マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能投稿した記事が読まれるたびに、通販でお得に商品を購入できるボドクーポンをGET! ハードル低めです。
コミュニティ機能専用掲示板・ボードゲームリストの合体機能が便利!公開コミュニティ、秘密のコミュニティ、設定も豊富。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。
  • 3人~4人
  • 38分前後
  • 10歳~
  • 2017年~

星を渡るハイライフ@Spieldisorderさんの戦略やコツ

107名 が参考
0名 がナイス
約4年前

このゲームの最終得点は、基礎点とボーナスが半々くらいになります。そのため、アイコンがたくさん書いてある星カードを集めるといいでしょう。

ただし、アイコンがたくさん書いてあるカードは白色が多いため、それに気をとられると色ボーナスがおろそかになります。

また、優先順位が「1(高い)」であることは必ずしも大切ではありません。むしろ、状況によっては「星カードを取らされる危険性」もあるので、対戦相手の溜めているスターフィッシュの状況を見ることが重要になります。


星カードの一覧を見てもらうと分かるのですが、コストと得点はアンバランスです。例えば、「ベガ」はコスト2で12点。「アルドラ」は、コスト8で8点です。

競り札となる手札も、「競りに勝ちにいくカード(コーヒーが高い)」「溜めたほうがいいカード(スターフィッシュが多い)」「すき間を埋めるためのカード(両方とも少ない)」と3種類に分かれています。

だから、優先順位が低ければスターフィッシュを溜め、優先順位が高ければ星カードを取るようにすればいいでしょう。

この投稿に0名がナイス!しました
ナイス!
皇帝
ハイライフ@Spieldisorder
ハイライフ@Spieldisorder
シェアする
マイボードゲーム登録者
  • 33興味あり
  • 63経験あり
  • 6お気に入り
  • 54持ってる
プレイ感の評価
運・確率0
戦略・判断力3
交渉・立ち回り0
心理戦・ブラフ2
攻防・戦闘0
アート・外見3
作品データ
タイトル星を渡る
原題・英題表記Hoshi wo wataru
参加人数3人~4人(38分前後)
対象年齢10歳から
発売時期2017年~
参考価格2,800円
クレジット
ゲームデザインハイライフ(high-life)
アートワーク未登録
関連企業/団体シュピールディスオーダー(Spieldisorder)
データに関する報告
ログインするとフォームが表示されます

会員の新しい投稿