マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能投稿した記事が読まれるたびに、通販でお得に商品を購入できるボドクーポンをGET! ハードル低めです。
コミュニティ機能専用掲示板・ボードゲームリストの合体機能が便利!公開コミュニティ、秘密のコミュニティ、設定も豊富。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。
クーポン
リトルタウンビルダーズ
  • リトルタウンビルダーズ当商品
  • 参考画像
  • 参考画像
  • 参考画像
  • 参考画像
  • 参考画像
  • 参考画像
  • 参考画像
  • 参考画像
  • 参考画像
  • 参考画像
  • 参考画像

「参考画像」は会員が当サイトのデータベースにアップロードした画像です。

  • 2~4人
  • 30分前後
  • 8歳~
  • 2017年~

リトルタウンビルダーズ

メーカー・卸元:アークライト

残り1点
1営業日以内に発送可能
日本語マニュアル付き
魅力的な建物を建て、自分たちのリトルタウンをつくり上げよう!

 ゲームマーケット 2017 秋で発表され、高い評価を受けた『リトルタウンビルダーズ』のリメイク版! 16種類の新たな建物タイルや新マップ2種類が追加されたほか、コマやパッケージのビジュアルも一新されました。

 このゲームは、「ワーカープレイスメント」と呼ばれるゲームです。自分のコマを建物の近くに配置することでさまざまな効果を発生させて、資源を獲得します。そうした効果の数々を上手に利用して、たくさんの勝利点を獲得することが目的です。

 建物タイルは全部で40種類! それらの組み合わせでゲームは大きく変化し、遊ぶごとに違った展開が楽しめます。

 非常にシンプルながらも何度でも遊びたくなる、名作ゲームです!

世界観/フレーバー/アートワーク

システム/メカニクス/ジャンル

制作者/関連企業/団体

レビュー 50件

レビュー
923名が参考
4年以上前

ようやく正しいルールで遊べたのでレビューします(あんな簡単なルールブックの内容をどうやって間違えて2度もプレイしたのかは我ながら謎ですが……)。

ワーカープレイスメントとして考えるとかなり軽いルールですが、ゲーム慣れしていない人とプレイした感じでは、かなり重いゲームだったらしく難しい難しいと言いながらプレイされていました(それでも楽しんでいただけたみたいではあります)。

アグリコラとかもっと重いゲームの前の布石として、ワーカープレイスメントに手を伸ばすとっかかりとしてはとてもいいゲーム。ただ、それでもまだ重いので、ゲーム始めたばかりの初心者に2,3個目くらいに遊ばせるゲームではないかも。30分と箱にはありますが、45分くらいは(ダウンタイム込みでも)見てプレイした方がいいかもです。ほんとの初心者相手前提なら、同サークルの開拓王の方がカジュアルなのでそちらの方がいいのかなって思います。

このゲームは、現時点では、人数が多ければ多いほどシビアで、少なければ少ないほどカジュアルなゲームになる印象。なので、また2人、3人などの少人数プレイ経験が増えましたら、レビューも加筆予定です。

続きを見る
閉じる
有我悟(あるがさとる)@レガシー
有我悟(あるがさとる)@レガシー
レビュー
676名が参考
4年弱前

基本をしっかり押さえながら、かなりシンプルな仕上がりになっているワーカープレイスメントゲームです。

プレイヤーは建築士のチームのリーダーになり、豊かな大地に新しい町を作り上げていきます。

建設によりフィールドに建物を建てることができるため、ワーカーをマスに配置したときの効果がだんだん強化されていきつつ、フィールドがどんどん賑やかになっていきます。
ゲーム終了時にはフィールドが建物でそこそこ埋まった状態になり、町を開拓した感もしっかりあります。

一方でワーカーへの食料供給システムもきちんとあるので、なるべく食料をうまく調達しながら建物からも効果を得られるような場所に建物を建てたりワーカーを配置したりしていくことが重要です。

総じて、以下のようなジレンマがうまくシステムとして取り込まれており、ワーカープレイスメントの面白さを比較的手軽に味わえるとてもいいゲームです。

  • ワーカーをどこに配置するか (建物を建てるのか、食料を供給するのか、建材を調達するのか)
  • 他プレイヤーの建てた建物を利用するかどうか (利用するには1金を渡さないといけないため、自分や相手の財布と相談が必要)
  • 建物をどこに配置するか (なるべく便利な場所に建てたいが、あまりに便利すぎるマスができると妨害の的になる)


欠点を挙げるとすれば、ワーカープレイスメントの宿命として相手が何をしたいかを予測して動けるスキルが必要になる (同時に、慣れない場合は長考を誘発することがある) ことと、シンプルであるがゆえに慣れてくると諸事情を加味しても最善手が簡単に見つかってしまう場合がまれにあることでしょう。

また、細かい点なのですが、3人目4人目の色があらかじめ決まっているのに (人数が増えるとワーカーや建物の所有を表す家コマが少なくなるが、もともと少ない数しかコマが入っていない色がある) 、箱から袋を出したときにぱっと見ではわかりにくいため「好きな色選んで」と渡してから「コマの数足りないんだけど」と言われて「あ、そうだ、色決まってるんだった」となったことが少なからずありますw

自分はボードゲーム初心者の友人とも何回か遊んだことがありますが、友人ももともとゲーマー気質であったためか楽しんでプレイしてできていました。

ワーカープレイスメントに慣れていない人やゲーマーではあるけれどボードゲームにはあまり触れない人と遊ぶときにはかなりおすすめできるゲームだと思います。

続きを見る
閉じる
勇者
D-Swordman
D-Swordman
レビュー
613名が参考
2年以上前

資源を集め建物を建てポイントを競うゲームですが、1ターン終わるごとにワーカー1匹に対して食糧を1つ支払う必要があります。

食料が足りない場合は減点されるので、資源と食料の調達バランスを考えながら進める必要があります。

また、ゲーム開始時に各プレイヤーに目標カードが渡され、そのカードに書かれている目標を達成することでもポイントを獲得できます。

食料も確保しつつ、うまく目標を達成するように建物を建てる戦略的要素が個人的には気に入りました。

サイコロも使わないですし、運的要素は目標カードくらいかな。

戦略的要素というと難しそうですが、各手番でやることは2つのうち1つ、建物を建てるかワーカーを配置するかだけ。

ワーカーを任意のマスに配置することで、隣接するマスから資源や食料を確保することができます。


対象年齢が8歳からとあるようにルールはいたってシンプルです。

実際8歳の息子もすぐルールを理解して楽しむことができました。


個人的なマイナス点は2つ。


1.目標カードは本来非公開(達成したらその都度オープン)なのですが、8歳では習わない漢字が多く使われているのでそこを説明するために必然的に目標カードを見ることになります。目標カードを使わないという遊び方もありだと思うので、小さなお子さんと遊ぶときは配慮が必要です。


2.建物カードは24枚ありそのうちゲームで使用するのはランダムに12枚なのですが、選んだ12枚では目標達成できない目標カードが出ることがあります。その場合、ゲーム開始前にオープンにして目標カードを交換するのですが、選んだ建物カードで目標達成できるかどうかを判断しなければならないのが面倒です。

一目でわかる仕組み(色分けなど)が欲しかった。


ま、このあたりは慣れてしまえばどうということはないと思いますけどね。


余談ですが、このゲームは細かなトークンやカードが多く準備や片付けがちょっと面倒だったので、百均でケースを購入してみました。

御参考まで。

続きを見る
閉じる
勇者
おとん大佐
おとん大佐
レビュー
596名が参考
約2年前

ここまでコンパクトにまとめ上げたワーカープレースメントはなかなかお目にかかれないでしょう。

それでいて、エリア管理、リソース管理、建物の建設など色々な要素をしっかり含んでおり、内容としてはまさにワーカープレースメントの王道を行くかのような作品です。

リトルタウンの名の通り、比較的狭い2次元のマップ上に直接ワーカーを配置して、リソースを得、建物を建築していくのが基本の流れで、とてもオーソドックスです。

ただここで、マップにワーカーを置いて周囲のマスの効果を得ることができ、また、お金を払うことで他人の建物を利用することも可能というところが特徴的で、このゲームのアイデンティティともいえる部分です。

プレイ感としては、平面マップを用いたケイラスにタイル配置の妙を加えたゲーム、というのが最もしっくりきます。大部分は公開情報で、運の要素は低く、インタラクションもほどほどにあります。よく言われる初心者向けのゲームかといわれると少し違うような気もしますが、ルールはシンプルなため、慣れるまでにそう時間はかからないでしょう。


重量級のゲームを好むゲーマーには、複雑さという点では少し物足りないかも知れません。

実際そのようなゲーマー同士がこのリトルタウンを囲む図は想像し難い。重量級のワカプレをコート全面使った硬式テニスとすると、さしずめこの作品はスポンジボールを使ったミニテニスといったところでしょうか。

とはいえ、ワーカーを置いた周囲のスペースを活性化するというアイディアはありそうであまり見ないものです。オレゴンや、最近リメイクされたグレンモアなどで似たシステムが採用されてましたが、両者とも比較的重めのゲームになります。リトルタウンではこのメカニクスをうまく融和させ、新鮮なプレイ感を生み出しているところが素晴らしいです。

