ぶと面白くなりますね。

    GUDAGUDASAMAさんの戦略やコツを読む

ルール/インスト 0件

投稿を募集しています

掲示板 0件

投稿を募集しています

会員の新しい投稿

関連記事&スポンサーリンク