マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能各種投稿が可能になります。また投稿で商品購入時に利用できるポイントが貯まります(消費機能は開発中)。
フォロー・フォロワー「ボドとも」としてフォローしておくと、気になるユーザーや知人のアクティビティが通知されるようになります。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。

卑怯なコウモリHikyona Koumori

イソップの「卑怯なコウモリ」をテーマにしたシンプルなブラフゲーム

昔、獣の一族と鳥の一族が戦いをしているとき、獣が優勢になるとコウモリは「わたしは毛が生えているので獣の味方ですよ」と獣側につき、鳥が優勢になるとコウモリは「私は羽が生えているので鳥の味方ですよ」と鳥側についたそうです。戦いが終わると、どちらにも嫌われてしまって仲間はずれにされてしまったとか。

プレイヤーは手札からカードを1枚だし、「獣です」「鳥です」「コウモリです」と宣言します。カードは表でも裏でもかまいません。
全員が出し切ったら、カードを全部オープンします。
・獣と鳥のどちらも出されていた場合、コウモリは多い方につくので、少数になった獣か鳥は負けになります。
・獣と鳥、どちらかしかなかった場合、コウモリが少数派となり負けになります。

負けるとカード1枚引き取りです。何ラウンドか繰り返します。

イソップ物語をベースにしているということもあり、アートワークもダークで幻想的な雰囲気です。

上記文章の執筆にご協力くださった方
  1. まつながまつなが
マイボードゲーム登録者
  • 13興味あり
  • 60経験あり
  • 2お気に入り
  • 43持ってる
テーマ/フレーバー
メカニクス
プレイ感の評価
運・確率0
戦略・判断力0
交渉・立ち回り1
心理戦・ブラフ2
攻防・戦闘0
アート・外見0
作品データ
タイトル卑怯なコウモリ
原題・英題表記Hikyona Koumori
参加人数4人~6人(10分~20分)
対象年齢8歳から
発売時期2011年~
参考価格未登録
クレジット
ゲームデザイン新澤 大樹(Taiki Shinzawa)
アートワーク未登録
関連企業/団体倦怠期(Kentaiki)オインクゲームズ(Oink Games)
データに関する報告
ログインするとフォームが表示されます

レビュー 1件

  • 101
    名に参考にされています
    投稿日:2018年10月16日 14時29分

    卑怯なコウモリを6人で遊ばせていただきました!こういうテーマ、良いですよね。日本の神話とかイソップ物語とか、ちょっとマイナーで暗めな物語がテーマだと、惹かれる気がします(私が知らないだけで有名な可能性もあるけど)。鳥と獣とコウモリは同数ずつあるって聞いたような気がするのですが、私の手札は鳥と獣1枚ずつ、残りはコウモリ、ということでけっこうきつかったです。どういうときにオープンで出すと強いのかとか、なかなかセンスが問われる気がして、シンプルだけど難しいゲームだなーと思いました。

    まつながさんのレビューを読む

リプレイ 0件

投稿を募集しています

戦略やコツ 0件

投稿を募集しています

ルール/インスト 0件

投稿を募集しています

掲示板 0件

投稿を募集しています

会員の新しい投稿

関連記事&スポンサーリンク