所要時間も短くまとまっており、ワーカープレースメントの導入に使うとか、他の複雑なワーカープレースメントがあまり楽しめなかった方にも良いと思います。

小さな子供でも、だれずに遊べるのは大きなセールスポイントでしょう。

日本発の、世界で通用しうるボードゲームの1つでもあります。パーティー系ゲームばかりではなく、このような本格的な作品が活躍することも、日本のボードゲーム界にとって重要な事だと思います。

評価8/10  重さ4/10

続きを見る
閉じる
maro
maro
レビュー
583名が参考
1年以上前

2020年5月に家族でボードゲームを始めて以来、初めて妻が欲しいとのリクエストがあったボードゲームが、これです。ネットを閲覧していたら面白いという記事があったようです。なのでAmazonで早速購入しました。

ジャンルとしてはワーカープレイスメントですが、ルールはあまり難しくないです(対象年齢は8歳以上となっています)。ルールインストは5分ぐらいで終わりました(経験が豊富な人であれば、ルールブックの最後のページの「ルールのサマリー」を読むだけでも大丈夫だと思います)。

ワーカープレイスメントのシステムですので、当然ワーカーコマを置くことによってゲームが進んでいくのですが、置き方が独特だと思います。「ビルダーズ」なので「建築する」アクションスペースはあるのですが、建物を建築するには資源が必要です。その資源の獲得方法が独特で、資源がかかれたボードの任意のマスにワーカーコマを置きます。そして、その周囲の8マス(ワーカーコマ置いたマスを除く)に描かれている資源(池、森、山)から資源を得ることができます。また、自分が建築した建物タイルが置いてあるマスの効果を使うことができます。さらに、自分以外のプレイヤーが建築した建物の効果も、タイル1枚につき「1金」を支払うことによって利用できます。効果によっては支払った以上の効果を他のプレイヤーの建物から得ることも可能になりますので、ワーカーコマを置く場所はラウンドが進むにつれて、よく考える必要があると思います。

ゲームの勝敗は、獲得した勝利点によって決まりますが、建物の建築する以外で勝利点を獲得することができます。その一つが「目標カード」で、このカードに書かれている条件をクリアするとゲーム終了時に追加で勝利点を獲得することができます。あとは「3金」で「1勝利点」となります。

またゲームは4ラウンドと短いので、他のワーカープレイスメントのボードゲームに比べるとプレイ時間は短いですので、ちょっとした時間にプレイできます。ただし、他のワーカープレイスメントでは、ソロプレイに対応しているものも多いですが、このゲームはソロプレイはできません。

ルールは簡単で、プレイ時間も短いので、ワーカープレイスメントの入門用には良いと思います。

下の写真は、家族4人でプレイしている場面です。

続きを見る
閉じる
Hide
Hide
ルール/インスト
571名が参考
2年弱前

基本ルール

まず持ち駒を配ります。

プレイ人数によって持ち駒の数が変わります。

2人-猫5/家7

3人-猫4/家6

4人-猫3/家6

目標カードを一人3枚ずつ裏向きで配ります。

お金を3コインずつ配ります。


6×9の長方形のボードを広げます。

※初回は猫マーク面推奨。


畑カード5枚と任意の建物カードを12枚ボード横に並べます。

※初回はヒヨコマークを推奨。


得点ボードに点数マーカーとラウンドマーカー(白)を置いてスタート。


4ラウンドしかないので、スタートプレイヤーは1人1回〜2回です。

※3人でやるときは4ラウンド目は得点の低い人がスタートプレイヤーになる。


手番でやることは、

a.ボードに猫を置いて資源を得る。

又は

b.建築現場に猫を置いて、資源を消費してボードに建物を建てる。

その2種類だけです。


a.資源を得る

猫を配置したマスの周囲8マスから資源を得られます。

スタート時では「木/石/魚」の3種類。

畑を作れば畑カードの下に記載されている「麦」を得られるようになります。

ただし、他人の建物(畑)を使用する場合、持ち主に1コイン支払います。

建物の効果は資源を得る以外に勝利点やお金を得るものがあります。


b.建物を建てる

建物カードの左上に記載のある必要資源を持っていれば、猫を建築現場に置いて、資源を払って建物をボードに置くことができます。

畑以外の建物カードは一枚ずつしかないので早いもの勝ちです。

資源1つは3コインで代用できるので注意してください。

良い場所にある建物は他プレイヤーも使用料を払って使ってくれるので良い収入源になります。配置場所はよく考えましょう。


全員が手持ちの猫を使い切ったらそのラウンドが終了します。

ここで重要なのが食料。魚と麦を合わせて、自分の猫の数だけ消費しなければなりません。もし不足すると不足1に対して得点が-3されてしまいます。

ラウンド中に食料の確保を忘れないように気をつけてください。


3枚配られている目標カードは「1ラウンド中に他プレイヤーが自分の建物を2回使用する」など、条件を達成した瞬間に表明してオープンにします。


4ラウンド目ともなると建物も随分増えて、猫を置くと1手で6〜7個の効果を得られたりするので、一気に逆転するような場面も出てきます。


4ラウンド終了した時点で得点の高い人が勝者となります。


追加ルール1

巡礼地カードを使用します。

巡礼地をラウンドごとにスタートプレイヤーが設置します。

そのラウンド終了時にその周囲8マスに一番多く駒を置いた人に3点、二番手に2点入ります。

※同点の場合、順位が一つ下がります。(2位が2人→0点)

ある程度ゲームに慣れてから使いましよう。


追加ルール2

7×8の正方形に近いボードと星印の建物を使用します。

こちらでは12枚の建物カードの他に星印の建物を4枚追加します。より攻防が激しくなりますので、ある程度慣れてからやりましょう。

続きを見る
閉じる
仙人
タデイ27
タデイ27
レビュー
553名が参考
2年以上前

★9(個人的10段階評価)


ワーカープレイスメント系中量級の決定版

海外の名作達にも決して引けを取らない完成度!


王道ワーカープレイスメント系ゲームです。

自分のワーカーをボードに配置し、その場所(周囲)の効果でリソースを得る。そのリソースでワーカーを養ったり、建物を建てたりして、最終的には勝利点を稼ぐ。そのまんまのゲームです。


ではなにが魅力的なのかと言えば、それはやはり「一つのボードに皆で街を作る」という部分でしょう。


今作には「個人ボード」というものがないです。自分の街を作るゲームじゃない。

勝利点や効率の良いリソース確保のために自分が作りたい施設は、共通のボードにタイル配置の形で作っていきます。しかも、そうして作った施設は他のプレイヤーも使用できる(使用料を払えば)。

これによってプレイヤー同士の絡みがキッチリ確保されつつ、それでいて一つの街がどんどん出来上がっていく満足感、そして便利な施設が増えることによる拡大再生産感と、それらが全てバランス良く調和を保っています。


ジャンルは全然違うのですが、ある意味カルカソンヌのそれにも少し似ていますね。互いに協力して一つのボードを作っているような、それでいて「出し抜く」タイミングを窺っているような。


そんな様々な楽しみを提供しながらも、プレイ時間がコンパクトにまとまっている点も非常に高評価。

更に更に、出てくるタイルやボードが変わることによるリプレイ性の高さも担保されており、ちょっと驚く程に欠点が見当たらないゲームですね。


商業版になったことで様々な改良が入り、入手性も向上しており、是非オススメしたいボードゲームとなっております。


二人からでも充分に楽しめるゲームですので、コンパクトなワーカープレイスメントをお探しなら是非!

初心者向けどころか、万人向けワーカープレイスメントと言っていい作品かと!

続きを見る
閉じる
すあま
すあま
レビュー
540名が参考
2年以上前

新宿東急ハンズのゲームマーケットフェアの時に買ってみました。

サイコロの使わないボードゲームは初めて買ったのですが、戦略を考えながら、ワーカーを置いたり、建物を建てたり、ワーカーの食事を考えたりと、いろいろやることがあって面白かった。

プレイ時間も初めてやった人、3人で1時間くらいで、気楽にできると思います。

何度もプレイしたくなるゲームです。

おすすめです。


続きを見る
閉じる
国王
ふる
ふる
レビュー
503名が参考
1年以上前

小4と小1の娘といつも遊んでいます。

ワーカープレイスメントゲームはプレイ時間が長いものが多く、また推奨年齢も比較的高い印象があり、なかなか購入には至らなかったのですが、このゲームの皆様の感想を読むと非常に好印象だったので迷わず購入しました。プレイ人数は2~4人までで、10回以上遊んだ感想になります。詳細なルールは皆さんも掲載されているので割愛します。

いつも子供たちとボードゲームをする際は、私はほとんど手加減なしで遊んでいます。そうやって運の要素があるのかを推し量ったりもしているのですが、遊んだ印象も去ることながら、10回以上遊んでも一度も負けていないところを見ると、運の要素は皆無に等しく、戦略性が問われるゲームという印象です。勝ち目がないと飽きっぽい(諦めてしまう)次女にとってはちょっと厳しいですが、負けても諦めずに立ち向かおうとする長女にとっては非常に楽しめているようで、特にリプレイ性を高めるために、マップや建物タイルも複数用意されているなどなかなか飽きが来ない工夫がされているのが好印象です。

またこのゲームは人数によってもプレイ感が異なる印象を受けています。2人プレイのときは他のプレイヤーとは絡まず、ある程度自分が建てた建物から得た資源や勝利点で勝つことが出来ます。そのため自分が最初に立てた戦略通りに進むことが多くなります。一方で4人プレイになると自分が建物を建てる機会が少なくなるので、如何に他人の土地をうまく利用するか、つまり他人の土地の効果を得るために如何に効率良くお金を使うかが鍵になります。また4人プレイの場合他のプレイヤーと戦略が被ることが多くなり、最初に立てる戦略は重要ではありますが、それ以上にゲーム途中での他のプレイヤーの行動のヨミと戦略の修正力、判断力が問われてくる感じがします。点差がつきにくくなるためより緻密に戦略を立てる必要が出てきており、難易度が増す印象です。これが子供にはいい勉強=知育になるんじゃないかと期待したりもしています。

ちなみにプレイ時間は、最初は長考気味になるので一時間くらい掛かりますが、慣れてくると30~45分程度でしょうか。年齢は8歳からとありますが、戦略を考えて戦うにはもうちょっと歳を重ねる必要はありそうです。目標カードがフリガナがなく、小4の娘も理解できなかったのですが、薄く絵柄が描かれているのでちょっと説明しただけで全体を理解できました。小1の娘はさすがに理解できないので、最後に何となく加点してあげています。

まあともかくコンパクトにまとまっている名作ワーカープレイスメントゲームといった感じです。是非一度プレイしてみることをお薦めいたします!

