マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能投稿した記事が読まれるたびに、通販でお得に商品を購入できるボドクーポンをGET! ハードル低めです。
コミュニティ機能専用掲示板・ボードゲームリストの合体機能が便利!公開コミュニティ、秘密のコミュニティ、設定も豊富。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。
  • 2人~4人
  • 40分前後
  • 8歳~
  • 2021年~

リビングフォレストTJさんのルール/インスト

101名
0名
0
4ヶ月前

ゲームの目的
 各プレイヤーは自然の精霊となり、鬼火の執拗な攻撃から森を救うことを目指す

内容物
 初期カード56枚(14枚×4)
 火まといカード23枚
 レベル1カード23枚(右下が白)
 レベル2カード16枚(右下が黄)
 レベル3カード12枚(右下が赤)
 精霊スタンド4個
 開始時護りの木タイル4枚
 勝利要素タイル12枚(3枚×4)
 森ボード4枚
 護りの木タイル39枚
 精霊の環ボード1枚
 炎トークン58枚(3種類)
 守護獣ボード1枚
 延焼ボード1枚
 聖樹マーカー1個
 欠片トークン20枚
 護りの木ディスペンサー2組

準備
 ・精霊の環ボードをテーブル中央に置く
 ・適当な方法でスタートプレイヤーを決めて、聖樹マーカーを渡す
 ・各プレイヤーは精霊1人を選び、森ボード1枚、開始時護りの木タイル1枚、
  勝利要素タイル3枚、精霊スタンド1個、初期カード14枚を受け取る
  森ボードを自分の前に置き、その中央スペースに開始時護りの木タイルを置く
  森ボードの左側に勝利要素タイル3枚を置く
  精霊の環ボードに示されたアイコンを参照して、適切な岩マスの上に自分の精霊スタンドを置く
  初期カード14枚をシャッフルして、森ボードの右側に置いてデッキにする
 ・守護獣ボードを精霊の環ボードのそばに置く
  カードをレベル別に分けてシャッフルして、対応するスペースに置いて山札にする
  各山の上から4枚をめくって表向きに並べる
 ・炎トークンを種類別に分けて、守護獣ボード上の対応するスペースに重ねて置く
  値2の炎トークンの山から1枚を取り、精霊の環ボードの中央に置く
 ・護りの木ディスペンサー2組を精霊の環ボードのそばに置く
  各スロットに一致する護りの木タイルを全て差し込む
  3人プレイの場合、コストが3・4・5の護りの木タイル6種類について1枚ずつ除外する
  2人プレイの場合、コストが3・4・5の護りの木タイル6種類について2枚ずつ、
  6・7・8の護りの木タイル3種類について1枚ずつの計15枚を除外する
 ・延焼ボードを精霊の環ボードのそばに置く
  欠片トークンと火まといカードを延焼ボード上の対応するスペースに重ねて置く

ラウンドの流れ
 以下の3つのフェイズを順に行う
 1.守護獣フェイズ
 2.アクションフェイズ
 3.ラウンド終了フェイズ

1.守護獣フェイズ
 全てのプレイヤーが同時に処理を行う
 各プレイヤーはデッキから守護獣カードを1枚めくる
 これを好きな回数行う
 公開したカードは左側が見えるように重ねて横一列に並べる(「守護獣ライン」)
 デッキが尽きている場合、捨札をシャッフルして新たなデッキにする
 ※このフェイズ中、いつでも自分の捨札を見ることができる

 守護獣ラインに左上が黒丸のカードが3枚置かれた場合、そこでカードを引くのをやめなければならない
 後のアクションフェイズで実行可能なアクションの回数が減る
 左上が白丸のカードは黒丸1つを無効化する

 守護獣フェイズ中であればいつでも、欠片トークン1枚を消費して、下記のうち1つを実行できる
 ・公開したばかりの火まといカード1枚について、守護獣ラインに置かず即座に延焼ボードへと戻す
 ・公開したばかりの守護獣カード1枚について、守護獣ラインに置かず即座に捨札に置く

