マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能各種投稿が可能になります。また投稿で商品購入時に利用できるポイントが貯まります(消費機能は開発中)。
フォロー・フォロワー「ボドとも」としてフォローしておくと、気になるユーザーや知人のアクティビティが通知されるようになります。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。
  • 2人~4人
  • 20分前後
  • 13歳~
  • 2018年~

顧客が本当に必要だったものkomodo=sanさんのレビュー

371
名に参考にされています
2018年12月08日 23時00分


【概要】
有名な風刺画像をモチーフに、システムを表す木を作成するゲーム。
以下の条件で獲得できる「やった感」を競う。

  • 毎ターン提示されていく顧客からの要望を満たす。(早い者勝ち)
  • 最終型に自分の色のカードの隣接するグループがある。(2枚以上の接続で枚数分の点)

勝敗を決めるのはシステムの完成度ではなく、あくまで「やった感」なのであった・・


【特徴】
エンジニアなら知っているあの画像がゲームに落とし込まれている。
顧客カードもどこかで見たような人ばかりなのでIT業界の知識があるとニヤリとできる。
全員の共同作業の結果誕生してしまったキメラのような樹はとりあえず写真に撮ってアップしたくなる。


【考えどころ】
行動をパスすることでカードを1枚だけストックし、以降の手番にストックと合わせて2枚出しができる。
「破綻しない限り」他人のカードに重ねてカードを出せるため、交通の要所は奪い合いになる。
顧客の要望を満たすことだけを考えて動くと、終盤に自分のカードの繋がりを一気に分断されて勝利点を失う、ということも。


【プレイ所感】
エンジニア4人でプレイ。元ネタの理不尽画像を上回る「ループする木」などの状況に笑いながらプレイ。
前半は各自顧客からのお題を狙いに動いていたが、お題が尽きたタイミングからはカードの上書きによる勝利点の奪い合いに以降。
「首を吊るロープ」のカードは皮肉が効きすぎているのでは・・・

そんじゃーね。

1
名の会員がナイス!ボタンを押しました
  • ナイス!
  • 栗坂こなべ
komodo=sanさんの投稿をシェア
マイボードゲーム登録者
  • 50興味あり
  • 151経験あり
  • 14お気に入り
  • 136持ってる
プレイ感の評価
運・確率4
戦略・判断力6
交渉・立ち回り3
心理戦・ブラフ0
攻防・戦闘0
アート・外見9
作品データ
タイトル顧客が本当に必要だったもの
原題・英題表記Kokyaku ga Honto ni Hitsuyo Datta Mono
参加人数2人~4人(20分前後)
対象年齢13歳から
発売時期2018年~
参考価格1,500円
クレジット
ゲームデザイン反社会人サークル
アートワークニター(2tar)mi
関連企業/団体反社会人サークル
データに関する報告
ログインするとフォームが表示されます

会員の新しい投稿