続きを見る
閉じる
大賢者
wacky777
wacky777
レビュー
475名が参考
1年以上前

ボードゲームを1,000個以上持っているユーザー視点で良かった点と悪かった点の両面から紹介します!

リトルタウンビルダーズは、自分の駒を使用してアクションを実行するいわゆるワーカープレイスメント形式の面白いボードゲームです!
ワーカープレイスメントながら、非常に簡単なルールになっているので、とっつきやすいです。建物タイルの組み合わせで様子が変わるのも良いです。

1ラウンド目に後手だと食料を集めるに苦労するので若干不利だったり、少しゲームバランスが気になるところがあります・・・


好き度(Like)
 ▶3pt.≪★★★≫
おすすめ度(Recommended)
 ▶3pt.≪★★★≫
子どもと度(With kids)
 ▶4pt.≪★★★★≫


リトルタウンビルダーズの簡単なゲームの流れとルール解説はこちらをご覧ください!

続きを見る
閉じる
オグランド(Oguland)
オグランド(Oguland)
レビュー
390名が参考
約1年前

●子どもと遊ぶために購入したゲームシリーズ。

グレンモアでは個人で町作りをしていましたが、リトルタウンビルダーズは逆転の発想で、みんなで一つの町を作り上げていきます!

ルールは簡単で考えどころもあり、プレイもスムーズで楽しくプレイできましたが、どこかほんのちょっとだけ、物足りなさを感じてしまうゲームでもあります。

確かに、グレンモアの周囲8マスの効果を得られるというシステムを利用して、ワーカープレイスメントによる場所の取り合いや、人が建てた建物をお金を支払うことで使わせもらうのは面白いです!

周囲8マスの効果をどの順番で処理するかで、いろんなコンボも考えられます。コンボ系のゲームは苦手な方ですが、リトルタウンビルダーズは建物のアイコンも簡単で、共通のボード上に建物が配置されているので一目でわかりやすいです。

では、どこに物足りなさを感じてしまったかと言うと、グレンモアでは周囲8マスの効果を得るシステム以外にも、好きなタイルをゲットするのにどこまででも進んでいいですよ、でも後戻りできませんよ的なシステムがありました。あれが、めちゃくちゃおもしろいんですね!

グレンモアもリトルタウンビルダーズも、ワーカーを配置して周囲の効果を得るというのはほぼ同じです。リトルタウンビルダーズの方は、場所の取り合いや建物を建てるといったことはありますが、このゲーム独自の何かというのはあまり感じないような気がします。

各自目標カードを数枚持って、条件をクリアすると勝利点ゲットというのもありますが、プレイに集中出来ないので目標カードなしでプレイする事も多いです。

それか、目標カードを5枚くらい選んで場に公開して、共通目標とするのもいいかもしれませんね。早取り方式で。

プレイのしやすさという面では抜群ですが、もう1つリトルタウンビルダーズ独自のオリジナリティ-要素があれば、最高だったと思います。

とは言っても、子どもうけも良いですし、かわいいアートワークは女の子が特に気に入るんじゃないでしょうか!シンプルで親子でプレイするのにもいいと思います。

個人的な要望としては、少々複雑になってもいいので、リトルタウンビルダーズをベースにして、同じデザイナーのブラウニーズのシステムを合体させた、リトルタウン・ブラウニーズを作ってほしい!

続きを見る
閉じる
大吉さん
大吉さん
レビュー
388名が参考
約1年前

軽〜中量級のタイル配置系ゲームから手を出し始め、ワーカープレイスメントも経験してみたいけれど重めのはまだちょっと...と思っていた頃にレビューを見つけ、手軽に始められそう&アートワークが気に入り購入。


手番ですることは資源の獲得か建築の2択のみ。とてもシンプルで今年小学生になった息子もすぐに覚え、気に入ってくれました。盤面が4種類選べることと、選択できる建物も毎回変わるのでリプレイ性も◎。嫁と息子と3人でやることが多いですがまったり進めても1時間かからないくらいです。


ただプレイ時間をコンパクトに収めるためか、手持ちワーカーの数が3人の場合4個/4人の場合3個と、計4ラウンド中実施できる手番の数がかなり限られるので、例えば「収穫した麦をお金に変えて、お金をそのまま得点化」といったコンボを漸く組み上げても下手をするとフル稼働させる前にゲーム終了、というような不完全燃焼に陥ってしまうことも。(そんなシビアさもワカプレの醍醐味の一つなのかもしれませんが。)ハウスルールとして我が家では3ラウンド目からはワーカーを1個追加したり、時間があればexラウンドを設けて少し長めに遊んでいます。


より得点を伸ばすために効率的な選択や配置を考えるのは子どもにはまだ少し難しい所もあり、今の所息子には予め10点ハンデをあげて丁度良い勝負、という感じです。


余談ですが建物タイルはセリアのカードケース(Deep Type)に入れると幅と高さがピッタリで、クラフトボードで仕切りを入れてみたら一分の隙間もなく収納できてとても気持ち良いです。

続きを見る
閉じる
皇帝
AC T.T
AC T.T
レビュー
372名が参考
1年以上前

すごく簡単なワーカープレイスメントゲームと聞いて購入。

ずっとワカプレは気になってたんだけど、どれも難しそう…。心臓発作くらいしかやったことないし…。


そんな僕でもめちゃくちゃ楽しめました!簡単!ボドゲ苦手な相方も1ゲームやるだけでルール把握できた!

(それでも目標カードは抜いてプレイしてますが…汗)


個々人のワーカー駒が絶妙な数で、相手を邪魔する余裕がそこまでないのも良い!食糧の補給とか資材の補充なんかを意識してると相手の邪魔なんて二の次です。

勝利点とか資材、食糧をサクサク稼げるのも面白いですね。序盤の動きが重すぎて苦痛…なんてこともないですね。終盤は食糧問題が一発解決できるようになったり、食糧→お金→勝利点みたいにコンボを作れるようになったり…。


ワカプレ上級者には物足りないかもしれませんが、初心者にとっては大満足の一作。超おすすめ。

続きを見る
閉じる
山田
山田
レビュー
355名が参考
2年弱前

2人で遊びました。

2人とも初めてで説明書を読んでから始めました。

開始までに20分程度かかりました。

配置コマとフィールドは初心者用でやりました。

ゲーム時間はトータルで1時間ちょっとかかりました。

ゲームシステム自体はそこまで難しくありませんでした。

結構食料負担が大きく、開始時はやれる事が少ないですが、後半に進むにつれてコンボが決まっていくのは爽快でした。

終わる時間が決まっている為、ゲーム時間にバラツキが少ないのも良い点だと思います。

続きを見る
閉じる
大賢者
煌めきのアメジスト
煌めきのアメジスト
レビュー
346名が参考
1年以上前

大人2人でプレイ。相手はは他にボードゲームをあまりやったことのない初心者でした。ルールがシンプルでインストも簡単。プレイ時間も一時間かからず、非常に楽しむことができ、その日は三回連続でプレイしました。コンボを作っていくことが勝ち筋につながり、そのコンボは分かりやすいために見通しが持ちやすいと感じました。建物も毎ゲーム変えられるのでリプレイ性もあると思います。

続きを見る
閉じる
国王
アチス
アチス
レビュー
338名が参考
2年以上前

『リトルタウンビルダーズ』はマップ上にワーカー駒を配置し、周囲8マスからの土地から資源を獲得。獲得した資源を使って様々な建物を建てていくワーカープレイスメントゲームです。

お金を支払えば他プレイヤーの建物も使うことができ、それらを活用してより多くの勝利点を獲得することを目指します。

どこにワーカーを配置してどの順番で建物の効果を使用するのかを考えるのが大変悩ましいゲームとなっており、先取りしないと他プレイヤーに取られてしまうかもしれないドキドキ感がワーカープレイスメントゲームの面白さを際立たせています。

ゲームで使用する建物タイルは、全40枚。異なった組み合わせの建物タイルやゲーム開始時の目標カードによって、毎回異なった展開を楽しむことができます。

https://nicobodo.com/archives/little-town.html

続きを見る
閉じる
勇者
nico_bodo
nico_bodo
レビュー
332名が参考
約1年前

3/5点

シンプルなワカプレ。


手番でやることも

ワーカー置いて

周囲8マスの地形や建物

から資源獲得するか

建物建てるの2択を

ひたすら繰り返すのみ。

(建物所有者に

1金支払えば

他プレイヤーの

建物効果も使用可。)


