マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能各種投稿が可能になります。また投稿で商品購入時に利用できるポイントが貯まります(消費機能は開発中)。
フォロー・フォロワー「ボドとも」としてフォローしておくと、気になるユーザーや知人のアクティビティが通知されるようになります。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。
  • 2019年~

NHKカガクノミカタ くらべてみるゲームロキ@大阪市内さんのルール/インスト

49
名に参考にされています
2020年04月03日 13時20分

NHKの理科教育番組「カガクノミカタ」から生まれた、
質問して比べる動物当てっこカードゲーム!

動物同士を比べる質問をして、伏せられた動物が何かを当てる知育ゲームです。
「質問する→比べる→仲間分けする→予想する」を通して、
自ら「ふしぎ」を見つけ「問い」を作る“課題発見力”を育み、さまざまな見方を養います。


【遊び方】
1人が動物X役、他の人は博士役になります。博士役は30種の動物の中から、
動物Xがなんの動物なのかを当てます。

①質問 博士の1人が「しつもんカード」を選び、動物Xに質問します。
②比較 動物Xは、お題の「どうぶつカード」の動物と自分の動物を
    想像で比べて質問に答えます。
③仲間分け 博士たちは「どうぶつチップ」を使って、当てはまる動物を仲間分けし、
      その中から動物Xを予想します。
④予想 博士たちは同時に予想を発表します。
当たったら、動物Xと当てた博士が1ポイントずつもらいます。
はずれたら次の博士が質問し、①~④を繰り返します。
動物X役を1人1回して、一番ポイントが多い人の勝ちです。

「自分で考えた質問をする」カードを入れると、質問力をさらに養えます。


【入っているもの】カード64枚(どうぶつカード31枚、しつもんカード33枚)、
どうぶつチップ120枚、遊び方ガイド(動物情報付き)
【対象年齢】5歳以上
【対象人数】2人~4人
【プレイ時間】約15分

2
名の会員がナイス!ボタンを押しました
  • ナイス!
  • まーく。
  • Nobuaki Katou
NHKカガクノミカタ くらべてみるゲーム
NHKカガクノミカタ くらべてみるゲームの通販
NHKの理科教育番組「カガクノミカタ」から生まれた、質問して比べる動物当てっこカードゲーム!
残り1点
1営業日以内に発送
日本語マニュアル付き
¥ 1,760(税込)
ロキ@大阪市内さんの投稿をシェア
マイボードゲーム登録者
  • 5興味あり
  • 4経験あり
  • 0お気に入り
  • 4持ってる
テーマ/フレーバー
テーマ/フレーバー未登録
メカニクス
メカニクス未登録
プレイ感の評価
運・確率0
戦略・判断力0
交渉・立ち回り0
心理戦・ブラフ0
攻防・戦闘0
アート・外見0
作品データ
タイトルNHKカガクノミカタ くらべてみるゲーム
原題・英題表記NHK Kagakuno Mikata Kurabetemiru Game
参加人数人数未登録(時間未登録)
対象年齢未登録
発売時期2019年~
参考価格未登録
クレジット
ゲームデザイン加納 圭
アートワークヨシタケシンスケ佐々木真由子
関連企業/団体NHKエデュケーショナル
データに関する報告
ログインするとフォームが表示されます

ロキ@大阪市内さんの投稿

会員の新しい投稿