2.アクションフェイズ
 聖樹マーカーを持つプレイヤーから順に行う
 無効化されていない黒丸が2個以下の場合、2つ異なるアクションを実行する
 3個の場合、1つのアクションを実行する
 アクションは以下の5つ
 ・欠片トークンを取る
  ストックから欠片トークン1枚を獲得する
 ・守護獣を招き入れる
  守護獣ディスプレイから、好きな枚数の守護獣カードを獲得する
  カードの右下のコストの合計が、太陽アイコンの数の合計以下になるようにする
  獲得したカードは好きな順番で自分のデッキの一番上に裏向き置く
  ※この時点では、守護獣ディスプレイのカードを補充しない
 ・炎を消す
  精霊の環ボードの中央から、好きな枚数の炎トークンを獲得する
  炎トークンの合計が、水アイコンの数の合計以下になるようにする
  獲得した炎トークンは、値の示されていない面を表にして、自分の森ボードのそばに置く
 ・精霊の環の上を進む
  精霊の環ボード上にある自分の精霊スタンドを、時計回りに好きなマスまで動かす
  渦巻アイコンの数の合計まで動かすことができる
  移動中、他のスタンドがある場合、それを飛び越して次の空いている岩マスまで進む
  この際、飛び越した岩マスは進めたマスに数えない
  また、飛び越した各スタンドのプレイヤーから、好きな勝利要素タイル1枚を獲得する
  移動後、最後に止まった岩マスに示されたボーナスアクションを即座に実行する
 ・護りの木を植える
  護りの木ディスペンサーから好きな護りの木タイルを1枚だけ獲得する
  タイル右上の数が、植物アイコンの数の合計以下になるようにする
  獲得したタイルは、自分の森ボード上の他の護りの木タイルに隣接させて置く

3.ラウンド終了フェイズ
 以下の5つのステップを行う
 1.鬼火が精霊達を襲う
  精霊の環ボードの中央に炎トークンの数を合計する(「火力」)
  水アイコンの数の合計が火力よりも低いプレイヤーは、
  炎トークンの(値ではなく)枚数と同じ枚数の火まといカードを延焼ボードから取り、自分の捨札に表向き置く
  ※火まといカードが不足する場合、該当プレイヤー達に同じずつ配り、余りは延焼ボード上に残す
  ※火まといカードがない場合、以上の処理を行わない
 2.鬼火が聖樹を襲う
  このラウンド中、守護獣ディスプレイから取られたレベル1のカードの枚数を数え、
  それと同数の値2の炎トークンを守護獣ボードから取り、精霊の環ボード中央に置く
  同様に、取られたレベル2のカードの枚数と同数の値3の炎トークンを置き、
  取られたレベル3のカードの枚数と同数の値4の炎トークンを置く
  炎トークンの上限は7枚で、7枚目が置かれた時点で以降の配置はスキップする
  (精霊の環ボードの中央に記入されている)
  この処理の後、炎トークンが1枚もなければ、値2の炎トークン1枚を置く
 3.新たな守護獣達が駆けつける
  同じレベルの守護獣カードの山から補充する
  ※山が尽きた場合、補充はしない
 4.守護獣達が帰還する
  自分の守護獣ラインのカードを捨札にする
 5.聖樹が力を与える
  聖樹マーカーを左隣のプレイヤーに渡す

ゲームの終了
 アクションフェイズの終了時、誰かが以下のいずれかの条件を満たすとゲーム終了になる
 ・護りの木を12種類植える
  自分の森ボード上の護りの木タイルの(枚数ではなく)種類数と、
  持っている護りの木の勝利要素タイルの枚数の合計が12以上
 ・炎を12個消す
  獲得した炎トークンの(値ではなく)枚数と、
  持っている炎の勝利要素タイルの枚数の合計が12以上
 ・聖なる花を12輪集める
  今回のラウンドで自分の守護獣ラインや森ボードからもたらされた花アイコンの数(山札や捨札は含まない)と、
  持っている聖なる花の勝利要素タイルの枚数の合計が12以上
 ゲームを終了させたプレイヤーの勝ちになる
 複数の場合、それらのプレイヤーは自分の護りの木の種類数と炎の個数と聖なる花の数を合計して、
 その総数がより多いプレイヤーの勝ちになる
 それでも同点の場合、引き分け

この投稿に0名がナイス!しました
ナイス!
国王
TJ
TJ
シェアする
マイボードゲーム登録者
  • 207興味あり
  • 545経験あり
  • 149お気に入り
  • 257持ってる
ログイン/会員登録でコメント
ログインする

TJさんの投稿

会員の新しい投稿