使用する建物タイルは

毎度異なるし

目標カードも

毎度ランダムに

配られるので

毎回異なるプレイ感で

楽しめる。


ただ

場の建物タイルと

目標カードが

噛み合ってないと

どうしようもないことあり

運が絡んでくるため

ここはもう少し

選択の余地が

欲しかったかな。


なお運要素発生するのは

セットアップ時のみで

それ以外は運要素無し。


そのため

自分の好みでは

ないのだが

同じく運要素薄い

アグリコラと比べると

かなりシンプルで

実力差もそれほど出ない

点は良いかな。


まぁ

ワカプレ初心者に

オススメするなら

運要素もそこそこある

ぬくみ温泉繁盛記のほうが

オススメかなと思うが。


あとタイルが

若干見づらいのは

気になる。


続きを見る
閉じる
ワタル
ワタル
レビュー
321名が参考
2年弱前

 ワーカープレイスメントどころか、ボードゲームをやったことのない状態でプレイ動画に出会い、面白そうと購入しました。

 動画も見ていない未経験者と二人で説明書を見ながら、4ラウンドまでプレイできました。時間も30分かかっていないくらいです。

 ゲームをやりきれて、なんとなく戦略も考えらるのでボードゲームをしている満足感もあります。

 何度かプレイしていますが、初心者二人だとボードの左右で住み分けてしまうので、お互いの施設を利用したり、駆け引きをするような展開を意識する必要はあると思いました。

続きを見る
閉じる
国王
かみっき
かみっき
レビュー
317名が参考
10ヶ月前

1時間以内で終わる、軽めのワーカープレイスメント! 「リトルタウン・ビルダーズ」を含む、4商品で内容を比較してみました。


比較対象

ザ・リバー
モンタナ
リトルタウン・ビルダーズ
アグリコラ・ファミリーバージョン


ゲーム概要:リトルタウン・ビルダーズ

 殺風景な土地を開発して、にぎやかな町をつくっていくゲーム。ワーカーをマスに置くと、その周囲8マスから効果を得られるようになっています。ゲームが進むごとに、たくさんのアクションができるようになります。アクションには、資源の獲得、交換など、さまざまなものがあります。2~4人用、8歳以上、30分。(海外版は、絵柄やコマの形が、日本語版とかなり異なります。)


検討結果:リトルタウン・ビルダーズ

<良さそうなところ>

  • シンプルで分かりやすいルール。小さい子供(長男7歳、次男5歳)も楽しめそうだ。(一部、文字記載があるが、一度確認すれば大丈夫そうな程度。)
  • テーマ。みんなで町をにぎやかにしていく、というのは分かりやすい。(やっていることは、「開拓」と同じであるとしても。)
  • 公称プレイ時間が30分と、かなり短い。遊ぶ機会・回数を増やせそうだ。
  • 使用物品。明るい絵柄。ワーカーはネコ、資源は物品をかたどった石・木・魚・麦。見た目が楽しく、なごやかに遊べそう。
  • ゲームが進むごとににぎやかになっていくボード。ほかの人の建物も使える、という仕組みがユニーク。
  • 建物は40種類から所定数だけを選んで使用する。毎回内容が変わるので、ちがった展開を楽しめそう。
  • 日本語版が、入手しやすい価格帯(約3000円強)で販売されている。

<いまひとつのところ>

  • 遊ぶ支障になりそうな点は、特に見当たらない。ラウンド終了後に食料が足りないときのペナルティだけが、ちょっと気になる。 


より詳しい比較は、以下ブログを参照ください。

続きを見る
閉じる
マツジョン
マツジョン
レビュー
316名が参考
2年弱前

8歳の娘が気に入っています。限られた少ない手番の中で、どうやったら効率よく街を作っていけるか、それを考えるのが楽しいみたいです。

マップは複数あり、建築できる建物(の組み合わせ)も毎回異なるので、何度プレイしても楽しめます。ルールもシンプルなので、小学校低学年でも覚えやすいと思います(ゆえに、重量級を好むプレイヤーには物足りないかと)。

何よりも、ワーカーを置いたマスの周囲8マスから効果を得るというシステムは面白いと思います。

あえて苦言を呈するなら、

  1. ボードやタイルのイラストが簡素なため、ゲームの世界観に浸れず自分が街を作っている気がしない
  2. 資源獲得や建物効果を効率的に享受することを優先して建物を配置するため、街の景観を損ねてしまう(=ただ建物タイルをマップに置いてるだけで、自分が街を作っている気がしない。お城の隣に石材屋を建てたりとか)


ただ、このゲームのシステムは面白いと思うので、ゲームの持つ世界観とかを重要視しない方は楽しめると思います。

続きを見る
閉じる
仙人
ばってら
ばってら
戦略やコツ
309名が参考
1年以上前

1つのワーカー駒でなるべく多くの資源を獲得すること、食料の確保をすることを、まずは考えて行動するのが導入としていいかと思います。あとは、自分の目標カードによって指針が変わってきます。

続きを見る
閉じる
オグランド(Oguland)
オグランド(Oguland)
リプレイ
300名が参考
2年以上前

購入して二週間くらい経つかな?

最近の昼休みはほぼ毎日これです(笑)


このゲームの良いところ?

ゲームなので基本はやっぱ競争なんですが、目標カードがあるためか自分との闘いという感じで誰かを犠牲にするということがないかな?

もちろん最終的に負ければ悔しいですけどね。


今日は初めての人を交えて遊びました。

ルールを説明するために目標カードを開示して遊びましたが、相手の目標カードの内容が自分の負けに直結するわけでもないので、腹黒さを出すことなく素直に説明しながら遊べました(笑)

むしろ相手が目標達成した時のポイントが分かるので、それに負けないように頑張ろうと戦略を練ってしまいます。


そろそろ初心者モードに慣れてきたので、来週はステップアップしようかな。

使用する建物やマップの組み合わせが豊富なので、飽きることなく遊べそうです。


昨日買ったケースもばっちり。

続きを見る
閉じる
勇者
おとん大佐
おとん大佐
レビュー
291名が参考
約2年前

街作りを仲良く創り作り上げる楽しさあり!

ところが終盤になるほど一気に得点をガシガシかき集めるようになり、

思っていたよりも白熱しました。

建物のバリエーションや個人目標も種類があるので、

またやりたくなる面白さがありました。気軽にワカプレ、偽り無し!

続きを見る
閉じる
大賢者
ビッチュウ
ビッチュウ
レビュー
284名が参考
約2年前

ワーカープレイスメントゲーム初心者です。軽いゲームに慣れている身には、一見、これでも難しそうに見えたのですが、遊んでみるととても簡単なことが分かりました。小学生でもすぐにプレイすることができました。
このゲームは運の要素が少ないので、大人が子供と遊ぶときは、かなり手加減する必要がありますが、資源効率をシンプルに考えるのが楽しく、つい手加減を忘れて勝利点を稼いでしまいます。しかし、子供も、負けは負けなりに勝利点を伸ばすことができるので、自己ベストを更新しては手応えを感じて喜んでいるようです。

続きを見る
閉じる
皇帝
2480
2480
戦略やコツ
275名が参考
7ヶ月前

主に2人プレイをしているのでそれについて書きます。

2人プレイの場合は、手番の数的に「稼働時に資源を勝利点に変換するタイプの建物とその生産設備」を1ラインと、資源消費の軽い「稼働時に資源なしで勝利点がもらえる建物・建築でまとまった勝利点になる建物」を状況に応じてひとつかふたつ添える、くらいを目標にするとちょうどいいかなと思います。

相手の生産設備を借りるのは、地形とあわせて食料を一気に確保する時以外は、単体で借りると出力が弱いし、まとめて借りると高くつくしで、あまり上手く使えた覚えがありません。自分が必要な建物は、なるべく自分で確保するようにしたいです。

家コマは7つあるので、「メイン得点源の生産変換ラインに3~5個」「食料1,2個」「サブ得点源1,2個」くらいの配分かなと思います。


前後半に分けた流れです。
最初に少しは考えた方がいいけどあとはなるようにしかならないよ、ということが書いてあります。
なんでこんなに長くなったのか自分でもわかりません。

前半(ひと通り生産施設がそろうくらいまで)

まず、使用する建物タイルの一覧から、どんな勝利点の稼ぎ方があるかを考えます。

  • 勝利点になる建物の建設・稼働コストから、どの資源が必要になるか
  • 必要になる資源を生み出す建物はどの程度あるか

を確認します。石ベースの得点ラインや、麦ベースの得点ラインがあるなあ、という流れをチェックしておくことで、どの資源の価値が高そうか考えておきます。言い換えれば、集めてもあまり得点にならない資源を集めないで済むように気を付けます。

それから、どの資源を使った得点ラインを使うかを考えつつ、序盤に取る建物を決めます。基本的には上で目を付けた資源を入手するための建物を狙います
生産施設を取ることで、自分にとってはその資源の入手コスト(人件費……猫件費?)を安くできます。同時に、相手にとっては賃料が必要になる分、あるいは効率の劣る建物を使うしかなくなる分、コストを高くしてしまえます。勝利点を稼ぎやすい、価値の高い資源を、相手より少ない入手コストで手に入れようという発想です

例えば、石があれば工場を稼働させたり英雄像を建てたりできて、一番稼げそうだな、という時は石を産出する石材屋を取ることを考えます。
しかし、それなら石材屋を真っ先に取ればいいかと言うと必ずしもそうではなく、石材屋を稼働させたい場合はお金も必要となるので、金鉱などのお金を生産する建物も取る必要があります。「石材屋を取ったが相手にお金の生産施設を独占されている」では石が効率よく手に入るとは言えません。前提になる資源が手に入るかは注意します

建築コストも重要です。1手目の労働で地形から資源を3つ回収すれば、無理をすれば初期資金と合わせてコストが資源2の建築を2回続けてすることも可能です。
食料を集めるためにそこまで極端でなくても、最初にコスト3の建物を建てると、その間に、相手はコスト2の建物を2つくらいは建てられると思うので、コスト2帯の1,2番手の組み合わせで取ることができてしまいます。
低コストの建物は出力もそれなりなので何度も借りるのは苦しいです。金鉱なんて自分と相手がそれぞれ1金もらえるだけの建物になります。つらいです。
建築コストの差は大きいです

結局、無難なのは建築コストが安い順・生産資源が必要になる順に立てていくことです。安い方から建てていけば相手が連続で建築することもそうそうないですし、とりあえずこの資源までは手に入る、という進め方なら狙っていた建物を取られても、残りの建物を使った勝利点の稼ぎ方になんとか軌道修正できることも多いです。
このゲームは目標カード以外は公開情報なので、どの資源・建物が必要そうかは見当が付きます。相手がこれを取ったらこっちを取る、という代替案があれば大丈夫ですが、軌道修正できず詰むような進め方は避けるべきです

先攻の場合は生産の基盤になる最初の建物の選択権をうまく活かしたいです。単純に考えても1番いい建物を取れます。組み合わせで考えて、これが欠けたらこっちも取りづらい、あるいはこれを取らざるを得ない、というものを取れば、相手へのけん制にもなります。
目標カードの点数を期待して特定の資源を集めやすそうな建物や、後半に選択肢を多く残せるようにお金や「好きな資源」の生産を重視した建物など、自分が価値の高いと思う建物を選ぶこともできます。
食料の用意がちょっと大変ですが、後攻に先手を渡すラウンド2になる前に2個目の建物を建てて1,3番目にいい建物を組み合わせて取れると先攻の強みが発揮できると思います(減点食らってでも2個建てるべきかはちょっとわかりません)。

後攻の場合、残った建物を利用してそれなりの効率でついて行くか、先攻が重視していない資源を中心とした得点方法を取るか、ラウンド1では仕方ないことですが残り物から選ぶしかありません。ラウンド2で、1で建てた建物のあとに続く建物をいい組み合わせで取りたいです
ラウンド1の間に何かいい点をと言うと、先攻が建ててくれた建物を先に使える(ついでに先攻のいい労働場所を潰せる)ことが考えられます。食料品店のような食料がたくさん手に入る建物を借りつつ、相手が集めたそうな地形資源もついでに横取りできると強いと思います。賃料が渡る分はあきらめます。
ほかに有利な点として、ラウンド1の最後の手番→ワーカーを片付けてラウンド2の最初の手番、と続けて配置できるので、ラウンドを跨ぐタイミングで地形3つと同時に使えるマスなどへの建築をすれば、相手の横入りを気にする必要なくいい労働場所を作っておけます。ただ、そのために建築タイミングを遅らせると相手が好きに建築できてしまうので、わざわざ狙うほどではありません。

食料も集めないといけない都合で、生産設備の用意は後攻が先手になるラウンド2にもかかってくるので先攻後攻の有利不利は大きな差はないかなと思います。たいてい取れそうな資源生産施設・得点手段が複数あるので、最初の1個の建築ですべて決まってあとは為す術なし、ということはないはずです。

最初の建築のあとは、その流れでお互いに最優先ではないけど、まあ必要、という建物を取っていきます。初手の前におおまかな流れは考えているはずなので、実際に取れた・取られた建物との組み合わせで調整しつつ、基本的には自分に有用なものを順に取ります。相手に渡さないことで特定の資源を独占できる建物などは取れれば強い組み合わせになります。(いい手かどうかはわかりません。最後に少し書きます)
説明書にもあるように食料が足りないとかなりの減点をされるので、足りないなと思ったら畑でもいいので食料生産施設を足した方がいいと思います

相手からすれば絶対いらない、という建物は後回しにしても大丈夫だと思います。自分には必要ないけど相手の重要な建物を片隅に建ててやる作戦は、わざわざ手番と資源を使ってしまう分と、相手はお金をちょっと出せば一応は使えるようになる分であまり効果的でないと思います。

後半(得点になる施設を建てたり使ったりするあたり)

建てた生産施設を使って資源を集め、勝利点にしていきます。
リストに残る、あったら嬉しい枠の建物の誘惑を振り切って、いタイミングで勝利点稼ぎにシフトします。目標カードも達成できるならしておきましょう。

石材屋など、特定の資源の生産に特化した生産ラインの場合は、資源を勝利点に変える建物は早めに取っておく必要があると思います。

逆に、交易所などを利用した好きな資源を選べる生産ラインの場合は、工場を取るつもりだったけど相手に取られたので他の建物にする、のように軌道修正できるので変換するタイプの得点源については後手に回ってもダメージは抑えられます。英雄像などの、建築でまとまった勝利点になる、建てたプレイヤーしか勝利点が得られない建物の確保を優先しても良いと思います。相手が集められる資源から、狙っていそうなものを取れるとなお良しです。
お城などはそれまでの配置の仕方によって点数が違ってきます。相手に取られた場合どれくらいの点になるか見積もって先取りするか、自分にとって高得点なものを取るか、的確に選べれば完璧です。

資源なしで稼働する建物は、相手にとっても1金で2,3点もらえる建物になってしまうのでできれば避けたいです。他に選べるものがない時でも、自分の建物群の中心部に置いて相手に労働場所つぶしと兼ねて利用されると痛いです。勢力圏の隅に置いて1回か2回使えればいいかな、という気持ちで建築しましょう。それでも建物自体の点数もあるので、ないよりはマシかなあという印象です。


注意した方がいいと思う建物

邸宅
相手にワーカーや建物を置かれる心配なく、安定して周囲8マスを稼働できるだけでありがたいです。食料生産を任せるととても楽になります。調子に乗って周囲に建物を固めすぎるとワーカーの配置場所が足りなくなるのだけ気を付けます。

銭湯
2人プレイの場合は、家コマを使い切れるくらい建築でき、さらにお互いに必要な建物がそれぞれ固まって配置されがちなので、わりと簡単に高得点が出ます。配置の自由度がお城などと比べて高いので、潰したかったら相手より先に取るしかないと思います。

バベル
そもそもコストが重すぎて建たないんですが何かの間違いで建築できると、街が発展して出力が上がってきた、というところで終わるので、プレイ感が不完全燃焼になる危険があります。
建てても許される相手かどうか考えてから建物リストへ加えましょう。我が家では無事に禁止カードとなりました。


3人以上でのプレイについて

あまり経験ないですが、少なくとも単純にワーカーが減るので2人プレイと同じように自分のためにいろいろ用意することはできません。自分以外の建築も増えるので、上の考え方を元に減った手番の分を資源消費の軽い勝利点の稼ぎ方へ重心を移すだけ、という進め方も難しいと思います。

建物の共有前提で、貸し借りしながらも手持ちの資材に差をつけて、建てた人だけ系の得点源で出し抜くのが基本戦略になると思います。
貸し借りで相殺ではなく一方的に借りて生産を多くできるように、お金の生産施設の価値が高くなるように感じました。ほかにも建築コストは軽いけど使わないと周りと差がつくからみんな使いたくなる井戸、のように2人だとあまり強くなかった建物がキーになるかもしれません。


コツ

長々と書いておいてなんですが、説明書の表紙にワーカープレイスメントとしては遊びやすいと書いてある(つまり初心者向けと言っている)し、コンポーネントのデザイン的にもガチで殴りあうゲームではなく、なかよく楽しもうね系だと思います
そう考えると、バベルで途中で終了したり、特定の資源生産を独占してちょっと厳しいなとなってからも付き合う・付き合わせるのはやる気を削ぐかなという気がします。

不要な建物を取れとか、必要な建物を取るなとか、そういう接待プレイをしようとは言いませんが、資源生産部分に関しては相手へのマイナス効果を評価に入れないで自分の最終得点を伸ばすのにいいと思う行動を選ぶのが楽しむコツかなあと思います。その建物取ろうと思ってたのに!という取り合いは、最後の英雄像やお城の取り合いでも十分楽しめます。

続きを見る
閉じる
勇者
Mike
Mike
レビュー
262名が参考
12ヶ月前

猫ちゃんの木製ワーカーコマがキュート!可愛いアートワークでほのぼの楽しめる…と思いきや、中々頭を使います。

とは言っても、ルールはシンプルで4ラウンドで終了なので、ワーカープレイスメントの入門にぴったりです!わりとあっという間に終わってしまうので、もう一回!と連戦したくなります。

戦略性もあって、お手軽にワカプレが楽しめて、ボドゲ初心者も含めて皆でワイワイ楽しめるとってもいいゲームだと思います!

続きを見る
閉じる
大賢者
tomato
tomato
レビュー
261名が参考
約1年前

タイトルの通り、小さな町を作るゲーム。ワーカープレイスメント。

上の写真のようなボード上の、草原のマスにワーカーを置いたり、建物を建てたりする。

ワーカーを置くと、その周囲8マスにある木や山から資源を得たり、建物の効果を使用できる。他の人の置いた建物も1金で使用できる。

ラウンド終了時には、ワーカーごとに小麦か魚が1つ必要。結構カツカツ。

4ラウンドの後、建物や目標カードで得た勝利点で勝敗を競う。

ゲームは面白い。ただ、個人的には所有欲の湧くアートワークではなかった。


自分のブログでもう少し詳しくレビューしました。よろしければご覧ください。

https://minarinbg.com/littletownbuilders/

続きを見る
閉じる
みなりん
みなりん
レビュー
259名が参考
2年弱前

小3と小1と3人でやりました。

目標カードは漢字が読めないのでオープンで。面白かったです!


タイル配置とワーカープレイスの要素がうまくかみ合っている印象です。


ワーカーを置いたマスの周囲8マスから効果を得られるので、後半、建物が集まってくると一手で6〜7個の効果を発生させられて、かなり気持ちいい。


気軽にできて悩みどころもあって、良いゲーム。建物カードも豊富だし、長く遊べそうです。

続きを見る
閉じる
仙人
タデイ27
タデイ27
レビュー
249名が参考
5ヶ月前

猫コマを使って資源を得たり建物を作って点数を稼いでいくワーカープレイスメントゲームです。

全4ラウンドで、慣れれば本当にサクサク進みそうなのでプレイ時間は短いです。


マスに区切られたフィールドに、「猫コマをワーカーとして配置する」か、「建設マスに置いて資源を払い建物を建てる」かの2択が主です。

資源には魚、麦、石、木の4種類があり、「猫コマを置いたマスの周囲8マス」に描かれている物に対応した資源を獲得できます。また、この時周囲8マスに建物があればそこの効果も使用することができます。

建物効果は、自分が建てた物は無条件で、他のプレイヤーが建てた物であれば、その人に資金を払って使用するかどうか決められます。

建物には、より多くの資源を得られるようになるものや、勝利点を得られるもの、「建てた時のみメリットがあるもの」等、種類が豊富にあります。


各プレイヤーが手持ちのワーカー全てを配置し終わったら1ラウンド終了です。

ラウンド終了時に関わる建物がある場合は効果処理し、各自自分のワーカーを回収します。

その後、ワーカー猫ちゃんの食事を行います。

獲得した資源のうち「魚」か「麦」を、1ワーカーにつき1つ消費します。

支払えなければ勝利点減点となります。

また、任意のタイミングで資金を払って任意の資源を購入する事も出来ます。但し、資源の数は有限なので、他プレイヤーが持っていて共有スペースに欲しい資源が無い場合は、いずれの場合でも入手できません。


以上を4ラウンド繰り返し、最後に勝利点の最も多いプレイヤーが勝利です。

また、ゲーム開始時に各プレイヤーに非公開情報としてボーナスカードが複数枚ずつ配られます。

達成したタイミングで表にして置き、ゲーム終了時に勝利点へと加算できます。未達成でも減点はありません。



ラウンドが進むにつれ建物の数も増えていくので、多少処理を気にする場面は増えますが、ワーカープレイスメント=時間がかかるというイメージとは違い、本当にサクッと終わったようなプレイ感でした。

コツコツ勝利点を稼ぐか、最後に勝利点の高い建物をドカンと建てていっきに稼ぐか、戦略の幅が広いです。

建物配置も、なるべく自分のワーカーを配置する事を考えて建てた方がいいですが、お金を払えば他プレイヤーも建物効果を使えてしまうため、バランスが難しいです。1つのマスには1つのワーカーしか置けないため、ある程度の自由度は残しておいた方がいい感じがします。


1度、4人でプレイした時は、お金はそこまで動かず、代わりに盤面によって特定の資源がすぐ枯れるような状態でした。独占していても妨害以外でのメリットは特にないのでいずれは消費され共通スペースへと戻ってきますが、その時には建てたい建物が既に残ってなかったりもします。

ワーカーの食事に必須な魚と麦も、食事以外の用途として建築資源に使ったり効果によって勝利点に変えたり等も出来るので、どの資源をどれくらい残しておくかも悩ましいゲームです。

ワカプレ系の入門と言われているらしいゲームですが、確かに要素自体は多くなく建物効果も見た目で分かりやすいアイコンのものが多いため、とっつきやすいと思います。

是非また遊んでみたいゲームでした。

続きを見る
閉じる
仙人
9割ぼっち
9割ぼっち
レビュー
246名が参考
2年以上前

ワーカープレイスメントゲームの入門に丁度良さそうなので購入したゲーム。ワーカープレイスメントはどうしても時間がかかりがちな印象があったので、1プレイが気軽にできそうなこと、また、ゲームの雰囲気が良かったことも買った理由。

プレイヤーは共通のボード上に労働者を置いて資源を獲得したり、得られた資源を使って建物を建てたりできる。建物からは資源や点数を得られるので、時には他プレイヤーが建てた建物も利用しつつ点数を稼いでいこう。また、各プレイヤーには目標カードというのも配られる。達成することで点数を得られるので、どのような戦略を立てるか分からない場合には、とりあえず目標カードに書いてある目標を達成するように動けば良さそう。

ゲーム終了時に、目標カードの点数や建物の点数を計算して最も点数を稼いだ人が勝利。ワーカープレイスメントの雰囲気を掴めやすいし、コンポーネントもキレイにまとまっているので買って良かったと思える作品でした。

続きを見る
閉じる
仙人
szk
szk
レビュー
246名が参考
2年以上前

中学生の息子と二人でプレイしています。初めてワーカープレイス系のゲームをやりました。初めは、ターン後の報酬(食事)とかが考えられなくって、マイナス点の連発!いかに自分を繁栄させるか、また、相手にも繁栄を協力させるか、逆に相手には繁栄させないかが難しくもあり、楽しい要素と思いました。

中学生ともなるといろいろ考えてくるのでそれなりの時間がかかります。二人プレイの場合、手数が多いこともあり、つい長考してしまうことが多いです。一回するとちょっと疲れちゃいます。あと、コマが小さいので準備・片づけをスッキリ(簡素化)させたいですね。

続きを見る
閉じる
皇帝
すえちゃん
すえちゃん
リプレイ
245名が参考
2年以上前

ここんとこ昼休みはほぼこれです(笑)

メンバーもほぼ同じで大分慣れてきたので、一時間の休憩でギリ終わるといった感じ。


今回は初めて巡礼地を加えてみました。

各ターンごとに巡礼地の周辺にワーカーをたくさん置いた人が勝利点をもらえるのですが、配置する場所を決める人がラウンド毎に変わるので、その時々で流れがガラッと変わりまた違った楽しみ方ができます。


このゲームはリプレイ性も考えられていて飽きずに何度でも遊べますね。

軽く10回は遊んでいると思いますがまだ一度も出てきていない建設カードがあるので、まだまだ楽しめそうです。

(今回やっと巡礼地使ったしw)

運要素はほとんどなく戦略性が高いと思いますが、ルールは単純なのでまずは勝ちにこだわらず毎ラウンドの食料確保を目的に遊ぶとよいと思います。


個人的にはヒット作です。

と語れるほどボドゲ歴は長くはないですが…。


強いて不満というか高望みをするなら、もう少し多人数…6人くらいでも遊んでみたいですね。

拡張キットとか出ないかな~。

続きを見る
閉じる
勇者
おとん大佐
おとん大佐
レビュー
231名が参考
4ヶ月前

今回も子供2人と仲良く3人プレイ。

やってみた感想は簡易版のアグリコラかな。1ラウンド目は食料確保と資材で場を整える事に注力して勝負は2ラウンド目から。

アグリコラと違いワーカーが最初から増えない同じ数で増えないが場が変化して置けるマスが減るので行動に制限がかかる。

また、せっかく整えた場も他プレイヤーの建物で塞がれると途端に無駄になる可能性もあり手番がかなり重要になると言えます。

結果はこの通りで目標タスクもきっちり全て達成できた青(私)の勝利でした。

子供曰くけっこう頭を使うとのこと。インストしてからだと連続プレイは厳しいもののアグリコラよりも軽量級の印象。

達成感もあってで楽しめました。

続きを見る
閉じる
勇者
きょんきち
きょんきち
リプレイ
228名が参考
2年以上前

よく遊ぶボドゲ仲間が5人ということもあり、リトルタウンビルダーズを5人プレイしてみました。


■今回の条件

・ワーカー x3

・家 x6

・目標 x3

・1コイン x3

・畑 x5

・建物 x12

・ラウンド数 x5


要するに4人プレイのルールでラウンドが5になっただけです。


選んだ建物によるとは思いますが、食料・資源・お金は4人プレイと比べて若干不足気味。

今回は魚と木が不足するラウンドが発生しましたが、本来のルールでも不足した時は不足したまま進めるとあるので、そういった意味では想定内。

結果、問題なくプレイできると思いました。


ただ、今回はボード内がちょっと手狭になった感じがあるので、次回はボードを二枚繋げてみたいと思います。


続きを見る
閉じる
勇者
おとん大佐
おとん大佐
レビュー
214名が参考
3ヶ月前

コンパクトでかわいいテーマでありながら、ゲームとしての面白さも秀逸です!

資源を獲得して街を発展させていくワーカープレイスメントゲームですが、一般的なワカプレの面白いところを凝縮したようなゲームで、ダレるポイントがなく常に楽しい印象です。

その分ルールも簡素化されていて覚えやすく、コンパクトで持ち運びやすいのもあって色々なシーンで遊ぶ事ができます。

拡張タイルがデフォルトで入っているので、何度も楽しめる点もポイント高いです。

ワーカープレイスメントの導入として、是非オススメしたいゲームです。

続きを見る
閉じる
皇帝
MARU.
MARU.
リプレイ
201名が参考
2年以上前

小二の息子と二人プレイしてみました。

建物カードは本来のルールをちょっと無視して、追加建物(★マーク)も含めてすべての建物カードからランダムに12枚を選択。

漢字が読めない息子に目標カードの説明をし、ゲームスタート。


こっちが戦略的に考えているのに対し息子は単純に高得点狙い。

素直に必要な資源を集め点数の高い建物をさっさと建ててました。

たまたまうまくいっただけかもしれませんが、最終的に息子56私45で息子の圧勝(笑)


相手を落とし入れようとせず素直になることが勝ちにつながるのかな?

腹黒さを出すとタメかもしれませんね(笑)

続きを見る
閉じる
勇者
おとん大佐
おとん大佐
レビュー
192名が参考
5ヶ月前

ねこたちの労働力で勝敗を競う、可愛すぎるワーカープレイスメントゲーム!

建築物の配置箇所が勝利のカギになる!


最初は箱のデザインで衝動買いしてしまいました。こんな可愛いねこたちをパッケージにされたら買っちゃいます…。

もちろんゲームの内容もすごく楽しめます!

ルールもかなり分かりやすく、すぐに始められました。

手番になったらできることは

・ワーカーの配置

・建物の建築

上記どちらかひとつです。

ワーカーを配置した周囲8マスにある土地から資源を集めたり、建物から効果の恩恵を受けたりできます。

建物の建築は自分の好きなところに行えます。

自分の建物の周囲にワーカーを配置した時にはノーリスクで効果を受けられますが、他プレーヤーの建物の場合は、効果を受ける為にお金を支払わなければいけません。

全員の手持ちのねこがいなくなったら1ラウンド終了。4ラウンド終えたらゲーム終了で、勝利点をより多く集めた人の勝ちとなります。


自分の計画通りに建物を建築していきたいけど、他プレーヤーのワーカーに場所をとられたり、使いたい効果の建物を先に建築されてしまったり…

程良くお邪魔し合いながら、自分の計画した段取りを遂行していくのが、わいわい盛り上がれて楽しい!


冒頭で述べた通り、デザインがとにかく可愛い。ボードからトークン、カードまで全てに愛着が湧きます!

ボードゲーム慣れしてない方とも一緒に遊べる超おすすめのゲームです!

続きを見る
閉じる
皇帝
たーん
たーん
レビュー
170名が参考
2年弱前

『ワーカープレイスメントゲームを始めるならこちらから!』と言える程、ルールはシンプルなのにしっかり悩めて楽しめるゲームです。

なにより、コンポーネントが可愛い!猫、魚、木や石など一つ一つ丁寧に作られていて、遊んでいてワクワクします。

建物カードも種類が豊富で使用するマップも4面あるので満足する内容だと思います。

オススメですよ。

続きを見る
閉じる
勇者
Miy
Miy
レビュー
166名が参考
約2ヶ月前

パッケージ、ボード、コマ、どれもかわいい ですが、しっかりと考えて得点を取り、勝利を目指すゲームです。
カードゲームよりも少し戦略性のあるゲームがしたい方や、ボードのある長すぎないゲームを探している方におススメです。
ルールはシンプルで、ボドゲ初心者でもすぐに楽しめます。


詳しいルールとレビューはこちらからご覧ください!


続きを見る
閉じる
皇帝
まーく。
まーく。
ルール/インスト
164名が参考
8ヶ月前

家族向けに用意したインストを手直ししたものです。

以下のセッティングは先に済ませます。タウンと建物は初回推奨通り猫鳥マーク付き想定です。目標カードは難しいので省きます。

  • タウンボード、畑タイル5枚、建物タイル12枚を並べる
  • 人数に応じたワーカーコマ、家コマ、お金を配布する
  • 資源コマ、お金チップを適当にまとめておく
  • 得点ボード、プレイヤーマーカー、ラウンドマーカーを用意する
  • スタートプレイヤーマーカーと勝利点チップを取りやすい位置に置いておく
下3つの管理は誰かひとりがやればいいので、慣れている人が進行係になって資源獲得に応じたコマ配布などをやってあげるといいと思います。

このゲームは、街(タウンボード)でネコ(ワーカー)に働いてもらって、勝利点という点数を一番多く稼いだ人が勝ちのゲームです。

ネコを街で働かせる

ネコは、配置した場所の周囲8マス分の地形や建物で働いてくれます。なので、こう置けば、岩山と森と湖で働いてくれるし、こう置けば、山と山と畑で働いてくれます。2マス分の山などは、くっついてるのは見た目だけで、1マスずつ別の扱いです。ネコが置けるのは地形・建物がなく、他のネコもいない、空いているマスだけです。

イラストだと立てて置いてますが、寝かせた方が1個しか置けない感が出ると思うので、うちでは寝かせて置いてます。うっかり引っかけて倒れないし。

ネコが働くと、森から木、山から石、湖から魚がそれぞれ手に入ります建物からは、下に描かれた資源が描かれた数、畑なら麦が1個手に入ります。

建物の下に、→が描いてある場合は、左のものを右のものに交換できることを表します。パン屋なら麦1個をお金4にできます。丸に数字はお金のマークです。 

そのほか、四角に?は好きな資源、数字の入った紋章のようなマークは勝利点を表します。交易所は手持ちの資源2個を、好きな資源2個に変えられますし、井戸を使えば勝利点が2点もらえます。

ネコを配置した周囲8マスは、どの順番で資源を手に入れたり、交換したりするか、好きな順番で実行できます
例えば1匹のネコで畑から麦を収穫して、すぐにその麦を隣のパン屋でお金に変えられます。交換元の資源を残しておきたい時などは、周囲8マスすべてを利用する必要はなく、一部の建物だけ使わないで済ますこともできます

建物を建てる

街には最初は何の建物も建っていないので、建物で働かせるために、まず建築する必要があります。

建築をする場合は、ネコは街のマスではなく、得点ボードにある建築現場の枠内に配置します。建築現場のネコの数に制限はありません。

得点ボードの右下が建築現場です。

次に、建物タイル置き場に残っている建物の中から好きなものを選んで、左上に描かれた建築のための資材と引き換えますそのあと街の空いている(ネコがいない・地形や建物もない)マスに配置します。街に建物を建てたら、誰が建てたかわかるように、その建物の上(特に左上のコストが書いてあるところ)に自分の色の家コマを置きます
建築資材が足りなかったり、家コマを使い切っていたりした時は建築できません。仕方ないのでネコを建築現場に置く前まで巻き戻しましょう。

ゲームに慣れていない家族だと
  1.ネコを置く・タイルを買う
  2.タイルを置く・家コマも置く
という段階を分けてあげたほうが
 ・ネコを置く
 ・資材を払う
 ・タイルと家コマを置く
を、どれからやってもいいけど全部やる、より間違えにくかったので進行係が建物タイルをコスト分もらって渡す、という進め方の方が良かったです。

お金の使い道

お金には建物に描かれた労働・建設時のコストとは別に使い道があります。

1つ目は、街にネコを配置して働かせる時に、他のプレイヤーが建てた建物を借りることです。他のプレイヤーが建てた建物を1つ利用するたびに1金を賃料として相手に支払います。3金チップはあるけど1金チップがない時は必要に応じて両替します。
建物を貸す側は貸すかどうかの選択権はありません。

2つ目の使い道は、資源の代わりとすることです。必要になった時にいつでも3金を木・石・魚・麦の代わりに使うことができます忘れがちなので気をつけましょう。

ゲームの流れ

ゲームは1人1匹ずつ順番にネコを配置することで進んで行きます。働いてもらうか、建築してもらうか、どちらかです。

全員が手持ちのネコをすべて配置し終えるまでをラウンドと呼びます。全員がネコを配置し終えたら、自分のネコの数だけ食料(魚か麦、3金も可)を支払う必要があります。組み合わせは自由です。足りない場合、1つにつき勝利点がマイナス3点されます。勝利点はマイナス6点など、0を下回ってもカウントされます。食料が足りない減点は大きいので食料はなるべく確保しましょう。
それからネコをすべて回収します。建物はそのまま残します。

次のラウンドの準備として、前のラウンドで最初にネコを置く順番だった人は、1番だったことを示すスタートプレイヤーマーカーを隣の人に渡します。つまり、誰からネコを置き始めるかはラウンドごとに持ち回りです
また、ラウンドを示すマーカーを進めておきます。よく忘れるので気づいた時には言いましょう。

ルールとしては、ラウンド中の順番も、スタートプレイヤーの回し方も、時計回りということになっています。3人プレイでの最終4ラウンド目は勝利点のもっとも少ない人がスタートプレイヤーです。

ゲームは4ラウンドで終了です。
それまでにネコに働いてもらって稼いだ勝利点に加えて、手持ちのお金3金につき1点と、自分が建てた建物の右上に書いてある点数を獲得します。お城の点数はここで決めるのでうまくすれば高得点です。

もっとも勝利点を稼いだ人の勝ちです。

続きを見る
閉じる
勇者
Mike
Mike
レビュー
159名が参考
2年以上前

家を建てる場所、ワーカーを置く場所によって利益が変わる。ワーカーがネコだけに、虎視眈々と効率の良い場所を取り合うゲーム。

ドワーフのときにあれだけ辛かった食料問題が、ネコになっただけでぜんぜん苦じゃないのはもはや発明。

続きを見る
閉じる
仙人
プトシ
プトシ
レビュー
147名が参考
2年弱前

ワーカープレイスメントの入門に最適なゲーム。ワーカープレイスメントの基本動作はおさえつつも、煩雑なパターン処理を使わず、見て簡単に理解できる形に作られています。


4人プレイで1時間かからないくらいのボリュームなので、ワーカープレイスメントをあまりやったことがないという方とも一度ぜひやってみてはいかがでしょうか。

続きを見る
閉じる
大賢者
まさ
まさ
レビュー
136名が参考
3ヶ月前

勝利点なんか忘れてー😼猫タウン作ろうと思って!

 

・小学2年の姪っ子も一回やってみたら、次からサクサクできました!

☆どうやら、「勝利点はどうやって稼ごう」よりも「どんな自分の猫の街づくりしよかなー」って子供はなってるんだと思います!

♪拡張っぽいパネルも入っているので、いろんな組み合わせで何回でも楽しめる!

→もちろん大人も中量級や重量級への架け橋として遊べます!

続きを見る
閉じる
皇帝
ケロベロヌ
ケロベロヌ
レビュー
133名が参考
2年以上前

ボドゲ初心者3人で初めて30分以上かかるゲームをしました!

やることはシンプルなのでルール説明もすぐできて、沢山のタイルとマップで何度も遊べるのが良かったです!!

続きを見る
閉じる
国王
Dorala
Dorala
リプレイ
125名が参考
10ヶ月前

結論から話そう。そこには木しか生えていなかったんだ。
そこにもし物見櫓を建てたらば、周りの芝生×2で14点は入る予定だったのだ。

なのにどうだろう、状況は最終ラウンド。
手に握られているのは最後のワーカー。
自分の横で手番を行うパパの手元を穏やかな気持ちで見ていた。

え…
えええ…
待ってー!ぎゃー やめてー そこだけはやめてー
なぜその何もない場所に図書館建てちゃうの!?
公共施設はみんなが使いやすいように町中に建てましょうよ?
こんな田舎になにしてくれとるんやー!

見事にパパ様、ママの狙いを知ってか知らずか狙っていたポイントにあえて図書館を建てる。

「なんでそこなの?」
「だって空いてるから」

あれ どうしてかしら、ここにきてカミュの「異邦人」を思い出しちゃったわ。
え?「太陽のせい」とか言っちゃうタイプですか?ピストル打っちゃう感じですか。

あ、ごめん、今ちょっと正気を失ってた。

視野の広さなのか、勘の良さなのか、多分きまぐれにその場所を選んだだけなのがうちのパパ。
だがしかしどれだけ騒ごうと、逆にそこに置くことをニヤニヤと譲らないのもうちのパパ。
天晴。

という訳で家族でリトルタウンビルダーズで遊びました。
こちら8歳からのゲームになっていますが、目標カードと建物の効果に使われている漢字と言い回しが難しいです。

今回は目標カードを全員オープンにしてそれぞれ確認し合ってからゲームを始めました。

4人で遊ぶとなんとワーカーはたったの3匹。
たったのと言いながらも、3個のワーカー用のごはんを用意するのもやっとこさ。

働かせたい!でも食べさせないと!!
うん、このジレンマは現実世界とつながるなぁ。

初めてワーカープレイスメントゲームで遊んだぼこちゃんは、より効果的に建物を建て、資材を得るというつながりがまだ理解がもう少しという感じでした。
あとごはんを集めきれないことが足を引っ張る(3勝利ポイントがマイナスされる…)

いいんだよ、こどもなんだもん、食べていくことに必死にならなくたって(遠い目)

でもきっと君のことだ、次に遊ぶときには思いもよらない良い手を打ってくるんだろうね。

《リトルタウンビルダーズ》凸凹ママのボードゲームこれおすすめです!!
ゆっくり音声と字幕付き動画でボードゲームをおすすめします♪

https://youtu.be/1CB4bArEmzE

続きを見る
閉じる
仙人
凸凹ママ
凸凹ママ
ルール/インスト
108名が参考
1年以上前

1)ゲーム名:リトルタウンビルダーズ(基本ルール)

2)勝利条件:4ラウンド終了時に最も勝利点が高いプレイヤー

3)ゲームの準備

①畑タイルを5枚をボードの脇に置く。

②建物タイル12枚(鳥マークつき)をボードの脇に置く。

③使用するコマの数など


2人プレイ 3人プレイ 4人プレイ
ワーカーコマ 5個 4個 3個
家コマ 7個 6個 6個
目標カード 5枚 4枚 3枚

④お金チップ:各プレイヤ「3金」を受け取る。

⑤ゲームボード(9☓6のタウンボードで、左上と右下にネコのマークがある面)を中央に置く。

⑥得点ボードに点数マーカとラウンドマーカーを置く。

⑦適当な方法でスタートプレイヤーを決定する。スタートプレイヤーは、「スタートプレイヤーマーカー」を受け取る。

4)ゲームの進行

ゲームは全部で4ラウンド。各ラウンドでプレイヤーは以下の①②のどちらかのアクションを行う。

①「労働」アクション

・ワーカーコマを草原マス(地形が描かれておらず、タイルが置かれていない、他のワーカーコマがない)に置く。

・ワーカーコマを置いた周囲の8マスの効果(資源又は建物タイルの効果)を受けて取る。順番はプレイヤーの好きな順番で処理することができる。また、効果を受けないこと選ぶこともできる。さらに、他のプレイヤーの配置したタイルごとに「1金」を払えば、その効果を受け取ることもできる。勝利点を獲得する効果を受けた場合は、忘れずに得点ボード上のコマを獲得した勝利点分だけ移動させること。

②「建築」アクション

・得点ボードにある建築現場スペースにワーカーコマを配置する。

・タイル置き場にある任意の建物タイルを選び、建物の建築に必要な資源を払って、タウンボードのマスに配置する。なお、建築できる場所は、ワーカーコマがなく、他のタイルが置かれておらず、地形が描かれていない草原マスのみである。

③ラウンド終了時

・ラウンド終了時の効果を持つ建物タイルの効果を処理する。

・全プレイヤーは、ワーカーコマ1つに対して1食料(魚又は麦)を支払う。魚と麦の組み合わせは自由。もし払えない場合は、食料1につき勝利点が−3点減点される。

・ワーカーコマのみを回収。建物タイルはそのまま配置しておく。

・得点ボードのラウンドマーカーを1つ進め、左隣の人に渡す。なお、3人プレイの時の第4ラウンドのみは、第3ラウンド終了時に勝利点が最も少ないプレイヤーに渡す。

④ラウンド中いつでもできること

い・目標カードの達成の公開する。目標カードの内容には、後から確認が難しいものもあるので、達成した時点て公開するほうがよい。なお、勝利点の獲得はゲーム終了時となる。

・「3金」を任意の「資源1」と交換可能である。

⑤ゲーム終了時

各プレイヤーが勝利点の計算をする。もっとも勝利点が高いプレイヤーが勝利者となる。

・達成した目標カードの勝利点の獲得。

・建物タイルの勝利点の獲得。

・「3金」につき「1勝利点」を獲得。


以上

続きを見る
閉じる
Hide
Hide
レビュー
107名が参考
約1ヶ月前

めちゃくちゃ好き。可愛くて比較的シンプルなワーカープレイスメント。建物タイルが毎ゲーム変わるので、毎回違った戦略で楽しめる。建物タイルは基本ランダムだけど、多少考えて選んだ方が良い。(お金を稼ぐ建物タイルが全くなかった回で、全体的にデフレすぎてつまらなかったことがある。)戦略を考えてコンボが決まるととっても気持ちい。各ワーカーごとに3つ餌代がかかり、餌代を必ず稼がなくてはいけないところがシビア。全4ラウンドで終了する。2-4人のゲームだけど、2人だとラウンドが多く4人だとラウンドが足りなく感じる。

めちゃくちゃどうでもいいわがままを言えば、猫ちゃんのワーカー駒がレンチに見える。全体的にめちゃくちゃデザイン可愛いゲームなので猫ちゃんを可愛くしてほしい。

建物拡張でないかなぁ〜!

続きを見る
閉じる
勇者
のがちゃんねる
のがちゃんねる
リプレイ
70名が参考
4ヶ月前

地元にボドゲカフェがあることを知って集まってプレイ。

ゲームは私の持ち込みでした。1回だけとは言え経験者だったので展開を有利に進められたのが勝因ですね。

初心者用のパネルで後半は勝ち点稼ぎに専念できたかんじですね。

初プレイ2人も結構気に入ってくれたようで次回はパネルも選抜してやっていきたいところ。

続きを見る
閉じる
勇者
きょんきち
きょんきち
リプレイ
67名が参考
1年以上前

プレイ時スコアの参考にして下さい。

続きを見る
閉じる
勇者
acca
acca
レビュー
47名が参考
2年弱前

軽めのワーカープレイスメント系のゲーム。ワーカープレイスメントに慣れるのに最適。

続きを見る
閉じる
仙人
ナオト
ナオト
  • 商品価格¥ 3,850(税込)
会員のマイボードゲーム情報
  • 534興味あり
  • 1399経験あり
  • 511お気に入り
  • 1084持ってる

チェックした商品